首页 日语论文 日本語の中で敬語の使用法について

日本語の中で敬語の使用法について

日本語の中で敬語の使用法について   キーワード:敬語 使用法  意義   はじめに 本論文の目標は、日本語の敬語の日常使用法を素材にして、正しく敬語を使う意義…

日本語の中で敬語の使用法について

 

キーワード:敬語 使用法  意義

 

はじめに

本論文の目標は、日本語の敬語の日常使用法を素材にして、正しく敬語を使う意義を考えることにある。まず、日本語敬語の定義、由来と現状を紹介する。次に、近代の敬語の3種類の紹介を通じて、3種類の敬語の使用方法をそれぞれ説明する。最後に、敬語の日常応用の中で現れた問題を通じて、具体的に日本語の敬語の使用方法を詳しく述べ、正しく敬語を使う重要性とその意義を説明する。本論文は、敬語の使用法について何らかの結論を提出すると言うのだけでなく、正しく敬語を使う意義に関する論文である。

1日本語敬語の定義、由来と現状

1.1定義

日本人は交際の活動の中で話をする人、言うことを聞く人の間の尊卑、優劣、長幼などの相違に特に注意する。話者の自分の謙虚さ或は教養を示しために、他人に対して恭しい日本語の使い方する人がいる。

1.2由来

日本語の中で敬語は非常に発達し、比較的完備した体系を持っている。これは日本人の言葉の中で重要な特徴の一つである。敬語の由来は次の通りいくつかの部類に分けられる:

1.2.1言語の使用禁止は或は婉曲な語句の代用で 人々は災害を免れるため、いくつかの語句に対して使用を掟える、或は婉曲な表現の形式を使う、神に対して称揚する語句を使う、こうして敬語が生まれた。

1.2.2封建社会の等級の観念 日本の封建社会の等級が厳重で、人と人の間は支配と被支配の関係が存在している。このように封建道徳の観念を基礎にして、主観的な意志の左右する敬語を受けつけないものがある。

1.3現状

近代的な社会と文化の発展は日本人の敬語の意識に巨大な変化を発生させている。主観的な判断とその場の利益関係によって決定された尊敬の程度の高低による敬語使用は飛躍的速さの発展と広範な応用を通して、非常に発達し、現代敬語を形成した。

2敬語の種類と形式

本論文の内容は現代敬語の使い方を紹介する。現代敬語は大体以下の三種類に分けられる:尊敬語、謙譲語、丁寧語。

2.1尊敬語

これは相手或は話題の人物を尊敬するために使う陳述の相手或は話題の人物の行為の言語である。次の5種類の形式である:

2.1.1敬語の助動詞—-れる、られる

動詞の未然形(五段動詞) +れる「私の意見を聞くと、先生は笑われました。」

動詞の未然形(その他の動詞) +られる「先生は明日学校に来られます。」

サ変動詞語幹+される 「社長は会議に出席されません。」

2.1.2付加形式

①お+五段動詞或は一段動詞の連用形+になる

ご(御)+サ変動詞語幹+になる

「 先生は何時ごろ御出勤になりますか。」

②お+五段動詞或は一段動詞の連用形+です

ご(御)+サ変動詞語幹+です

「先生はもうお帰りですか。」

③お+五段動詞或は一段動詞の連用形+くださる

ご(御)+サ変動詞語幹+くださる

「いろいろご指導くださって、ありがとうございます。」

④お+五段動詞或は一段動詞の連用形+ください

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/563/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部