首页 日语论文 日本の集団意識及び原因と影響について

日本の集団意識及び原因と影響について

日本の集団意識及び原因と影響について 要旨: 战后日本用了短短几十年的时间,在一片废墟上实现了政治、经济、社会等方面的一系列变革,促使日本经济迅速恢复和发展。日本人尊重群体的利益,…

日本の集団意識及び原因と影響について
要旨:
战后日本用了短短几十年的时间,在一片废墟上实现了政治、经济、社会等方面的一系列变革,促使日本经济迅速恢复和发展。日本人尊重群体的利益,自觉维护群体的和谐与统一的集团意识,在日本经济发展过程中起了至关重要的作用。本人拟将从日本人集团意识的形成原因上,分析论述日本人的集团意识对日本社会经济发展的影响,以及从日本人的集团意识的利弊中,得到哪些启示和借鉴,以便更好地进行我国的社会主义经济建设。

「キーワード」 日本   集団   意識   原因   影響

はじめに
日本人は団結心を持っていることである、即ち日本人の集団意識である。日本人は自分がある集団に属しているという意識、つまり集団志向が強い。集団意識が日本人のもっとも独特な国民性といえる。「出る釘は打たれる」と言う諺は日本人の生き方を端的に表しているし、集団に異を唱えたり、背を向けた者には「村八分」と言う処罰があった。
第二次世界大戦後、わずかの数十年の間、日本は著しく発展して、今では、世界経済第二位に登った。その原因を究明すれば、勤勉に働くほか、集団意識も大きな役割を占めている。日本人の根気の一つとしての集団意識は、大勢の人を合わせて、ひとつの目標を目指して、あまり広くない島国日本を世界経済に脚光を浴びさせた。それでは、日本人の集団意識はどのように生まれたか。日本社会にどんな影響を与えたか。私たちはこの意識について何を習うべきか。  以上の問題を検討する。

1、集団意識が成立する原因
1.1 稲作文化に生まれた
稲作文化は、日本人の集団主義の形成に大きな影響を与えに。集団意識の成立は、日本の歴史的な背景と無縁ではない。はるか弥生時代に始まる稲作文化が集団意識に影響があると言える。その時代には、生産性が低いし、稲刈り期が短いので、合作しなければ、稲刈り期に終わらなかったが、稲刈り期には近隣どうしが助け合い、共同作業を行う習慣がある。これは、最初の集団意識であった。農村には今日もなお、田植えや稲刈り期にはそのような共同作業も残っている。狩猟文化と異なり、生活共同体なのである。
日本は、稲作文化圏に属していて、歴代の日本人は高温多湿な環境の中で共同作業の方式で稲作を栽培してきる。稲作文化労働について次のように述べられている。稲作労働は、「日本人の人間としてのあり方や、日本語や日本文化は游牧、畜牧から出てきた西欧文化と今日では表面のところは同じ様になって来た様でも、大いに相違したところがあります。」稲の耕作は、毎年同一の土地で栽培できる。従って田の位置や用水施設が固定することになる。
「古くからの耕地の共有と、耕地を保全する潅漑土木工事についての集団的協業を基準とした農業共同体の集団的生活がきそであった。」稲の耕作には、それに必要な潅漑設備から苗代、田植え、収穀、脱穀などにいたる共同その作業が必要であり、その為家族を単位として横に結合する村落共同生活が営まれ、人々の協力、団結や調和の精神が尊重される。こうして家と家との喚起がフックとなり、強固な地域社会が形成されていった。一つの水路によって、村の住民の運命が緊密に一体化され、生死一体化される。年始に、一同に揃え、五穀の農作を神々に祈念し、水が枯れば、一連の田を作っている家々が心一つにして降雨を願うし、水の具合が順調で農作となれば、同じ流れに属する家々が共にその豊作を喜び、神に感謝する祭を行う。
共同管理の施設や共同作業の多い地域社会では、自己中心的な活動をすれば、全体に迷惑が及ぶことになる。こうして、個人よりも集団の利益を常に優先させる仲間意識、つまり、今日の集団主義が形成されるようになった。今日でもこうした集団行動様式は企業や団体などに受け继がれていて、他人との調和を重んじることが日本特有の集団として見なされている。
1.2 危機意識に由来する
日本の面積は約三十八万平方キロメートル、アメリカのカリフォルニア州とほぼ同じであるが、人口は一億二千万人であり、アメリカの約半分だ。そのほか全国土の4分の3が森林に覆われた山地であるので、人口は主に交通、産業の発達した表日本の海外沿いの平野に分部して、本州の南関東から北本州にかけて集中している。人口の密度が大きい。そのほかに、日本列島は地殻変動帯の属しているため、火山と地震が著しく多い。大きな平野がないので、日本の河川は短く急流を成しているので、真水の蓄えさえ十分ではないのだ。別に、国土が狭いので、石炭、石油と鉱産物資源の蓄えも不足だ。ある日本人は「日本は一つの大加工工場ですから、誰かが首を絞めないかと心配するのです。」といっていた。このような感じは日本人の共通認識になっているのだと思う。要すると、日本人が強い不安感と危機意識をもっている。この意識をもっている日本人は、個体の力の弱さと集団の強さを認識するし、集まらないとできないと言う気持ちを持っているらしい。そして、集団意識が思想的に成立している。
1.3 儒教思想からの影響
儒教思想の影響も無視できない。中国から

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/775/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部