首页 日语论文 よしもとばなな小説作品の構造特性

よしもとばなな小説作品の構造特性

よしもとばなな小説作品の構造特性 ~主人公の心理のグラフ化をもとに~ 目次   序章 課題設定の理由 第一章 課題解明の方法 第一節 心理を抽象化する作業について 第一項…

よしもとばなな小説作品の構造特性

~主人公の心理のグラフ化をもとに~

目次

 

序章 課題設定の理由

第一章 課題解明の方法

第一節 心理を抽象化する作業について

第一項 心理の抽象化について

第二項 心理のカテゴリー化について

第二節           心理をグラフ化する作業について

第一項 心理の数値化について

第二項 グラフの種類について

第二章  作品分析

(1)『キッチン』

(2)『キッチン2 満月』

(3)『うたかた』

(4)『哀しい予感』

(5)『TUGUMI』

(6)『ハゴロモ』

第三章  まとめと今後の課題

第一節 本論のまとめ

第二節 今後の課題

 

参考文献・資料

おわりに

 

 

 

序章 課題設定の理由

 

 

課題設定の理由

 

女性向けのファッション雑誌「Olive」2002年12月号(マガジンハウス)に、女性704人を対象にしたアンケート調査結果の記事が掲載されている。質問項目の中に「あなたの好きな作家は?」という項目があり、一位:江國香織、二位:よしもとばなな、三位:村上春樹という結果であった。

以上のような結果を見るまでもなく、よしもとばななは、女性読者を主な対象に、大変人気の高い作家のうちの一人である。よしもとばななは1988年に『キッチン』でデビューして以来、小説作品のほかにエッセイや「ロッキンオンジャパン」という音楽雑誌での執筆、奈良美智緒などのアーティストと共同で本を出版したりなど、分野の違う様々なメディアで注目され、活発な創作活動を行っている。(参照:)

 

 

私がよしもとばななの小説を初めて読んだのは、高校生の頃だった。「有名だから読んでおくか」という気持ちで、デビュー作『キッチン』を手始めに読んでみたのだが、一読した時点では「なんだこの変な話」というのが主な感想であった。文章は平易でわかりやすく、まるで少女漫画のような語り口なのに、描かれている世界はもっと深いような気がする、ということを漠然と感じていた。しかしなぜこの作品が有名なのかいまいちわからなかった。

それまで少女漫画や少女小説(コバルト文庫など)、テレビアニメにどっぷりとつかり、読んだ本と言えば童話や神話、児童文学ばかりで、純文学に慣れていなかった私にとって、よしもとばななの小説は、純文学とそれ以外をわける境界線に位置するものに思えた。

少女漫画や児童文学などは、起承転結がはっきりし、物語が落ち着く先がなんとなく見えている。一言で言えばわかりやすいものばかりである。しかしよしもとばななの作品は、それらとは確かに一線を画す。事件と呼べる事件も特に無く、少女漫画的な物語展開ではない。なのにいつの間にか作品世界に引き込まれ、自然に読み進めている。よしもとばななの小説作品には不思議な魅力があり、それがよしもとばななの作品に興味を持ったきっかけであった。

はじめに例示したアンケート調査結果のコメントに、「透明感のある文体と現実と非現実の狭間のような不思議な世界観が魅力」という記述がある。

よしもとばなな作品を、頻出する言葉に着目して分析研究された上野裕子氏は、その論文(※1)の中で、よしもとばななの文章特性として以下の事柄を挙げている。

 

 

○「夜、死、光、夢、遠、闇」という順にこれらの言葉の使用頻度が高い。(初期六作品中)

○白や青などの色彩語を多用している。色というのは、一瞬にして人にイメージ、インパクトを与える。ばななの世界は色が自然と与えるメッセージ性をうまく利用している。

○文体による親しみ安さがある。日常使う言葉を使い、日常するように感情表現をする。常に語りかけられているような感じを受ける。

・オノマトペの多用、“とか弁”、記号(!、?、・・・)を用いている。

・作品の語り手が自分の考えや判断について確信を持っていない。「みたいな」「そういうような」「かもしれない」などのように形容詞と形容する対象をしっかり結びつけることに拒否反応がある。

・「美しい」「淋しい」などのように、片言で感動を現す。感動の度合いを(描写によって)限定しない。

○文法的な問題は全く意味がなく、「人に伝える」ことを最重要としている。「肝心なのは自分の言いたいこと」「訴えたいことと文章のあいだに距離があったらとにかく失敗なんです。」と作者本人が述べているように、ばななが「人に伝える」のは、風景でも物でもなく気持ちなのである。

 

以上論文を参照に簡潔にまとめた。

上野氏が述べているように、よしもとばなな作品の魅力の一つはその個性的な文体であり、自然と読まされているという感があったのは、その文体にあったと言える。

上野氏が述べられているような特徴や、独特な比喩表現を用いて対象を描くことによって、作品世界に読者を引きこむのである。

 

 

独特の文体に支えられたよしもとばななの作品であるが、上に述べたように少女漫画的展開に慣れてしまった私にとって、やはり物語の構造がつかみづらい。事件が全くないわけではなく、主人公の心理が最終的には変化していっているのはわかるが、いつのまにか知らない間に変化し、物語が終わっている、と感じてしまうのだ。ある事象をその独特の文体で描くことによって、奇妙な浮遊感を生み、読み手に曖昧なイメージを与える。特に小説中のあらゆる場面で数多く心理描写がされているが、それが文体の効果によって、つかみどころなくひたすら流れるように感じられるのだ。

よしもとばなな作品は主人公の心の成長や回復を主にした作品が多い。(『キッチン』『哀しい予感』など、特に初期作品に多く見られる傾向)物語の展開だけではなく、主人公の心理の変化が作品の構造を支えていると考えられる。ここで主人公の心理を数値化しグラフ化してみると、つかみづらいと感じていた主人公の心理の動きが、目に見える形で明らかになるのではないか。どのような心理が、どのように変化し、物語を支えているかについて、検証してみたいと考えた。

本稿では、主人公の心理に注目し、その推移をグラフ化する作業を通して、よしもとばなな小説作品の構造の特徴をみていく。

 

 

第一章 課題解明の方法

 

 

心理をグラフ化するまでの作業手順は以下の通りである。

 

 

1. 文章中から読み取れる心理を、感情語に抽象化する

2. 感情語をさらに抽象度の高いカテゴリーにあてはめる

3. カテゴリーごとに定められた数値をもとに、グラフ化する

 

 

以下は、この作業方法の詳しい説明を行う。

 

 

第一節 心理を抽象化する作業について

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/801/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部