首页 日语论文 日本語の女性の言葉

日本語の女性の言葉

日语中的女性用语 余  强 [内容摘要] 日本民族素以崇尚文化著称于世。在诸多文化事业的发展过程中,日本女性发挥了不可忽视的重要作用。例如,日本的「茶道」和「花道」,源于中国,发展…

日语中的女性用语
余  强
[内容摘要]
日本民族素以崇尚文化著称于世。在诸多文化事业的发展过程中,日本女性发挥了不可忽视的重要作用。例如,日本的「茶道」和「花道」,源于中国,发展至今又领先于中国,究其原因,除了为社会所普遍重视之外,日本女性专于此道也是其中重要的原因,她们经过长期实践、不断创新,才发展成今天的规模。如今,日本的著名茶道家和花道家多是女性,就足以说明这一点。同样,在语言文化发展方面,可以说日本女性也作出了不可磨灭的贡献。
众所周知,日语语言的表达方式存在着男女性别上的差异。所谓女性语,即女性常用的语言及其相应的表达方式,它是与男性所使用的语言相对应而产生的概念。语言有男女性别之分,是日语有别与其他语言的明显特点。这种差异由来已久,从日本历史的角度来看,首先是表记差异,男性多用汉字,女性多用假名;其次在文学上形成了男性注重汉诗,女性注重假名文学的局面;在词汇上又出现了汉语和日语在使用上的男女之差。
日语中的女性用语的产生是日本一种社会的必然现象,代表着日本当时社会的价值趋向,反映出使用者的社会心理,是语言使用者出于社会、文化、地位等方面的考虑所表现出来的一种语言现象,它具有丰富的文化历史内涵和深厚的社会现实底蕴。本文将通过以日语为背景,透视日语中的女性用语的产生、特点及发展并进行分析研究,从而提高我们对语言中性别的认识,更准确的用好日语这门语言。

 

 

日本語の女性の言葉
「キーワード」:日本語 女性の言葉 由来 特徴 発展

はじめに
日本の民族がたえず文化を尊重するのは世界に知られている。文化の事業の発展の過程の中で、日本の女性は重要な役割を果した。例えば、日本「茶道」と「花道」、中国から源を受け継ぎ、今日までの発展過程を見るに中国より進んでいる。それは、社会で普遍的に重視されたほか、日本の女性ももっぱらこの方面で力を尽くしたからである。彼女たちが長期の実践を経て、絶えず新しいアイディアを打ち出して、やっと今日の規模に発展するようになった。今のところ、日本の有名な茶道の大家や華道の大家は女性が多い。この点は十分に説明できている。同様、言語文化の発展に、日本の女性も欠かすことができない貢献をなしたと言える。
周知のように、日本語の言語の表現方式は男女の相違が存在している。いわゆる女性言葉、つまり女性の常用する言語と相応する表現方式である、それは男性の使っている言語に相対して発生したのである。男女の区別があり、日本語が他の言語と明らかに違う特徴である。このような相違は昔からそうである。日本の歴史から見ると、まずは表記の相違であり、男性は漢字をよく使い、女性は仮名文字をよく使う;その次に文学の上で男性は漢詩を重視して、女性は仮名文字の文学を重視する局面を形成する;語彙の上でまた中国語と日本語の使用の上の男女の差が現れた。

一 「女性語」の由来
日本の史料によると、女性言葉は一番早く平安時代に現れたそうである。その頃、選び出された何んかの皇族の未婚少女が伊勢の神宮に派遣され、祭りなどの行事に従事した。これらの敬虔な女性は神宮が神聖なところだと思い、直接に宮内の物品の名称を直接言うのは神霊をけがして災害を招くことになり、しかし、男性の言葉を使えば、下品で清なく、同じく神を冒涜して、良くない結果になるかもしれないと考えられた。こうして、祭祀活動の中でいくつかの代用する語句を創造して、それに宮の中で女性の間で広く使われる。彼女たちが「斎宮」に住んでいたため、「斎宮」は彼女たちの別称になり、後代の人はこれらの女性の間でもっぱら使われた代用言葉を「斎宮忌言葉」と称する。その頃の女性の代用する語の数量は多くなく、主に内七言と外七言に分けられる。
内七言は祭祀活動と関係がある。例えば:「中事」(佛)、「染紙」(经)、「阿良良歧」(塔)、「瓦葺」(寺院)、「髪長」(僧侣)、「女発長」(原始)、「片膳」(斋)など。
外七言は雑物と関係がある。例えば:「奈保留」(死)、「夜须美」(病)、「塩垂」(笑)、「阿世」(汗)、「菌」(肉)、「壤」(墓)など。
上記の「斎宮忌言葉」は最初の「女性語」である。その時使われた「女性語」の目的はタブーとしてはっきりしている。数量から見ると、少なく使う範囲もかなり狭い。しかし、その発生は深遠な歴史的意味を持ち、後の日本語の言語の発展、特に言語を浄化するに重大な影響を与えた。室町時代まで、女性の用語はまた仮名文字の文学の影響を受けて、努めて美しく、婉曲で、含蓄があり、それを女性の教養の高低の標準として評価し、女性自身もこれが美徳だと思っていた。このように、上層の女性の中で、女性の専用言葉を形成した。つまり「女房言詞」である。「女房」は宮中で職務につく女官のことであり、彼女たちは神霊の敬虔な心理を信奉するから、宮中の雑用、食品、ツールと日常生活の用品などに対して、できるだけ婉曲で、人を引き付けて、含蓄のある言い方を採用する。例えば:「餅」を「かちん」と称して、「水」を「お冷やし」と称するなど、このような言い方の主な特徴はもとの語に接頭語「お」を付け加え、それによく簡略な言い方を採用する、例えば:「おひやし」を簡略化して「おひや」になり、「おでんがく」を簡略化して「おでん」になり、「おこわめし」を簡略化して「おこわ」になる。これらの言語は女性が口頭で言い、人を引き付けて、耳に心地良く、特に女性の特有な動作あるいは表情が付隋しており、ますますやさしさ、上品なように見える。その時すでに固定してくる女性の用語は多く、例えば「おめか」、「おかべ」、「おいしい」、「おしたじ」、「おなか」、「おしめり」、「おひろい」、「あおもの」、「かうのもの」、「よるのもの」、「かもじ」、「おはもじ」、「すもじ」、「ゆもじ」、「おつけ」などである。
江戸時代になると、これらの「女房言詞」は宮中から「幕府の大奥」に伝わり、そして急速に受け入れられて、上層の言語として広範に伝わり。明治時代以後、上層社会の女性に受け入れられた。
その時「女房詞」、実際に女性の間の符丁で、しかし婉曲な言い方を採用したため、ぎこちない漢語を避けるから、最も女性の美徳の含蓄ある上品な言語を表現することができてくるのだと思われて、そして急速に普及する。それによって、優美な日本語の発展のための基礎が打ち立てられた。
「女房詞」は語をつくる上に一つの特徴を形成した。つまり接頭語「お」と拡張子「もの」あるいは「もじ」などである。このようなは形態論をつくって、いくつかのぎこちなくて、にぶい語句を軟化させる。特に女性の口から、心地良い感じを人に与えることができて、女性の魅力が増加した。それから、このような方式で創造される語彙が次第に多くなり、使用範囲がますます広くなり、日本の都市と農村の至る所、広大な女性に受け入れられ,彼女たちはこれら美化言葉を好んだのである。特記すべきなのは、接頭語の「お」の語句は美化の中で最も多く

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/871/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部