首页 日语论文 中日民族文化への再認識一着物と漢服の比較を中心に

中日民族文化への再認識一着物と漢服の比較を中心に

要 旨 着物は中国の漢服から発展した日本の伝統的な特色のある服装である。日本人に好まれて、よく伝承されてきたものである。 本文は三つからなる。まずは着物と漢服の発展歴史を述べる。そ…

要 旨

着物は中国の漢服から発展した日本の伝統的な特色のある服装である。日本人に好まれて、よく伝承されてきたものである。

本文は三つからなる。まずは着物と漢服の発展歴史を述べる。そして、それぞれ色彩、構造、種類及び花模様の四つの面から着物と漢服を比較してみる。最後に着物と漢服の伝承を検討する。分析を通じて、着物が漢服から、日本民族の特色のある服装に発展して伝承されて、漢服は逆で、中国に散逸されてしまう事は明らかにしてくる。経済を速めに発展する本日、伝統も失わないように我が国に多少参考してくれると幸甚だ。

キーワード:着物  漢服  比較  伝承

对于中日民族文化的再认识

以和服与汉服的比较为中心

 

和服是由中国的汉服发展而来并形成了自己特色的日本民族服装。和服深受日本民众喜爱并被很好地传承下来。

本文由三部分组成。首先描述和服和汉服的发展历史.接着分别从色彩,结构,种类以及花纹四个方面进行比较分析。最后分析讨论和服和汉服的传承性。通过分析,我们发现,和服从汉服而来并形成自己特色和被很好地传承了下来。而汉服却恰恰相反,它在中国几近失传.在快速发展经济的同时,我们中国是否也要勿失传统?希望多少能引国人思考。

关键词:和服  汉服  比较  传承

目次

はじめに…………………………………………………………..

1.着物と漢服の歴史…………………………………………………

1.1着物の歴史……………………………………………………

1.2漢服の歴史……………………………………………………

2.着物と漢服の比較…………………………………………………

2.1色彩の比較……………………………………………………

2.2構造の比較……………………………………………………

2.3種類の比較……………………………………………………

2.4花模様の比較………………………………………………….

3.着物と漢服の伝承…………………………………………………

3.1着物の伝承………………………………………………………

3.2漢服の散逸………………………………………………………

終わりに …………………………………………………………..

参考文献

中日民族文化への再認識

一着物と漢服の比較を中心に

はじめに

民族毎に自国に属する文化はある。中日民族文化ともアジア文化圏に属される。揺るか漢、唐時代から中国の様々な優秀な文化を学んで、長い間に自らの特色のある文化に発展してきた。本文は両国の伝統的な服装一着物と漢服を対象にして、それぞれ色彩、構造、種類及び花模様の四つの面から比較して、中日民族文化をふたたび認識してみる。

  1. 着物と漢服の歴史

着物と漢服はどの様に発展してきたものであるか、本章はこの二種類の服装の発展歴史をめぐってそれぞれ述べる。

1.1着物の歴史

まずは着物の発展歴史をのべる。

日本の奈良時代(即ち中国の唐という時代)に、唐の文化芸術、法令制度を学ぶように当時の日本統治者から大量の使者を派遣してきた。唐の文化芸術と言ったら、衣冠制度も含まれた。当時唐の制度を真似て「衣服令」を公布した。全国全体的に皆とも唐の服装を真似て着用する様になった。室町時代に入って、着物の形になり、そのスタイルが数百年続いてきた。明治維新以降、日本の上流社会の男性から「洋服」を着用し始めた。1923年の日本関東大地震発生時、その時の女性は着物を着ていた為、逃げに動きにくくて大勢の人が遭難された。その後気軽な服に変わられた。本日まで、着物は相変わらず日本人に好まれる。重要な祝日と儀式に着物を着る日本人はよく見られる。

一言で、最初の着物は中国の唐の時代の服装の複製だった。その後の盛装の華服も「唐衣」だと称される。着物は中国の漢服から発展してきたものであるが、長い月日を経けて自分の民族特色を有する服装に発展してきた。例えば、男のズボン、江戸時代以降の女の服装上のベルトは次第にサイズを大きく広させられた。着物の衣料上の花模様等も鮮やかな日本民族特色を持つようになった。

1.2漢服の歴史

引き続いて中国の伝統的な漢服の発展歴史を述べる。

五千年前の中国は新石器時代に原始的な農業と紡織業が生じた。麻で織った布にて衣服に作った。その後も養蚕と紡糸を発明したので、人々の衣服と飾り物は次第に完全になってきた。黄帝時代では服装制度が次第に形成した。夏と商の時代では服装制度が初歩に確立された。漢服という服装制度は明の時代まで発展して、目だった変化が無いが、清の時代に入り、この制度は崩れてしまった。1644年に明は清に滅亡された。清の統治者は満州貴族の統治を保つ為に、満州の髪型と服装を大幅に押し広めて、残酷な手段で漢服を着らないように禁止していた。このために、漢服は次第に消え失せるようになった。本日偶には見たチャイナドレスは満州服装を主体とする民族服装から改良されて発展したものである。実は伝統的な漢民族服装ではないだ。

1912年の辛亥革命は満州貴族の統治を覆した。その時の人々の思想は西洋化に傾いて、漢服に回復しないで西洋服装の着用に変わってきた。21世紀の本日迄、中国国力の発展に伴い、中国人は自分の優秀な伝統的な文化をよく見て、伝統的な漢服を回復する様に唱導しているが、漢服は伝承されてこないだ。

  • 着物と漢服の比較

前章では既に述べた通り、着物は中国の漢服から複製して自分の特色のある服装に発展したものである。二つの国を代表する服装なので、必ず共通点と相違点はあると思うので、本章では、色彩、構造、種類及び花模様と四つの面から比べてみる。

 2.1色彩の比較

着物は色彩の運用と組み合わせに五つの時期に分けられる。着物ときつく密接しているのは宮廷色彩の時代と武家多彩時代だ。現代の着物は色彩上主に黒色を上品とされている。青色は穏やかな外出服だ。茶色などのあっさりしている色は友人を訪問する時の普段着だ。若者達は常に色とりどりの服を着る。

漢服は色彩の運用に慎重だ。例えば、袍服の襟と袖のエッジは多くが鮮やかな色だ。一番奥の袍服は色が一般的に赤だ。その他の部位のエッジは色が豊富だ。例えば琥珀色など。歴史時期の異なりにより、色彩の組み合わせにもやや異なる。歴史上、階級が異なると、漢服上の色彩も相応的に異なる。例えば、唐の時代以降、黄色は長期以来尊い色として天子、皇帝及び貴族たちしか着用されられないだ。つまり漢服は色が深ければ深いほど尊いだ。逆に反対だ。従って、正式な場合は深い色彩の花模様の漢服を着用した。庶民たちは浅い色彩のを着用した。

 2.2構造の比較

まずは着物の構造を紹介する。着物は掛け衿、本衿、右の前身頃、左の前身頃、袖、袂、左のおくみ、右のおくみ、剣先、裄丈、肩幅、袖丈、袖口、袖付けからなる。足袋という付帯品もある。構造的に見ると、ワンピース型である。

漢服の場合は、「首服」(頭と髪に飾るもの)、「体衣」(体に着る衣服)、「足衣」(足に履く靴下と靴)、「配饰」(飾るもの)からなる。ここでは主に「体衣」を簡潔に説明しよう。一つの完全的な「体衣」は「内衣」、「中衣」と「大衣」からなる。「内衣」は直接肌に触れた衣服だ。「中衣」は「内衣」を着てから着用する衣服である。色は主に白で、「中衣」、「中裙」、「中裤」がある。礼服と組み合わせて良いし、普段着と組み合わせても良いだ。ルームウェアとして着用できる。「大衣」は「中衣」を着てから最後に着用して表に見られる衣服である。構造的に見ると、漢服もワンピース型であるが、ベルトは細長い帯にて身の前に自然的に締められる。着物の場合は、太いベルトにて背の中に小さな布団を背負うように締められる。漢服は着用すると、自由に歩いたり、走ったり出来るが、着物の場合は足の活動が極めて制限されて、速くて歩けなくて、走られないだ。体形から見ると、漢服は人々の形がよく体現出来る。着物の場合は頭から足までまっすぐで、形が全く見えないだ。

 2.3種類の比較

 まずは着物の種類を紹介する。着物は種類が豊かだ。常に浴衣、小紋、色無地、付け下げ、訪問着、紬、袴、色留袖、本振袖、黒留袖、振袖、ウール着物、羽織、束帯、十二単、甚平作務衣および丹前などはある。付属品として、ショール、コート、襦袢、半衿、帯扬げ、帯缔め、根付、髪饰り、栉、羽织ひも、扇子、ハンドバッグ、懐纸、雪下駄、下駄、草履、足袋などある。場所によって、成人式、結婚式、葬式、祭礼、剣道、弓道、茶道、花道、卒業式、宴会、雅楽、文芸公演及び伝統的な祝日に着るものである。

漢服はボタンを使わず、帯で締めるものである。礼服と普段着に分けられる。一般的に曲げすそ、直すそ、斎胸、袍服などの種類はある。礼服は帝王と百官が盛大な式典に着用された衣服である。普段着は百姓が平日に着用された衣服である。袍服は百官、知識人が着るものである。斎胸は女性に好まれて着たものである。21世紀の本日に、テレビと映画のドラマに漢服の姿は見られるが、現実の世界に着用される場合は殆どないだ。現在の生徒と学生たちにとって、伝統的な漢服がどういうものであるか、よく知らないようだ。

 2.4花模様の比較

着物上の花模様は一部が日本本土のスタイルを持つものである。例えば、桜、菊、和式の風鈴と扇子、桔梗の花及び朝顔等。これらの花模様は漢服に見えないもので、日本のスタイルを持つものである。

もう一部は中国から伝わってきたものである。前章に述べた通りに、日本は唐の時代に、使者を派遣して中国の文化芸術と法令制度を学んだ。文化芸術の一部とする服装も学ばれた。服装上の花模様も学んで日本に伝われた。例えば、法隆寺の模様、金魚の模様、松と鶴、孔雀、蔓草など。これらの模様は最初的に中国に使われたもので、優秀な文化として日本に伝われた。現在に至って、中国の影は見られるだろう。

着物は袖を広げると、一つの完全的な画面になる。その多くは美しい風物を表す。中国の優秀なものを学んで、長い月日の洗練を受けて、自分の民族特徴のある服装に発展してきた。

本章では着物と漢服が色彩、構造、種類及び花模様と四つの面から比べた。比較を通じて、異国の文化産物とする着物に初歩的なイメージは出てきた。

次の章では、着物と漢服の伝承についてそれぞれ検討してみる。

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/3924/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部