首页 日语论文 レポート-ITとビジネスについて

レポート-ITとビジネスについて

ITとビジネスについて はじめに 近年、技術経営に関する研究が盛んになっていて、技術経営とは、製造業や技術開発型企業の命運を左右するのは、『技術』を核にした経営である。技術経営の中…

ITとビジネスについて

はじめに

近年、技術経営に関する研究が盛んになっていて、技術経営とは、製造業や技術開発型企業の命運を左右するのは、『技術』を核にした経営である。技術経営の中で、ITが技術経営における地位については、「情報技術と経営戦略会議<提言>」においては、以下のような論述がある。「インターネットは、通信技術とコンピューター技術の融合により発達してきたコンピューター・ネットワークを相互に接続し、グローバルな規模で、その経済・社会の基盤となるまで成長してきている。コンピューターそれ自体も急速に小型化・高性能化し、情報処理装置として各企業、各家庭の中にまで普及・浸透している。このコンピューターは、インターネットなどを通じて、ネットワーク化されることで、企業においては、企業経営を支える販売管理、在庫管理、生産管理などで活躍しており、電子メールなどは、企業や家庭の双方で既に無くてはならないコミュニケーションの手段として確立されつつある。このように情報技術は、コミュニケーションと情報の利活用のための新たな技術とも考えることができよう。」ということである。すなわち、技術経営の中で、IT技術が重要な役割を果たして、典型性があると考える。それでは、IT技術とビジネスの関係についてはどうであろうか。

 

一、IT技術がビジネスの発展に対する促進

IT技術の革新に応じて、ビジネスの発展を促進することができる。その点について、亀岡 秋男が「最近のMOT(技術経営)の動向について」においては、「産業競争力の強化、社会・経済の生産性向上、将来に向けた効果的・効率的な社会システムや企業経営上の諸問題は、技術の動向に大きく左右され、急速に発展しかつ複雑多様に展開する技術動向を的確に判断し経営に反映しなければ、いかなる企業も存続しえない。最近のIT技術が、製造業はもとより流通・サーボス業にも大変革をもたらしたことは指摘するまでもない[1]。」との論述がある。すなわち、IT技術がビジネスの発展を促進した。

具体的には、淀川高喜・平野雅章の「ITを活用した変革の事例研究」においては、企業の価値創造サイクルは、ある局面をとると買収や統合による戦略駆動による変革であり、ある局面をとると試行錯誤による内部成長というIT駆動による変革である。価値創造サイクルはこれら2つの種類の変革の繰り返しから成る。プラットフォームの形成、試行錯誤、モジュール化といったIT活用は、企業の価値創造サイクルを高速化し、戦略駆動かつIT駆動の変革を同時進行させる[2]。」ということである。すなわち、IT技術の活用を通じて、企業の変革を促進した。

 

  • ライブコマースというITとビジネスの成功例について

ビジネスにおけるIT技術の運用としては、岡田 浩一が「中小企業の成長発展に向けたIT経営推進についての一考察」においては、「新たなビジネスやビジネスモデルの登場は、企業環境の変化において必然性をもつものであるとともに、既存企業も変化に対応しなければならない必要を迫るものともいえる。企業にとって顧客である消費者の変化に対応することは絶対的なことであり、企業は、その変化を認識しておかなければならないことから、B to C における消費者の意識や行動の変化を例としてあげてみる[3]。」との論述がある。すなわち、eコマースがビジネスにおけるIT技術の運用の成功例であると挙げられる。

中国におけるライブコマースといえば、最大手のECサイトであるタオバオが運営する「淘宝直播」が挙げられた。2019年に、ライブコマースの市場規模が4,338億元に達して、前年より210%も増加し、EC市場における比率が4.1%に達した。2020年にライブコマースの市場規模が10,500億元にたっして、EC市場における比率が8.6%にも達した予定である。2021年に2.0万億元に達して、比率が14.3%に高まると予測されている[4]。すなわち、ライブコマースという販売方法が中国市場において大成功をもらって、優れた成績を取れた。今年の新型コロナウイルスの蔓延を直面しても、非接触販売・接客を通したデジタル上の売上や、商品・店舗の宣伝、顧客体験向上のための手段としても有効であるからこそ、中国の「双十一」(ダブルイレブン)という販促イベントが、今年は25万を超える店舗が参加し、取引額は4,982億元を達成した[5]。すなわち、ライブコマースを通じて、新型コロナウイルスに影響されても、「双十一」(ダブルイレブン)という販促イベントが優れた成績を取れたと言ってもよい。

 

終わりに

上述のように、ここでは主にIT技術がビジネスの発展に対する促進の役割について究明した上で、ライブコマースというビジネスにおけるIT技術の運用の成功例をめぐって分析し、その成功を通じて、IT技術がビジネスにおける活用がビジネスの発展を促進できると証明した。eコマースのほかに、他業種のビジネスにも成功した経験を参考することができると考える。

 

参考文献:

1.亀岡 秋男「最近のMOT(技術経営)の動向について」電学誌125巻3号 2005年

2.淀川高喜・平野雅章の「ITを活用した変革の事例研究」2015年春季全国研究発表大会2015年5月30日~5月31日

3.岡田 浩一「中小企業の成長発展に向けたIT経営推進についての一考察」経営論集, 66(1): 129-145

4.阿里研究院 《迈向万亿市场的直播电商》2020年10月

5.「双11(ダブルイレブン)」のアリババの取引額が約7兆5000億円を達成 https://www.seventietwo.com/ja/business/Aribaba-DoubleEleven-2020(アクセス日2021.2.23)

[1] 亀岡 秋男「最近のMOT(技術経営)の動向について」電学誌125巻3号 2005年

 

[2] 淀川高喜・平野雅章の「ITを活用した変革の事例研究」2015年春季全国研究発表大会2015年5月30日~5月31日

[3] 岡田 浩一「中小企業の成長発展に向けたIT経営推進についての一考察」経営論集, 66(1): 129-145

[4] 阿里研究院 《迈向万亿市场的直播电商》2020年10月

[5] 「双11(ダブルイレブン)」のアリババの取引額が約7兆5000億円を達成 https://www.seventietwo.com/ja/business/Aribaba-DoubleEleven-2020(アクセス日2021.2.23)

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/1001/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部