首页 日语论文 『春琴抄』から見る谷崎潤一郎の作品の特徴

『春琴抄』から見る谷崎潤一郎の作品の特徴

『春琴抄』から見る谷崎潤一郎の作品の特徴   目  次 はじめに――――――――――――――――――――――――――1 1.『春琴抄』という小説の粗筋――――――――――…

『春琴抄』から見る谷崎潤一郎の作品の特徴

 

目  次
はじめに――――――――――――――――――――――――――1
1.『春琴抄』という小説の粗筋―――――――――――――—―3
2.『春琴抄』についての分析と評価――――――――――――—―4
2.1写実から突破し、空想と現実の結合によって、独特な美を創造した4
2.2古典の世界を展開する―――――――――――――――――――4
2.3『春琴抄』から反映した女性美―――――――――――――――5
2.4独特な女性に叩頭する思想を貫徹する――――――――――――6
3.谷崎潤一郎の作品の特徴―――――――—―—――—―8
3.1「芸術のために芸術を創作する思想」を追求する―――――――8
3.2日本および東方の情趣を最大限に表現した————————9
終わりに――――――――――――――――――――――――――11
参考文献―――――――――――――――――――――――――12
謝辞――――――――――――――――――――――――—――13

 

要    旨

『春琴抄』は谷崎潤一郎の風格を典型的に表現している名作で、発表した後で、巨大な反響を引き起こした。小説は佐助という召使いが心身を偏屈で高慢な先生である春琴に苦しめられても、依然として彼女に忠節を守っている。春琴が顔を傷つけられた後で、自分の頭の中で彼女のきれいな容貌に永久に残り、そして、彼女と一緒に生活していることができるために、意外にも針で自分の両目を刺した。
春琴と佐助との召使い、師弟、夫婦などの複雑な関係はこの奇異でおろかな愛情に合理性を提供した。感覚体験と精神体験との結合を最大化まで広げ、そして、感覚器官の転換を通じ、感覚器官の享受よりもっと高い段階である心理の審美の過程を完成した。
本論の題目が「『春琴抄』から見た谷崎潤一郎の作品の特徴」といい、『春琴抄』の独特な創作の手法に対する深い分析を通し、谷崎潤一郎の作品の特徴および作品から反映する思想を探求する。論文の初めの部分は『春琴抄』という小説の内容に対し、簡単に纏めた。私達に小説の筋と登場人物を多少に理解させる。本文は主に四つの方面から『春琴抄』を分析した。写実の手法から突破し、空想と現実の結合点で独特な美を創造した。作者は古典の世界を展開する方面で、一つは古典の人形の浄瑠璃と歌舞伎の中の「心中」という物語を受け継ぎ、愛と死を崇高化にさせた。もう一つは日本の古代物語文学の文体の形式を受け継いだ。「男性美」と比較することを通し、女性美を崇拝することを強く表現している。最後、谷崎潤一郎の作品の特徴を要約した。価値をひっくり返した快楽を追求し、写実を排斥し、官能の楽しみの中で新たな好奇を求め、そして、異国のエキゾチックと日本の情趣を巧妙に融合し、美の激情を作り出した。

 

 

 

キーワード:
悪魔・女性美・叩頭・芸術
内容提要

《春琴抄》是一部典型地表现谷崎润一郎风格的名作

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/692/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部