首页 日语论文 日本女性の自立意識の変化

日本女性の自立意識の変化

摘要 日本虽然是一个发达的资本主义国家,但是受到传统文化的很大影响。以前的日本女性在“在家从父,出嫁从夫”的这一观念的影响下,以“专职主妇”为自己的终身职业,把成为“贤妻良母”当作…

摘要

日本虽然是一个发达的资本主义国家,但是受到传统文化的很大影响。以前的日本女性在“在家从父,出嫁从夫”的这一观念的影响下,以“专职主妇”为自己的终身职业,把成为“贤妻良母”当作目标。但是,随着日本社会的发展,日本女性的自立意识也渐渐提高。特别是二战后以后的女性自立意识显著提高。最近,日本的年轻女性的自立意识渐渐的复苏,她们不依靠男人,自立自强。也是如此,诸如:败犬现象、独身主义成为普遍现象,离婚率上升,甚至引起了假面夫妻、少子化、高龄生产等一系列问题。

在本论文中,分析了女性的自立意识,也探讨了影响女性自立意识变化的主要原因,然后调查了女性自立意识增强后产生的负面影响,最后是对诸多问题提出的缓解方案。

关键词:自立意识 贤妻良母 败犬女 职业女性

要旨

日本は先進国の資本主義の国でありながら、伝統文化の影響を強く受けている。昔の日本女性は「生まれては父に従い、嫁いでは夫に従い」という観念も持ち、専業主婦を終身の職業として、「良妻賢母」になることを目指していた。しかし、日本社会の発展につれて、日本の女性の自立意識もだんだん高まってきた。特に戦後の日本の女性の自立意識は著しく高くなった。最近、日本若い女性は自立意識が徐々に蘇って男性に頼らないで、自立するようになった。これで、負け犬現象や独身現象が普通になり、離婚夫婦の人数が上昇し、仮面夫婦、少子化、高齢出産と不妊などの一連問題が起きた。

本論文は日本女性の自立意識を分析し、自立意識を影響する要因を検討してから、自立意識が高まることによる悪影響を調査する。最後、これらに対して緩和措置を提出する。

キーワード:自立意識 良妻賢母 負け犬 働き女性

はじめに

戦前、日本女性の地位はずっと低かった。「女性は家庭に専念すべき」「男尊女卑」という封建思想は人々に深い影響を与えていた。こんな観念で暮していた日本女性は専業主婦を終身の職業として、「良妻賢母」と言う目標を目指していた。

明治時代に入って、明治政府は女性を「良妻賢母」に養成するため、女性にいろいろ関する教育政策を実施した。ある程度からいえば、この頃女性の社会地位はすこし高めた。しかし、歴史的な根深い封建思想を取り除くことは簡単ではない。男性と比べて、女性は地位が依然としてひかくて、女性はまだ男性に従属的なであることに過ぎなかった。そのせいで、明治時代の女性は依然として思想が縛って、男性と同じような人間ではないと思われ、「良妻賢母」として教育されていた。

戦後、日本は経済が高速発展し、全面改革が徐徐に行われた。民主改革の中心テーマのひとつとして、女性解放も進行し、日本女性は地位が非常に高くなってきた。たくさんの日本女性は高い教育を受け、素質も高くなった。それに、女性自身は地位向上や男女平等を求めて、だんだん家庭を出て、社会を進出し、家庭主婦から職業女性に転じてきた。特に、今世紀では、「負け犬」現象や独身現象が普通になり、離婚夫婦の人数が上昇し、仮面夫婦、少子化、高齢出産と不妊などの一連問題が起きた。おもしろいことに、上での「負け犬」は普通の犬ではなくて、三十歳以上のまだ結婚していないし、子供もいない女性の事を指す。「どんなに美人で仕事ができても、30代以上・未婚・子なしの3条件が揃った女は負け犬」[①]から見れば、普通に結婚して子供を産んでいる人たちは「勝ち犬」と言われるにちがいない。この論文は、日本の靑年は女性の自立意識の現状と変化を始めて、負け犬現象から一連の問題を述べて、これらに対して緩和措置を提出する

第一章 日本女性の自立意識の変化

本文の中心キーワードとしている自立意識は一体なんだろう。自立とは、人間が誰かに頼むことではなく、自分の力で自分のことをし、目標を達成するということである。自立意識すなわちは各方面に他人に頼らず、自立独立の意識である。女性の自立意識というのは、女性は男性に頼りなく、男性と同じく一人の独立な人間として、自分でじぶんのやりたいことを選び、自分の人生の道を選び、判断することができて、独立思考と独立行動して、精神的に自己価値と経済上独立する。

経済の発展につれて、ますます多くの日本若い女は家を出て、会社に進出し、自立更正でき、家を世話することが妻の職業という観念を締め、個性を強調し、自己価値を求め、理解と尊重を求める。本論文は主に日本青年女性自立意識が出産意識、家庭と仕事意識、結婚意識上の表現を紹介する。

1.1 出産意識上

「20 世紀 50 年代に、日本の総出産率が始めて下がってきた。1960 年代から1970 年代前半にかけて、経済の高度成長のため、出生率はかつて回復したが、70 年代後半から始終下降の傾向を現わしている。」[2]ここ数年来、日本の青年女性は次第に自由を追求して、独立して、伝統的な3人の子供が最も理想的だという家庭観念を受けたくなくある。3人の子供の家庭はだんだん減らして、一人っ子の家庭と出産しない家庭は次第に増えている。少子化はすでに日本における社会問題の 1 つとなった。現在、日本の少子化状況はますます深刻になっている。

1.2 家庭と仕事意識上

第二次世界大戦は日本社会の各方面に多大な影響を及ぼしたが、女性に関して言えば、法律的地位の向上や教育の普及で、女性たちは次第に伝統的な「男は外、女は内」という観念から解放され、家庭から社会に進出し、日本の各方面では活躍するようになり、社会の一員として重要な役割を果たしてきた。現在の女性にとって、仕事と家庭はどのようなバランスが望ましいと思われた。

「戦後、日本で発生した一連の変化の中で、特に注目すべきなのは雇用労働の女性化ということである。かつて、女性は農業を中心とした第一次産業の家族従事者として働いてきたが、60 年代以後、本格的な高度経済成長期を経て、第一次産業から第二次・第三次産業への産業構造の変化に伴い、女性も農業従事者から雇用労働者へと変身してきた。」[3]そのため、仕事変化は日本女性が伝統的な生活方式を変える重要な手段となっている。

1.3 結婚意識上

婚姻の問題について、まずは女性は自分の婚姻に対する決定力が強くなり、自分の相手に要求も変わり、配偶者の条件は元の「三高」から「三低」になった。「三高」とは「高学歴、高収入、高身長」で、男性の社会地位、経済条件、外見が代表する。「三低」とは「低姿勢、低リスク、低依存」で、男性が女性のことを尊重して、男性が安定する仕事して、女性の自由を束縛すぎず、自由空間が強調する。

それで、婚姻は女性の生活中で占める比重が下がって、日本女性は婚姻を終生の事業にしなくて、伝統的な家庭を第一とするの婚姻観念が諦めて、個人の幸福を強調する婚姻に見つめる。調査では、個人の生活様式を主とする賛同する態勢が強がって、79.3%の人が「結婚しても自分の目標を維持するべきだ」という観点がある。[4]

第二章 本女性自立意識の変化の要因

日本の女性の晚婚化、非婚化、少子化の形成は大きな程度で、女性の価値観が変化する結果である。戦前、儒教思想の影響の下で、日本はずっと男権を中心とする社会である。専門主婦というのは日本女性の典型的な特徴である。戦後初期、「男は外、女は内」の家庭様式が形成した。日本は社会の発展に従って、結婚や子供を持つ以外の生き方をはじめとして、多様なライフスタイルも尊重されるのを要求する価値観は現代の日本女性の新たな観念となっている。現在、日本女性の自立意識は以前よりだんだん強くなている。なぜ日本女性の自立意識は強くなっているかといえば、その原因は検討してみよう。

 2.1 欧米のフェミニズムの影響

日本経済の高速発展につれて、日本と世界との交流は緊密になり、日本女性はアメリカの模範的な家庭モデルや欧米のフェミニズムの影響に受けている。「フェミニズムとは、女性の権利を男性のそれと同じにしようとする思想・運動、女性の権利を拡張しようとする思想・運動、性差別に反対し女性の解放を主張する思想・運動などの総称である。」[5]

明治維新からは女性解放政策が打ち出されたが、反発も起こったので、十年ほどで急速に進行しなかった。しかし、世界のフェミニズム運動の発展に従って、日本のフェミニズム運動も絶えず前進していた。戦後、政治上で新選挙法が制定され、女性の参政権が認められている。女性はフェミニズムの影響を受けて、再び自身の価値を定義して、伝統的な家庭生活に満足しなくて、個性化の生活を求める。このような高度個性化の時代に入ってから、日本の女性はより自由的に自分の生活様式を選ぶことができる。自分の考えによって職業を選んで、個人の活動空間を広く開拓して、自身の能力を十分に発揮している。日本女性の婚姻観念も重大な変化が発生された。彼女たちは自分の願望によって、結婚と恋愛などの問題を処理する。婚姻の形式より、もっと真実な感情を求めたい結婚観念はいっそう認められる。しかし、結婚しない、晩婚などの現象も深刻な問題になっていた。高い離婚率も避けられないのである。同時に、より多くの女性は政治界に入り、社会の発展計画の制定に参与する。その他、事業と家庭の両立は多くの女性の理想的な生活モードとなった。女性は力を尽くして社会生活に参与し、男性と一緒に未来の新たな生活を創始している。

2.2 女性の地位に向上

近代日本において、女性は「良妻賢母」ということが期待されたと言われている。「家事使用人を抱えた家族にあって、舅姑と同居し、夫や舅姑に従順につかえ、子を育て、教育し、家政を管理できる女性、家事・育児が国家・社会の基礎であることを認識し、国民としての自覚を持ち合わせた女性、万一の場合に備えて職業能力をも培っている女性が、最大公約的な良妻賢母像」[6]である。社会の進歩と経済の発展にしたがって、現代社会に入った後で、「良妻賢母」はだんだん捨てられた。しかし、そのつめあとはやはり存在している。それで、女性の社会地位を向上する運動が発展していた。

1945 年から日本国憲法の制定は始まった。憲法には、個人の尊厳や法の下の平等といった総論のほかに、婚姻及び家族生活における男女の本質的平等が定められた。1960 年代後半から日本は高度経済成長を迎えた。高度経済成長期の労働力の不足は女性の労働市場への大量進出を促進した。しかし、そのことによって、労働基準法は雇用の市場における男女平等に対応できないことが明らかになった。政府は、それに取り組んで、「男女雇用機会均等法」を制定した。その法律によって、経済的分野における平等はだんだん前進した。1990 年代女性の地位向上の取り組みは最高潮となり、1995 年中国北京で開催された第 4 回世界女性会議はそれまでの世界女性会議で最大規模の会議となった。これを契機として、、日本では、政府の諮問機関である男女共同参画審議会が「男女共同参画社会の形成に向けて、21 世紀を展望した総合的ビジョン」の検討を進めているところであった。それは男女平等の実現に対して深刻な意義を持ち、婦人参政権に始まる日本の女性政策の「一つの到達点であるとともに、21 世紀に向けた新しい社会の構築の出発点でもある」[7]基本法は、男女平等とは、政治的、経済的、社会的分野において、単に平等に権利を享有するだけでなく、それぞれの分野に平等に参加し、しかも決定の場に平等参加するということであるとした。男女平等は政治的、経済的、社会的な分野全般にわたって、大きく前進したということできる。

2.3 社会経済と雇用習慣の変化

1955 年から 1973 年までの 18 年間は日本の高度経済成長時期である。日本が飛躍的な経済成長を続けていく過程で、女性の生き方や働き方は大きく変化した。経済の高度成長のため、企業が急速に成長し、多くの雇用労働力を必要とした。このような労働力の不足のため、女性労働力は労働市場への大量進出を促進した。人々は国家の経済発展と個人の生活レベルの向上を求めて、一生懸命働いた。夫婦は共働きの状況がますます多くなっていた。女性は、学校を卒業した後ですぐ働く状況も多くなった。

消費水準の上昇に従って、家事と育児の費用はますます高くなっている。子どもを持つ家庭にとって、高額の育児費用は家庭の支出に高い比重をしめている。家事、育児は家庭の負担になっている。家庭の負担を軽くし、生活のレベルを高めるために、女性は家庭を出て、男性と同じように働きなければならないのであった。しかし、女性にとっては、仕事と育児の両立が極めて負担の重い困難なものになっている。子育てに手がかからなくなって再就職しようとしても、正規職の中途採用枠も十分でないのである。女性はただ条件の低い職にしかつけない。このような職をつければ、給料がより低いのである。結婚や子育てのため、離職の期間でも復職の後でも、女性の収入は減らす。それも職業女性では未婚率上昇の要因の一つとなっていると考えられる。仕事中で、日本的雇用慣行によって、女性の自立意識はだんだん養成された。

第三章 日本女性の自立意識変化が婚姻に与えた悪影響

日本女性の自立意識が強くなって、一連の婚姻問題が次第に発生して、家庭関係は絶えず悪化し、家庭矛盾も深刻になった。

[①] 酒井順子.『負け犬の遠吠え』.「M」. 講談社

[2]內閣府編.『平成 21 年版少子化社会白書』.「M」.行政出版社

[3] 総務省統計局.『労働力調査』.「R」.(2009 年)

[4]妙木忍.『女性同士の争いはなぜおこるのか』.「M」.青土社

[5]『ウィキペディア(Wikipedia)』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0

[6] 石川松太郎.『女大学集』.「M」.平凡社

[7] 内閣府男女共同参画局編.『男女共同参画基本計画』.2000 年 12 月

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/3910/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部