首页 日语论文 日中のファストフード文化対比

日中のファストフード文化対比

要旨 食事は人々の日常生活の中の大切な一環である。ここ近年、食ということは人々に注目を引いた。食事は一般主食、ファストフード、間食、夜食などからなる。本論文は主にファストフードに注…

要旨

食事は人々の日常生活の中の大切な一環である。ここ近年、食ということは人々に注目を引いた。食事は一般主食、ファストフード、間食、夜食などからなる。本論文は主にファストフードに注目して、中日両国のファストフードを研究対象にした。まずは両国におけるファストフードの現状と文化をそれぞれ検討した。そして、両者を対比して、共通点と相違点を纏めた。対比を通じて、日本のファストフード文化は我が国に良いサンプルを樹立した。

キーワード:中国、日本、ファストフード、対比

摘要

   吃饭是人们日常生活中的重要一环.近年来,”吃饭”一事逐渐引起人们的关注.吃饭一般分为主食,快餐,零食,宵夜等.本文关注其中的快餐,拟中日两国的快餐为研究对象.首先对中日两国的快餐的现状和快餐文化进行讨论.接着,将两者进行对比, 从而总结出两者间的共同点和不同之处.通过对比,我们发现日本快餐文化给我国树立了一个良好的榜样.

关键词:中国,日本,快餐,对比

日中のファストフード文化対比

はじめに

中国語には「民以食為天」(民は食を天と为す)という諺がある。食事ということは中国人にとってどんなに大切であるか、このことわざから理解できるだろう。ファストフードはここ何十年間に出現した新しい外食方式として人気が高くて、人々の日常生活によく便利を提供した。日本は中国と一衣帯水の近隣である。中日両国にはファストフードという外食文化の現象もある。いったい、日中のファスト文化に、それぞれどのような現状が呈しているか、また、両国のファストフードに共通点はあるのか、相違点もあるのか、あれば、どのように体現しているのか、本論文はこれらの疑問をめぐって探究してみた。

1中国におけるファストフード

1.1 中国におけるファストフードの現状

中国におけるファストフードの現状を検討する前に、ファストフードという概念を説明する必要はあると思う。フリー百科事典によれば、ファストフード(fast food)というのは、短時間で調理、あるいは注文してからすぐ食べられる手軽な食品や食事のことである。中国におけるファストフォードはどのいような現状を呈しているか、本節ではこれを検討させる。

中国におけるファストフードの発展は外国より遅れるようである。1987年4月に、Kentucky Fried Chickenという外来的ファストフードは北京市場に進出した事をきっかけに、中国のファストフードは発展し始めた。2003年から2006年にかけて、中国におけるファストフードは年毎に平均で20%(注①)くらいのスピードで増やしている。外食産業の増長スピードより速いようである。現在、ファストフード業は外食産業に占めた比率が20%(注②)くらいである。外食業が成熟期間にある欧米のような経済が発達している国家は占めている比率が60%くらいである。中国は世界に有数の人口大国である。中国におけるファストフード産業は高速な成長期にある。そして、ファストフードの生まれからみれば、本土と外来の2種類はある。本土的ファストフードとしては、主に真功夫(True Kungfu)、快天下、永和大王、大娘水餃などを指す。外来的ファストフードは主にKentucky Fried Chicken(省略で「KFC」)、McDonald’s、Pizza hutなどを指す。これらのファストフードはどちらでも中国では数多い支店を開設されてある。特に外来ファストフードとするKFCは中国における若者の間に高い人気を受ける。また、2015年の年末に発表した『中式快餐食客消費行為研究』という報告によると、2012年から2014年にかけた2年間に、中国における本土的ファストフードは消費が穏やかな増長する趨勢を呈した。その逆に、外来的ファストフードは目立った下落の趨勢が見られる。外来ファストフードは大人気を受けているが、中国では、相変わらず本土的ファストフードは主流である。

1.2中国におけるファストフード文化

 経済の発展と人々の生活レベルの向上にともなって、中国人は食事に関する消費観念が次第に変わってきた。家から出て料理屋とかレストランに食事することは頻繁化になった。したがって、ファストフードを食事にすることも人々の食事生活に重要な一環になった。中国におけるファストフードは社会に一定の地位を占めて、自らの魅力を発揮している。

KFC、McDonald’s、Pizza hutなどは欧米からの外来的ファストフードとして、中国に輸入されてから中国全国に速やかに発展して拡張しつつある。速いスピードで十分な発展を遂げた。そのうち、KFCは中国に約2000ヶくらいのチェーン店を有する。これらの以外に、その他の国から輸入されたファストフードもある。例えば、日本の味千ラーメン、吉野家などもある。これらのファストフードは中国人の間に人気が高くて、本土的ファストフードと共同に存在して発展してある。外来的ファストフードは値段のほうに、本土的のより高いので、市場シェアをしめてあるが、主流は本土的ファストフードである。

なお、現代的通信技術の発達に伴って、中国人のうちに、多くの若者とかサラリーマンなどは携帯のウィーチャットを利用してファストフードを注文して出前を呼ぶ。家から出なくてもよくて、ファストフードは届けるのでとても便利である。中国におけるファストフード文化は本土的食事文化と外来的食事文化の融合だと言える。現代人の速いリズムに合うため生じたフードでもある。

2日本におけるファストフード

2.1日本におけるファストフードの歴史

 日本において、ファストフードは「弁当」または「定食」だと呼ばれる。日本におけるファストフードは本土のと外来的ファストフードの2種類がある。外来的ファストフードのうち、McDonald’sは最も人気が高くてよく受けられる。しかし、中国のファストフードと異なっているのは、日本では最初的に出現したファストフードが西洋からのファストフードではなくて、1899年に東京中央区に開業された「吉野家」である。吉野家は専門的に牛肉御飯を作って販売している店である。みんなによく知られている吉野家だけではなくて、本土的ファストフードには「すき家」、「松屋」などもある。彼らはどちらも日本の特色のある「牛丼」を販売している。日本では、「ホットモット」と「ホッカホッカ亭」などのような弁当店も現れてきた。

欧米からの西洋ファストフードは日本に進出したのが上世紀70年代に主催した大阪万国博覧会以降のことである。今回の万国博覧会には新しいオーペン的レストランが出現した。日本の若者の間に「ファッション」として速やかに流行れてきた。現在、本土、西洋的ファストフード以外に、当然中華料理というファストフードもある。日本におけるファストフードは発展する歴史が短いが、発展するスピードが驚いた速い。日本人の食事生活に大変便利を提供する。

2.2日本におけるファストフードの現状

 日本におけるファストフードは非常に発達している。日本の外食産業にはファストフードが営業額の半分くらいを占めたそうである。日本は生活リズムと勤務リズムが速い国である。日本人は時間を無駄にすることがないようで、時間を大切にしている。ファストフードはちょうど人々のこのようなニーズを満足する。現在、多くの料理屋とかレストランでは、昼食が主に定食を販売する。定食は組み合わせが簡単であり、完成品に作るのは速いし、価格も相対に安いので、日本人の間によく受けられる。また、日本の料理屋ではみなメイン料理がある。しかも、メイン料理をめぐっる製品は不断に最適化する。ファストフードは基準化する程度が高くて、工程別の作業は細かい。メイン製品に専念して経営して、何十年かまたは百年以上例えば、吉野家のようなブランドに形成した。ブランドとブランドの間に競争は激しい。日本の消費者からの要望もある。安価、迅速と満腹は彼らの基本的な要望である。

弁当もその中の一種である。日本ではサラリーマン専用の弁当、学生弁当、幼稚園弁当などはある。主婦は予めに作ってプラスチックボックスに入れる。翌日の朝家を出る前煮、そのまま持って出る。昼食する時に、冷たいまま食べる。また、現在専門的弁当店もある。弁当はファストフードとして、色は鮮やかで、品種が豊かで、栄養のバランスに重んずるので、日本人によく好まれる。定食と弁当の以外に、外来的西洋ファストフード、例えばMcDonald’sと中華料理というファストフードもある。どちらでも自分の特色を持って人々をサービスする。

2.3日本におけるファストフード文化

前節に日本におけるファストフードの現状を述べた通り、日本におけるファストフードの文化は本土の定食、弁当と西洋及び中国から進出したファストフードが共同に存在して発展してある文化である。つまり、本国と外来の外食文化の融和である。日本では、ファストフードを利用する群体は広い。サラリーマンであろうと、生徒であろうと、多くは弁当を利用する。ファストフード自身には魅力を持つ。本土の弁当を例にする。中身は豊かで、肉類、魚類、エビ類、野菜などはある。色彩は鮮やかで、形に重んずして、栄養成分が高い。ファストフードだと呼ばれても、日本料理と同じように、視覚と味覚的特色のある文化に形成したものである。

日本におけるファストフード文化も時代の発展に応じて生じたものである。前節では述べたように、現代日本人は生活リズムが速い。一部の女性は伝統的な観念を捨てて家庭から社会に歩きこんで、職場に専念する。家庭と家事に使える時間は相対的に減少するようになる。家族メンバーを世話するために、ファストフードは役に立てる。したがって、本土の定食、弁当などであろうと、外来ファストフードであろうと、日本におけるファストフードは現代社会の発展に応じて生じたものだと言えるだろう。

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/3922/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部