首页 日语论文 日本の歌舞伎と中国の京劇との比較

日本の歌舞伎と中国の京劇との比較

日本の歌舞伎と中国の京劇との比較 要  旨    中国と日本は一衣帯水の隣国である。日本の歌舞伎と中国の京劇は両国で最も代表的な伝統戯曲の一つである。京劇は中国の「国粋」芸術と見な…

日本の歌舞伎と中国の京劇との比較

  

 

 中国と日本は一衣帯水の隣国である。日本の歌舞伎と中国の京劇は両国で最も代表的な伝統戯曲の一つである。京劇は中国の「国粋」芸術と見なされ、近代中国戯曲の代表であるが、歌舞伎は日本の「国宝」と見なされ、日本特有な戯曲であり、日本伝統芸能の一つである。京劇の出現は歌舞伎より二百年近く遅れたが、中日両国でもっとも代表的な伝統芸術として、両者はたくさんの共通点があり、アジア文化の共通性の一面を反映した。もちろん、違う民族の芸術として、両者はそれぞれ文化の個性と真髄を体現した。本文は京劇と歌舞伎との比較を通して、中日両国の伝統文化、特に戯曲文化に対するの認識を深め、両国の文化交流を促そうと思う。

 

   

 

キーワード歌舞伎 京劇 共通点  相違点

中日两国一衣带水的邻邦。日本歌舞伎与中国的京剧是两国最具代表性的传统戏曲之一。京剧被视为中国的“国粹”艺术,是近代中国戏曲的代表、而歌舞伎被称为日本的“国宝”,是日本所独有的一种戏剧,也是日本传统艺能之一。京剧的诞生比歌舞伎晚了将近两百年,但作为中日两国最具代表性的传统艺术,两者却有很多相似之处,反映了亚洲文化共性的一面。当然作为不同民族的艺术,两者又体现着各自文化的个性和精髓。本文将通过京剧与歌舞伎的比较,加深我们对中日两国传统文化特别是戏曲文化的了解,促进两国文化交流。

 

 

关键词:歌舞伎  京剧  相同点  不同点

 

 

 

一、序論

 

中国と日本は同じく東アジアに位置する。歌舞伎は深い日本情緒を持ているが、中国の文化および芸術との間に切っても切れない関係がある。そのため、歌舞伎と京劇は「東方伝統的芸術の姉妹」と見なされた。京劇と歌舞伎はいろいろな共通点もあれば、本質的な相違点もある。この共通点は東方文化の共通性を示すだけでなく、日本文化の受容性も体現した。外国の長所を幅広く取り入れた受容性からこそ、歌舞伎と京劇の本質的な相違点が生まれ、両者の独特な個性と品質を表したのである。

 

二、本論

 

1. 歌舞伎と京劇の紹介

1.1 歌舞伎:日本固有の演劇で、伝統芸能の一つである。1965年4月20日に、重要無形文化財と指定された。2005年にユネスコにおいて傑作宣言され、2009年9月に無形文化遺産の代表一覧表に記載された。歌舞伎の元祖は、「お国」という女性が創始した「かぶき踊」であると言われている。「かふきをとり」という名称が初めて記録に現れるのは『慶長日件録』、慶長8年5月6日の女院御所での芸能を記録したものである。お国達の一座が「かぶき踊」という名称で踊りはじめたのはこの日からそう遡らない時期である。1953年2月1日、NHKテレビジョンの放送が開始された。同日同局が日本のテレビ史初の番組として放映したのが歌舞伎番組であった。

1.2 京劇:京劇とは中国の伝統的な古典演劇である戯曲の1つである。清朝の乾隆55年、中国南方の4つの徽劇班「三慶班」「四喜班」「和春班」「春台班」は北京に来訪する。もともと存在いていた「秦腔」という演劇は徽劇班に人気を奪われ、両者が融合した。道光8年前後、湖北劇団が北京に進出し、漢調を特色とした演劇は安徽省発祥の劇団にも影響を与え、独自の演劇へと発展して行った。その後太平天国の乱などで南方の政情が不安になると南方の劇団が北京に集まり、さらに西太后の手厚い庇護を受け北京独自の演劇として一層の発展、熟成がなされた。清末になると「四大名旦」と呼ばれた梅蘭芳、程硯秋、尚小雲、荀慧生の4人の俳優が上海での近代演劇を取り入れた演劇に触発されながら、京劇に一層の洗練がなされた。その後、中国の伝統文化として見直され「国劇」と呼ばれるように至った。

                                              

2. 歌舞伎と京劇の共通点

2.1 化粧:京劇も歌舞伎も独特で、複雑な化粧を利用して演じる。京劇の俳優の顔化粧はくまどりと呼ばれ、人物作りの重要な一部分であり、民族的な特色を表した。これは写意と誇張の芸術であり、大げさな鼻や口や目を結んで顔の表情を示した。

京劇の中で、生、旦、浄、末、丑はそれぞれ定まるくまどりと色彩がある。これを通して、人物の性格を強調し、「勧善懲悪」という芸術的な機能がある。視聴者はくまどりを見ると、この人がよいか悪いかすぐ分かる。そのため、くまどりは俳優の「心の画面」と呼ばれる。京劇と比べれば、歌舞伎の化粧は少し簡単である。目覚しい特徴は俳優はブラシで顔、首、手を白色に塗り、それから顔でもう少し飾りつけ、例えばチークと口紅を塗り、可愛くてあでやかな女性人物を作り出すということである。両者の化粧は俳優とともに出現した舞台上の生きている芸術であり、欠くことができない。

2.2 俳優:京劇の男旦であれば歌舞伎の女形であれば、男性の声を変えることを前提条件とする。女性を真似した技巧を通して、男性から女性に近づき、それから女性キャスタを演じ、最後視聴者の心の女性人物と一致する。この極端の現象は俳優が自我制限を越えた奇跡である。京劇における旦の発展の歴史で、梅蘭芳はマイルストーンのような存在である。世を去ってもう50年余りであるが、今まで梅蘭芳は相変わらず旦の芸術の最頂点を代表している。彼は継承することに上手で、歌と踊りを完璧に結び、京劇の美の形式及び内容を表してきた。日本の芳沢菖蒲はこういう言葉を言ったことがある。「女形の演じることに、一番基本的なのは女性の趣があり、日常生活でも少女の趣を維持し、永遠に若くて美しい心を持ち、女性の心と姿を味わい、また舞台に用いるということです。」つまり、女形俳優は女性を真似るだけでなく、日常生活でも女性に近づき、裏から表まで女性の美を捉え、味わわなければならない。それから誇張の技巧で理想的な女性イメージを作り出す。京劇の男旦であれば、歌舞伎の女形であれば、国内外の視聴者は彼らに魅了された。

2.3 発展の現状:今まで、京劇も歌舞伎も百年に亘った。昔の輝きは今から見れば昨日の花火のように触ることができなくなった。京劇で、たくさんの流派は既に失った。社会原因で、京劇俳優は薄っぺらな知識を得たのに、有名になったので、続けて進学することは不可能になった。歌が上手な人もあるけれど、自慢なので昔の俳優の歌い方を変えるので、こうすれば、歌が上手であっても、見えない。このほか、名家は少なくないと言えるが、戯曲は一種の舞台芸術として、視聴者こそはその命である。今京劇の視聴者は主に中高年者なので、視聴者は次第に少なくなった。

同じく、歌舞伎は分かりにくい。鑑賞するとき、それに関する知識と説明が必要である。そのため、視聴者は大いに減少した。京劇、歌舞伎はそれぞれ中国と日本の「国粋」、「国宝」として様々な苦境に直面し、各自の発展方向を考えなければならない。

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/917/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部