首页 日语论文 対人関係から見た「断り」表現の種種

対人関係から見た「断り」表現の種種

対人関係から見た「断り」表現の種種 要旨:日本人は婉曲な言語を喜ぶから、食い違いを隠すには、問題の実質を回避して、衝突に矛盾の激化を避ける。「断り」表現は日本文化中の最も重要な特点…

対人関係から見た「断り」表現の種種

要旨:日本人は婉曲な言語を喜ぶから、食い違いを隠すには、問題の実質を回避して、衝突に矛盾の激化を避ける。「断り」表現は日本文化中の最も重要な特点の一つである。本稿では語用論な視点から、対人関係の角度から「断り」の言語行動を見てみる。具体的に言うと、会社内の人々、商談中の人々、接待中の人々の依頼を断る時、使った「断り」表現をそれぞれ討論してみる。また「断り」表現をめぐる日本文化の内容を解明していきたいと思う。従って、日本の伝統文化を尊重し、日本人は含蓄で、「和を以って尊重する」の性格の理解する。

キーワード:断り表現 婉曲表現 対人関係 曖昧文化
1 はじめに
コミュニケーションにおいて円滑な人間関係を保つためには、相手からの依頼や命を拒否する際、適当な言語を用いて断る必要がある。
これら断り表現には、人間関係を調整するという視点から、親疎、依頼内容の負担度、地位の上下、及び男女差によって一定の傾向があることが示されている(森山,1990)。また、断るという行為は依頼者の要望が(少なくとも断り手によっては)実現されないという結果を生むため、依頼者に対して何らかの配慮を行うことが不可欠である。このような配慮は、断り表現の長さ(伊藤, 2006)や文脈的情報の利用による間接的な表現の使用(仲,1986)などに現れると考えられる。本研究では、他者から軽い内容の依頼を受けたときに、依頼者との関係性が断りの言語表現の使用にどのような影響を与えるかを実際の調査によって検討することを目的とした。また、断り表現の分析は、表現の形式(間接的表現や判断など)や利用される文脈情報の種類、表現の長さ(表現に含まれる意味内容数)などの観点から行った。
本稿では語用論な視点から、対人関係の角度から「断り」の言語行動を見てみる。また「断り」表現をめぐる日本文化の内容を解明していきたいと思う。

2 対人関係から見た「断り表現」の種種
日常の様々な言語行動の中で「断り」行為は相手の期待に添えないため、他の言語行動より相手に不快感を与えやすい危険性の最も高い行為になり、対人関係上の「障害」が生じないように配慮しながら「断り」行為をしなければいけない。「断り」行為は適切さを欠くとき、両者間の人間関係は危険性をもつことにもなりかねない。各々の社会・文化には、その社会固有の人間関係の捉え方や、相手への配慮の仕方があるはずである。本稿では、会社内の人々、商談中の人々、接待中の人々の依頼を断る時、使った「断り」表現をそれぞれ討論してみる。

2.1 会社内の「断り」表現
本稿では、会社内の人を上司、先輩と同僚と分けて対人の断り表現を研究してみたい。
では、例を見てみよう。
課長:今度の新商品の販売企画を君に任せたいと思っているんだが、どうかな。
李 :課長、私を指名してくださったことはとてもうれしいのですが、私には
荷が重すぎます。もっと適任者を捜していただけないでしょうか。
課長:君ならやれると思うんだが。
李  :ありがとうございます。でも、課長や会社にご迷惑を掛けることにな
ってはいけませんから、やはりご辞退させてください。
上司から自分が自信を持てないような仕事上の指示を受けたときの断りの常套表現である。「できないことは引き受けない」というのはビジネスマンのもう一つの鉄則だから、自分の力で無理だと思ったときははっきり断った方が後で問題が生じない。
上司などの目上の依頼を断る時、よく言う表現は、以下のようにまとめる。
すみませんが~ので・・・、悪いけど~んで、・・・、申し訳ありませんが、~ので・・・、すみませんが、ちょっと・・・、悪いけど、ちょっと・・・、申し訳ありませんが、ちょっと・・・、それは勘弁してください、他のことならともかく、その件についてはちょっと・・・、お気持ちはうれしいのですが、ちょっと・・・などである。
もう一つの例を見よう。
先輩:李君、悪いんだけど、ちょっとこのコピーをしてもらえない?
李 :ごめんなさい、先輩。今、急ぎの仕事を抱えているので、・・・。
先輩:あ、そう。じゃ、他の人に頼むよ。
これは先輩に対する「断り」表現である。
先輩:李さん、悪いんだけど、ちょっとこのコピーをしてもらえない?
李 :ごめん。今、急ぎの仕事を抱えてるんだ。
先輩:あ、そう。じゃ、他の人に頼むわ。
これは同僚に対する「断り」表現である。
一番難しいのが断り方でしょう。「イエス」「ノー」が鮮明な言語圏の方は直截的で、「駄目です/できません」のように、はっきり意志表示することが多いようである。ところが、この言い方は、日本人にはどきっとするほど厳しい拒絶と受け止められてしまう。日本人は先ず先輩や上司であれば、「申し訳ありませんが、~」、同僚や後輩であれば、「悪いけど、~」などの詫びを言って、それから断らなければならない事情を述べる。そして、日本人は最後まで「駄目です/できません」という言葉を避けて、後は察してもらう言い方をする。これが「察しの文化」と言われるものですが、「断りの言葉を使わずに断る」のが日本語の特徴である。この「断り方」を失敗すると人間関係を一瞬で壊してしまう恐れがあるから、ぜひみなさんに体得していただきたいことの一つである。

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/714/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部