首页 日语论文 SNSからユーザーの潜在要求の抽出と結果の可視化

SNSからユーザーの潜在要求の抽出と結果の可視化

研究計画書 研究テーマ: SNSからユーザーの潜在要求の抽出と結果の可視化 -商品開発への応用のために- 研究経歴: 大学で電子情報通信工学を専門としている。matlabを用いて、…

研究計画書

研究テーマ:

SNSからユーザーの潜在要求の抽出と結果の可視化

-商品開発への応用のために-

研究経歴:

大学で電子情報通信工学を専門としている。matlabを用いて、千枚の画像を素材として、画像識別とマッチングを行ったことがある。色エントロピー、色モーメントなどの画像特徴の分析を通じて、類似度を測定して、類似度の高い画像をマッチングさせた。pythonとRを利用して、簡単なクローラをプログラミングしたことがある。あるサイトで質問に対する回答をデータとして収集し分析して、質問の質への評価を通じて、質問間の類似度を推定して、クラスタアルゴリズムと結果の可視化を試みた。

 

研究背景:

 SNS(Social Networking Service)とは社会的な活動をインターネット上で実現するサービスであり、主に友人やその他の人とネットワークを通じてコミュニケーションを取ることができる。友人・知人間のコミュニケーションを促進する手段や場のほか、共通の趣味や嗜好、居住地域、出身校といった各種コミュニティを通じて新たな人間関係を構築する場も提供する。また、近年ではスマートファンやタブレット端末の普及により、SNSの利用人口は急激に増加し続けている。ICT総研の調査によると、2012年12月末時点の日本国内ネットユーザーは9,556万人だが、SNS利用者はそのうちの52%にあたる4,965万人である。今後はSNS利用者の年齢層が拡大していくため、登録者数・利用者数ともに増加することが見込まれ、2015年末には利用者数が6,321万人、ネットユーザー全体に占める利用率は65.3%に達する見通しである(奈良:2014)。

そして、前述のようにSNSは新しい形のコミュニケーションの手段であり、趣味などを通じてつながったユーザー同士がコミュニケーションをとる場である。また、SNSの特性上SNSユーザーは、コメントや画像といった形で、他のユーザーとコミュニケーションをとる。これらのコミュニケーションの記録であるコメントや画像には各ユーザーの感情、趣味、嗜好が多分に反映されていると考えられる。つまり、これらのコメントや画像を俯瞰的にとらえ、分析することで、各ユーザーの嗜好や趣味を抽出することが可能であると考えられる。例えば、どの様な食べ物が好きか、どの様な服が好きか、どの様な場所が好きか、などといったユーザーの嗜好が抽出できるのではないだろうか(石野・中田・日吉:2014)。

商品やサービスのマーケティングの分野において、SNSからユーザー嗜好や意見、ネットワークなどの抽出に関わる研究は近年行われるようになった。本研究では、SNSからユーザーの潜在要求の抽出および結果の可視化を試みて、企業の商品開発、販売戦略に応用させる。

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/472/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部