首页 日语论文 サプライヤーシステムから見て中国における日本自動車企業のマネジメントの発展現状と挑戦

サプライヤーシステムから見て中国における日本自動車企業のマネジメントの発展現状と挑戦

サプライヤーシステムから見て中国における日本自動車企業のマネジメントの発展現状と挑戦 ―トヨタ自動車の例をとして 研究背景 世界経済の急激的な発展に従って、各国の経済はすでに相互連…

サプライヤーシステムから見て中国における日本自動車企業のマネジメントの発展現状と挑戦
―トヨタ自動車の例をとして
研究背景
世界経済の急激的な発展に従って、各国の経済はすでに相互連携、相互依存の整体になり、その中に、自動車の産業は各国の経済の中で重要な地位を占有している。自動車産業の発展に伴って、自動車の産業の競争はすでに国境を超えたのは事実である。地理位置などの方面で米国とヨーロッパに比べて更に優位を備えるため、日本は自動車の産業の大国として人口の大国の中国に輸出する自動車の数量が90年代末から徐徐に増えてきた。しかし、2011年から、日本の自動車は中国に輸出数量はだんだんに減っていくのが顕著するのである。日本自動車販売協会JADAデータによって、2015年12月に日本の自動車の新車の販売量は369459台で、2014年12月の販売量431919台と対比したら、14.5%下落した。2015年の一年間に、日本市場の新車の総販売量は5046510台までに達し、2014年の5562888台と比べると、9.3%下落したのであった。 この現象は日本の自動車の産業に衝撃を持ってきて、日本の自動車の産業はこの危機に対して、どのように反省するべきかという問題を日程を上げるはずだと思われる。日本の自動車の産業は直面しなければならない問題が多くに存在するが、本論文はサプライヤーシステムの角度から中国における日本自動車企業のマネジメントの発展現状、挑戦と問題、解決方法を考察してみる。
研究目的と研究意義
日本の自動車企業は中国における発展現状と挑戦を明らかになるのは本論の主な狙いである。また、トヨタ自動車を例として、日本の自動車企業はサプライヤーシステムの方面で出現してきた問題をを掘り起こすことも、本論の狙いとなっている。そして、出てきた問題に対して有効的な措置を考察してみるのも本論の研究目的である。
本論文の研究を通して、中国には日本のサプライヤーシステムはもっと完善することができ、中国に自動車の輸出量は多くになることができたら幸いだと思われる。また、自動車産業の政策の調整、産業の構造の合理化などの方面ですべて重要的な参考価値があると思われる。それ以外に、日本の自動車のサプライヤーシステムの改善によって、世界のほかの自動車会社のサプライヤーシステムに啓示を持ってくるかもしれない。

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/445/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部