首页 日语论文 美しい世界-「雪国」を中心としてみる川端文学の伝統美学

美しい世界-「雪国」を中心としてみる川端文学の伝統美学

美しい世界 -「雪国」を中心としてみる川端文学の伝統美学 要  旨 日本の文学作品を読むたびに、それなりの繊細な筆致や、綺麗な画面や、奥深い感情などを引き付けられるときはかなり多い…

美しい世界
-「雪国」を中心としてみる川端文学の伝統美学
要  旨
日本の文学作品を読むたびに、それなりの繊細な筆致や、綺麗な画面や、奥深い感情などを引き付けられるときはかなり多いである。上古時代から、歴史の移り変わりの中で、日本の伝統美は今までずっと広く伝わってくる。1968年、「千羽鶴」や、「雪国」や、「古都」などの作品でノーベル賞を受賞していた川端康成は日本の伝統美を受け継いだ集大成者である。
本文は雪国から見る川端文学の伝統美学について述べたい。日本の伝統美は、長い歴史を持っている。華麗さよりあっさりして上品のほうが目立つ。余韻がなお残っていることは伝統美の真髄である。平安時代の「古今集」とか、「伊勢物語」とか、「源氏物語」などの作品から出てきた伝統美はいままでの日本文学に影響を与える。とくに、「源氏物語」の中で現れた伝統美は、つまり、優美で、デリケートな貴族美学と幽玄で、妖艶な象徴主義のことである。
川端康成の「雪国」は「夕景色の鏡」から、「雪の火事」の画面まで終わる。ずいぶん都市から離れていて、雪を覆われている村のことである。雪国の二人の女の子の運命を中心として書いていた。この作品は平板そうに見えて、なにか抑揚がない。しかし、作者は悠然としてのリズムで、読者に独特で、美を溢れている世界を作ってあげる。その作品の行間にしみ込んだ美の感覚は筋よりもっと工夫をするのである。
川端康成の「雪国」及び、ほかの代表作は手当たり次第に取ってくるように見えるが、日本伝統な物哀れ、幽玄の意識を醸造する。だから、川端文学の伝統美への追求を理解する上に、日本の伝統美は近現代の文学作品の中でどのように使用させて、発展させることについてが、日本文学研究において重要な意味と価値などがある。
キーワード:川端康成  伝統美  雪国
序  論
本文は四つの部分を分けて述べる。
まず、川端康成の不幸な体験は作品への大きな影響について分析する。作品の悲劇性は川端の天涯孤独の出身との関係、そして、川端の生活の体験は作品への影響について説明する。
それから、常識的に言う日本の伝統美について解釈する、その伝統美の歴史について概略する。
次に、川端康成は代表としての「雪国」の中で、日本伝統美の表現を分析する。
最後は、ノーベル賞受賞した際に川端康成の発言とほかの代表作の中で出ている伝統美への追求について簡単に説明する。
もし日本の伝統美の受け継ぐ研究に役が立つと、この文章の目標に達成するのである。

第一章 川端文学における物哀れと幽玄な思想の根源
第一節 不幸な生活を過した川端康成
1:幼年から天涯孤独の出身
川端康成は明治三二年六月一四日(一八九九年)に、大阪に生まれた。二
歳で父、三歳で母をなくした。祖父母と共に大阪府下三島郡へ転居し、祖父母に養育された。川端はみずから虚弱な体質で、祖父母の過保護で毎日家に閉じ込まれていた。外の世界とまったく接触していなかった川端は小学校を入学した前に祖父母以外、別の世界があるとは知らなかった。①小学校を入学の年に祖母を亡くした。十五歳までに、他家へ預けられていたたった一人の姉も亡くなった。その後、年寄りの祖父と二人で肩を寄せ合うようにして生きていた。祖父は失明で、耳も遠かった。一日中涙を流した。これは、川端の幼年の生活にc暗い影を投げかけた。そして、中学三年の時には祖父が死んで、川端康成はまったく天涯孤独の身の上となった。
川端にとって、幼時から肉親の死につぎつぎと出会い、人々から葬式を参加する名人と言われた。②川端の幼年期は人間の温かさを感じていないばかりか、逆に心の奥底に克服できない憂鬱と悲しみが滲み込んでいた。常に死と向き合って生きてきた川端には、社会と現実的にかかめるというより、死を前提とした人間の存在を根底から冷たく見えた。同時に一方では美しい主抒情の世界にあこがれるという二様の心的傾向が表裏をなして同居した。
2:愛情から傷つけられる心
川端康成が孤児で、この世界でどこからも必要とされない人間であったことも一層その傾向を強め、孤独な人間存在と、その中で一瞬きらめく純粋な愛情とを敏感に感じ取る目がみがかれていった。
実は、川端はおとなになってから、伊豆の踊り子千代と本郷のカフェ?エランにいた伊藤ハツヨと出会った。
川端は伊豆半島に旅行したとき伊豆の踊り子千代と出会った。初めて踊り子から平等に対処された川端は踊り子への愛情を生まれた。二人は純粋で、心のこもった感情を味わった。
伊藤ハツヨとの出会いは東京のコーヒー店のことであった。恋を落ちる二人はすぐ婚約した。が、まもなく、伊藤は’非常’な状況で、婚約を一方的に破棄した。大変裏切られた川端の心は傷痕だらけであった。
それから、劣等感をもった川端は二度と女性に告白する勇気はなかった、その上、重苦しい気分に落ちて、天命を信じて生きてきたのである。
第二節:日本伝統精神の影響
1:繊細な美を追求する日本人
日本は島国で、季節風帯に当たる。季節の変化のリズムも活躍している。緑の山、清らかな水、風光明媚で、温和な気候は日本人の心育んでくれる。だから、日本は自然崇拝の民族であると同時に、審美に陶酔民族もである。日本人の生活で、心なしの山、川、草、木、花、月さえも感情をこめて、愛を託して対処される。川端康成にとって、失明の祖父と一年中話合わなく生きていた。その結果は、わずかなものでも川端の興味を呼びかけることができる。
2:日本民族崇拝する禅宗
仏教の禅宗を崇拝する日本人はかなり多い。禅宗の中で「美は無常、無常も美」の生死観がある。落葉は美を思われるのは、散る、つまり死ということである。しばらくの時、命の光と存在の価値をはっきり示す。桜は日本人に好まれる理由も上記のようである。ほんの一瞬の間舞い落ちた花びらは、日本人特有の無常観を呼びかける。花見に行く日本人の心は花の無常を哀れむ。このような一期一会の中で、命の美しさを感じ取る。この禅宗の観点による、死は終わりではない、出発点である。だから、ほとんどの時、日本人の審美の趣は死との結びがある。
不幸な生活は川端文学が悲しみを与えると言われたら、日本伝統な精神、つまり、繊細な美への追求と禅宗の幽玄から生まれる生死観は川端康成の文学とか、生活などを大きな影響を与える。川端文学の中で貫いている物哀れと幽玄な思想はこれでその根源は分かってくる。
第二章:日本の伝統美とは
第一節:郁達夫による評価
日本文化に精通していた郁達夫は「郁達夫全集」で、日本の伝統美について、例をあげて、はっきりと説明する。
日本の伝統美に対しては、郁達夫こう書いていた。文芸と言うと、’簡潔で、特別なのは’もちろん和歌である;’男女の恋と恨みとか、天下の興亡とか、人生の失意とか、世事の無常とか、四季折々の自然の魅力とか、美辞麗句の美しさなど、あっさりして、まばらな言葉で、世の中のすべての感情も含まれている’;’俳句は、余韻が耳にの残りやすい’;’その余韻は時には空の光、時には池の波のようである、始まりがなくて、終わりもない’。舞踊と音楽と言うと、日本的なのは大体’単純さを求め、薄さは大切される’;’清らかな声で歌う清歌と三弦、太鼓な音を混ぜる’;’猿と雁の鳴き声のようで、心まで揺れる’。茶道と言うと、’進退と出入りは礼儀を守る’。ほかに、’庭の建築物、仏塔、すみずみまで簡潔していて、単純さの中で趣も湧いている’。また、’元日の松、端午の節句の鯉のぼり、七夕の星、中元の盆踊り、重陽のもちなど’すべて’国民にとって重要な祝日となる’。③
これで、郁達夫は日本伝統文化は身につまされることがあるのは明らかにする。この断片は大体日本の古典伝統美について説明することができる。優しくて内向な文学と、上品な座禅と、柔らかな性格などが

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/721/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部