首页 日语论文 日本における猫文化

日本における猫文化

日本における猫文化   内容简介:猫是优雅、可爱、美丽的动物。作为宠物在全世界都很受欢迎。特别是在日本更是被大家宠爱和饲养的对象。镰仓时代,为了保护佛家经典免遭耗子的啃咬…

日本における猫文化

 

内容简介:猫是优雅、可爱、美丽的动物。作为宠物在全世界都很受欢迎。特别是在日本更是被大家宠爱和饲养的对象。镰仓时代,为了保护佛家经典免遭耗子的啃咬,猫从中国带到了日本。因为猫独特的魅力、和日本人相似的性格等原因得到了日本人的喜爱。现在日本猫的饲养数量已经超过了960万只。而且,与猫有关的谚语、文学作品、漫画、电视剧、动画片等更是数不胜数。另外,面向猫的食物、澡堂、医院等服务也是多彩多样。猫已经不再单纯的作为一种动物而存在,它已经演变成了一种文学现象。本论文通过了解日本猫文化的发展历史、背景等,尝试分析猫文化在日本产生的原因。进而来促进对日本文化、日本民族的了解。

关键词:猫 宠物 性格 猫文化

 

本文

一、日本における猫文化の歴史発展

猫、食肉目ネコ科の家畜である。ネズミを捕まえるのが上手なので、5000年前から、猫を飼育し始めた。優雅で、動作が調和で、暗い環境でも自由に動けるハンターである。

文化は人間が昔から今までの間に豊かで幸福な生活を築くために地上に作り出したもの。したがって、猫文化が以上の猫の生物特性を除いて、猫と関わる一切の人類活動と定義されている。

 その故、日本の猫文化を言うと、日本に猫が初めてあった時に遡らないといけない。資料によって、仏教の経典をネズミに噛ませないように、およそ奈良時代に遣唐使は中国から猫を仏教の経典とともに日本へ持ち込んだ。鎌倉時代に、中国の南宋から猫を輸入して、仏教の経典をネズミから守ってさせる伝説もある。その時、猫の数が少なく、日本皇室成員たちだけは猫を飼う権力がある。猫は権勢の象徴で、日本民族は猫に尊敬の意を持っている。平安時代に入って、猫は貴族の愛玩物として珍重されて、文学作品の中で、猫の姿が登場し始めた。そして、江戸時代になって、日本で猫が祟って人の身に付着した伝説ができた。猫は神秘な雰囲気に包まれて、迷信や偏見と混同されて、人々に神格化された。この時代にぼんやりしている猫文化の原形が形成した。色々な説話があって、猫は本番に文化の舞台にデビューしたのである。今、全世界でも有名である招き猫がその時代の産物である。そして、明治時代に入って、猫を飼うのが盛んになって、猫についての文学作品もたくさん出てきた。その中で、夏目漱石の『吾輩は猫である』がその代表文学作品である。また、現代の日本で猫がたくさんいて、猫についてのドラマ、アニメ、漫画などが山ほどある。猫文化は既に日本人の色々な方面に染み付いている。

二、猫文化は日本人の生活面での体現

 現代になって、猫はその「ネズミを駆逐する」という本来の役割から離れた。ペット、更に家族の一員として存在するようになる。全世界では、猫がたくさん飼われていて、可愛がられている。特に、日本人は猫が大好きで、たくさん飼いている。その故、猫がもう日本の生活の様々な面に染み付いている。

 

 1、猫は現代日本における生活現状

2013年、全国犬・猫飼育実態調査の結果によると、日本960万匹ほどの猫が飼われている。平均飼育頭数は1.74匹である。この数から、日本人は猫をとてもかわいがることが見られる。また、数の量が多いだけでなく、家で飼育されている猫たちは随分いい外遇を受けている。猫に向く病院、湯屋、旅館、飯などがたくさんあったばかりではなく、猫保険と葬式会社さえできたのである。日本で、一匹の猫が生まれるから、死ぬまで人類のような待遇受けられるといっても過言ではない。それから、猫は日本人の生活でどれほどの重要な地位を占めていることがよく分かる。

 

 2、猫文化が日本人の生活の色々な面での体現

1)風靡全国の猫喫茶店

日本で猫がとても好かれているので、以上の述べたように猫に様々なサービスを提供している。その代わりに、猫文化は日本人の生活にも深い影響を与えている。猫喫茶店がその典型的な代表である。報道によると、猫喫茶店は2004年日本大阪で初見して、その後だんだん流行になる。その喫茶店で通勤しているのは普通3歳以下の健康で、穏やかで、温順な猫である。一部の大きな猫喫茶店がよく二つ領域に分けられていて、一つのは猫がなくて、お客さんにコーヒーを提供する。もう一つは、猫を提供して、お客さんが猫とともに遊べる。このような喫茶店は猫が好きで、色々な原因で飼われない人々に猫を親しむチャンスを提供して、とても人気がある。

 

2)猫の島

日本愛媛県大洲市に青島という島がある。青島には、漁師4名を含む50歳代から80歳代の島民15名に対して、猫が100匹以上も生きている。2013年9月に青島での猫の生態を撮影した写真がブログなどに転載されたことで一躍注目を集めるようになり、猫好きの観光客が猫目当てに次々と訪れるようになった。「猫好きにはたまらない楽園」とも評されている。

 

3)招き猫

招き猫を言うと、日本ではなく、全世界でもよく知られいていて、好かれている。特に、商売をしている人々に縁起物と見られている。この全世界でも有名である招き猫の誕生地は日本である。日本では、その由来について色々な伝説がある。今東京の今戸神社では、招き猫発祥の地のひとつとして縁結びと結びつけ自ら名乗りをあげている。本殿に2匹の大型の招き猫が祀られている。また、そこで2匹の連ねている縁結び猫が売られている。

また、豪徳寺はもう一つの招き猫の発祥の地と認められている。その寺の中で、ところどころは参拝者に祀られている招き猫である。猫寺とも呼ばれいている。猫は既に、一種の財と情の文化の印になっている。

 

4)日本漫画、ドラマおよびアニメなどの中での猫たち

日本猫のキャラクターを言及すると、ハローキティを言わないといけない。1970年初期、サンリオ会社が消費者調査を行って、その結果によると、日本で最も人気があるキャラクターの中でその一つは猫そうだった。その調査に基づいて、ハローキティはキャラクターとして、1974年に誕生した。その後、とても盛んになってきた。ハローキティの写真の付いている商品は普通の文具以外、携帯電話、ティシュ、飴などさまざなな用品が出てきた。それに、日本だけではなく、国外でも流行っている。

ハローキティだけではなく、今まで全世界でとても有名であるドラえもんも日本から出たきた物である。その可愛い形象はできた途端、日本で速く盛んになった。それに、有名な映画監督、アニメーター、漫画家の宮崎駿は猫について作った作品の『となりのトトロ』、『猫の恩返し』などの中で出てきた様々な猫たちが大変好かれている。また、『夏目友人帳』、『猫侍』など猫を主題として作ったアニメとドラマも日本人は猫が好きという特徴をよく表している。

 

三、猫文化が日本に繁栄する原因

 以上のことによって、日本人は非常に猫が好きということがよく分かるようになる。しかし、なぜ日本人はそれほど猫が好きだろう。それはいくつかの原因がある。

 1、ネズミを駆逐する役割

 みんなの知っている通り日本は稲を植える国である。日本に猫がいる前に、日本の農民たちは水稲を噛むネズミを処置する良い方法がないので、大変困っている。だから、ネズミを駆逐できる猫は日本の農民にとって、まるで神様のよう存在である。日本民俗の中で、猫は神に通じる動物と思われている。最初、皇室だけは猫を飼う権利があるので、猫が権勢と皇室の象徴である。また、日本民族はその舶来品への崇拝という心理も存在していた。それらは猫および猫文化が日本人に好まれる根本的な原因と思う。

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/911/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部