首页 日语论文 日本の化粧品に対する消費動向中国の消費者を中心に

日本の化粧品に対する消費動向中国の消費者を中心に

日本の化粧品の消費動向について 中国の消費者を中心に 研究背景 日本観光局の統計によって、2016年に日本を訪問する中国の観光客は約70%が日本で化粧品を買うことが明らかになった。…

日本の化粧品の消費動向について

中国の消費者を中心に

研究背景

日本観光局の統計によって、2016年に日本を訪問する中国の観光客は約70%が日本で化粧品を買うことが明らかになった。また、約5割の中国の観光客は帰国した後、日本の化粧品を引き続き買う場合が多い。2014年10月1日に日本は化粧品、食品、飲み物、薬品などを含める消費品をすべて免税範囲に組み入れられ、また、2015年から、円安と安全、安心などの原因で、日本へ旅行か買い物に行く中国観光客の人数は持続的に増加し、その過程中に薬用コスメチック店は中国人にとって一番人気がある場所である。

日本の化粧品の消費方向は主に2つの方面がある。一つは日本に行く観光客が日本国内での消費で、もう一つは輸出を通じて発生する消費である。『日本経済新聞』の報道によって、日本国内での消費中では、中国、タイの顧客のショッピング明細書は全く異なる。中国人が買う商品中で、80%は化粧品で、タイ人はちょうど相反し、8割は医薬品と健康食品である。輸出の方面で、1985年に日本化粧品工業の連合会の統計データが統計され始めてから、欧米の化粧品の輸入額はずっと輸出額より高い、2016年に日本化粧品の輸出額は初めて輸入額を上回った。2016年の輸出額は2013年の1359億円に比べて倍増し、同時期と比べて28.8%に増加し、2676億円までに達した。以上の背景として、今後は主に中国の消費者を中心として日本の化粧品の消費動向を考察してみる予定である。

研究目的と意義

今後の一つの研究目的は主に中国人が日本化粧品に対する消費現状の考察で、主に消費金額と消費種類という2つの方面から分析してみる。もう一つの研究目的はこのような現状の原因と影響を明らかになって、更に中日貿易の協力チャンスを増加する。中国人が日本化粧品に対する消費動向の分析を通じて中日貿易を増進することができ、かつ両国間の文化交流と学習機会を提供するのを促進することができると思われる。それ以外に、中国化粧品の生産と経営に参考の価値を持ってくることができると考えられる。

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/441/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部