首页 日语论文 ネット通販のマーケティング戦略について

ネット通販のマーケティング戦略について

研究テーマ: ネット通販のマーケティング戦略について ―消費者心理に基づいて― 研究背景・研究目的: ネット通販とは、インターネット上での通信販売であり、ネットショッピング、電子商…

研究テーマ:

ネット通販のマーケティング戦略について

―消費者心理に基づいて―

研究背景・研究目的:

ネット通販とは、インターネット上での通信販売であり、ネットショッピング、電子商取引とも言われる。ネット通販は近年、急速に普及してきた。総務省『平成27年版情報通信白書』によると、ネットショッピングの世帯利用率は過去約10年間で前年代的に上昇し、ネットショッピングの個人利用率は前年代平均で7割を超えていて、年代別にみると、60代以上の利用率は30代や20代以下の利用率をやや上回っておる。また、ネット通販市場も拡大してきた。経済産業省によると、平成27年の日本国内の消費者向け電子商取引市場規模は、13.8兆円(前年比7.6%増)まで拡大している。また、消費者向け電子商取引は個人消費の一部であり、個人消費はGDPの約6割を占める。

前述のように、ネット通販は普及率が益々高くなり、人々の日常生活に重要な一部分となる。そして、ネット通販市場は多大な潜在力がある。しかし、ネット通販市場は拡大しているけれども、倒産する企業が増加しているらしい。東京商エリサーチが2015年12月に公表した「2015年1-11月『通信販売・訪問販売小売業』の倒産状況」によると、通信販売・訪問販売小売業の倒産が増えているという。2015年1-11月累計で2009年の調査開始以来、倒産は最多となる64件に拡大した。それで、如何にして、ネット通販で競争力を確保し、より高い市場シェアを占めることは、ネット通販企業にとって緊迫した任務である。周知のように、消費者心理が購買行動に大きな影響を与えている。購買動機をはじめとした消費者心理を理解することで、消費者の行動が予測できて、それに対応した売り方が分かりやすい。

したがって、本研究は、消費者心理の分析を通じて、ネット通販の利用者としての消費者の購買行動を把握し、購買意欲を向上させるマーケティング戦略の方針や方向性を検討することを目的としている。

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/447/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部