首页 日语论文 爆買いという現象について

爆買いという現象について

要  旨   小論では、爆買いという現象を巡って、まず、爆買いの概要について説明する。そして、爆買いという現象につながる原因について分析する。また、「訪日外国人消費動向調…

要  旨

 

小論では、爆買いという現象を巡って、まず、爆買いの概要について説明する。そして、爆買いという現象につながる原因について分析する。また、「訪日外国人消費動向調査」によって、爆買いという現象は日本経済と社会にどのような影響を与えるかについて研究する、さらに、この現象はいつまで続くかについても検討を行うことにする。

こういう研究を通して、近年、円安・元高の影響、消費税免税制度の改正、中国人に対するビザ発給要件緩和及び日本製品のよい品質と性能という原因で、爆買いという現象を引き起こしたということが分かるようになってきた。そして、爆買いという現象は日本経済に積極的な影響を与えていると共に消極的な影響も与えている。さらに、日本社会にも歓迎できない影響を与えているという結論が出る。今後、中国人の爆買いの勢いが日々弱まっていく可能性があるということが予測されることができる。

 

キーワード:爆買い、消費動向調査、爆買いの勢い

 

 

摘  要

 

    本论文围绕“爆买”这一现象,首先阐述“爆买”一词的概要,然后分析“爆买”现象的原因,再根据《访日外国人消费动向调查》来研究“爆买”现象会给日本的经济和社会带来什么样的影响,最后探讨“爆买”这一现象会持续到什么时候。

通过这一研究,可以明白:近年来,由于日元贬值,人民币升值,消费税免税制度的修改,对中国人签证政策的放宽以及日本产品的优良品质和性能的原因,从而引起了“爆买”现象。还可以得出结论:“爆买”这一现象对日本经济造成积极影响的同时,也会造成消极的影响。而且对日本社会也会带来不良影响此外,还可以预想到今后中国人“爆买”的势头有可能会日益减弱。

 

关键词:爆买  消费动向调查  爆买势头

 

はじめに

 

2015年春節から、日本で中国人観光客が大量に商品を購買するという現象が出てきた。この現象をさらに正しく解釈するために、爆買いという言葉が作られた。爆買いとは、中国人観光客が日本を訪れ、一度に大量に買うことを表す言葉である。この言葉は一夜にして両国で話題となっている。

小論では、まず、爆買いという現象の概要について説明したいと思う。そして、爆買いという現象につながる原因について分析する。また、爆買いという現象が日本社会と経済にどのような影響を与えるかについて研究する、さらに、この現象がいつまで続くかについても検討を行うことにしたいと考えている。

こういう考察と分析を通して、爆買いという現象に対してさらに深く理解することができるということを期待している。

 

1.爆買いという言葉の概要

1.1爆買いという言葉の意味

 

爆買いとは、別に特別な行為を指しているというわけでなく、一度に大量に買うことを表す言葉である。主に訪日した中国人旅行者が大量に商品を購買することに使われ、2014年ごろまでに定着された。2015年の春節と2015年の国慶節の休暇に、大勢の中国人が日本へ旅行に行き、値段の高い商品から生活用品まで色々な商品を大量に購買する姿や様子を「爆買い」という言葉で表して、たくさんの日本メディアに使われている。中国国内のメディアによって2015年の春節の間、訪日した中国人観光客は約45万人に達した。消費額は約66億元で過去を記録し、それが日系企業にとってビジネスの機会となっている。そして、この言葉は2015年新語流行語大賞の年間大賞に選ばれた。

 

1.2爆買いという言葉の歴史

 

「爆買い」という言葉は、ニュースや新聞などの中では、2015年の春節の頃から、たくさん使われるようになったが、テレビの中ではそれ前よりすでに使われていた。実は中国人が商品を大量に購買するという行為は2008年ごろから目立つようになってきた、そして、2009年9月9日にはフジテレビ放送の「スーパー特報/旋風拡大ニッポン“爆買い”現場中国人団体ツアーを追え」において「爆買い」ということばが出てきた。また、個人ブログにおける「爆買い」ということばがそれ前からすでにあったということが証明された。そのあと、2010年1月12日に日本テレビ放送で「密着! 中国人旅行者現金飛び交う“爆買い”ツアー」が、7月5日テレビ朝日放送で「中国人が大挙来日! 美術品“爆買い”ツアーで現金飛び交う」が放映されていて、そのあとも定期的に報道されている。

爆買いという言葉は、中国資本による日本都市部での不動産投資にも使われている。特に大量ではないが、大きな買い物でも現金で支払われるということから呼ばれている。また、円安の影響のため、シンガポール、香港、ロンドンなどのほかの都市と比べれば、割安感が増したことと、多くの新築物件の魅力となっている。そして、東京や大阪などへの購入者のためのツアーも組まれている。 2015年4月30日、NHK放送の『所さん!大変ですよ』においては、「文房具“爆買い”騒動の謎」をテーマにして、品質が高く使いやすいチョークを製造していた羽衣文具の廃業が公表されたことを発端として、2014年10月に日本各地でチョークの爆買い騒動が起こったと報じられた。日本国内で備品として確保しようとする教育機関と教員による買い占めが相次いだばかりではなく、スタンフォード大学のブライアン・コンラッド教授を中心としたアメリカの数学者たちも、約200人で1トンのチョークの在庫を共同購入した。[1]

 

1.3近年日本を訪れる外国人旅行者の事情

 

近年、日本を訪れる外国人観光客の数が続けて増加している。日本政府が誘客のために経済成長戦略として力を入れている。2013年に初めて1000万人を突破したその数は、昨年(14年)は約1341万人に増え、今年(15年)は11月末で約1796万人になった。この数はすでに昨年1年間を上回っている(数字は日本政府観光局(JNTO)調べ、推計値を含む)。さらに国土交通省は22日、19日時点で約1900万人を超えたということを発表した。

この訪日ブームの主導者は中国人旅行者である。昨年は約240万人で、その前の年に比べて83%増となり話題となってきた。そして今年は11月までで、その数は超えられて、約464万人となった、そして勢いは止まらない。国と地域別で見ても第2位の韓国(約358万人)、第3位の台湾(約341万人)を大きく引き離してトップとなっている。[2]



1『チョーク爆買い騒動の謎』 2015年5月4日

[2] 『意外と知らない中国人爆買いの理由』足立研究室 読売新聞 2015年12月25日

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/840/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部