首页 日语论文 レポート-「里やま」について

レポート-「里やま」について

テーマ 「里やま」について、以下のキーワードを入れて、1500字程度で説明しなさい。 キーワード: 雑木林、循環型農業、モザイク、生物多様性、薪・炭、「里やま」保全   …

テーマ

「里やま」について、以下のキーワードを入れて、1500字程度で説明しなさい。

キーワード:

雑木林、循環型農業、モザイク、生物多様性、薪・炭、「里やま」保全

 

大辞林によれば、里やまは、集落の近くにあり、かつては薪・炭用木材や山菜などを採取していた、人とかかわりのふかい森林と定義されている。里やまは、コナラ・クヌギ・クリ林などの広葉樹で構成された二次林(雑木林)である。日本の農山村には生産と生活の中から、村(集落)、耕地、ヤマ(里やま、山、奥山)によって造り上げられたモザイク状の空間構成であった。この空間において多用な動植物が共生しており、人が自然から大きな恩恵を受けてきた。昔から、農家はこれらの雑木林をうまく利用してきた。例えば、ガスや電力が広く利用される前に、農家は木材を伐採して木炭を作ったり、枝または葉を直接的に焚き付けたりして、雑木林は重要なエネルギー源であった。また、落ち葉や下草は堆肥づくりに使われており、耕地に施す重要な有機肥料であった。そのほかには、木材が、椎茸を栽培するためのほだ木として利用されることや、笹をとって目籠などの細工物を作ることなどの用途もある。

上述したとおりに、里やまは昔から、そのあたりに暮している農家に、食材、原材料、エネルギー資源を提供してきた。これは、自然の供給サービス機能と称されている。供給サービスのほかに、自然は調整サービス、基盤サービス、保全サービスと文化的サービスという役割も果たしている。調整サービスとは、気候調整(光合成による二酸化炭素吸収を含む)、洪水制御、廃棄物の分解と無毒化などを含める。基盤サービスは、栄養循環・土壌形成、作物の送粉と種子の拡散、水と空気の浄化、伝染病の防御などの機能を指す。保全サービスは、資源利用の確保(遺伝的多様性および種多様性の維持)、災害に対する備え(傾斜地崩壊の予防など)を含める。文化的サービスは、文化的・知的・精神的な刺激、レクリエーション・エコツーリズム、科学的発見といった機能を指す。

生物多様性は、遺伝子レベルの多様性、種レベルの多様性、生態系レベルの多様性という3つのレベルに分けられ、その中で、生態系レベルの多様性保全は最も重要であるとされている。里やまには、多種多様な動植物が共生しており、昔から、農家に食材とエネルギー資源、子どもの遊び・学び・成長の場所を提供してきた。したがって、今日の現地住民、政府、機構にとって、「里やま」保全は至大の意味がある。

「里やま」保全には、循環型農業が提唱されている。循環とは、様々なレベルにおいて異なった意味もある。例えば、物質または産物利用という側面からみれば、余りところなく利用するというスローガンが掲げられている。具体的にいえば、木材が、ほだ木として椎茸栽培に利用され、薪炭として燃やされた後に、堆肥といった方法で土壌に形成するというように循環している。また、雑木林の木に着目すれば、15~20年にわたった循環もある。クヌギやコナラなどの木は、伐採しても切株から芽をだして再生し(萌芽更新)、数年で再利用できる太さまで成長できるという特徴がある。そのため、木を伐採してから、2~3年後にひこばえが大きくなり、2~3本を残す、いわゆる「もやわけ」をした後の15~20年間に下草刈りや、落ち葉はきで、その枝、落ち葉、下草を堆肥づくりなどのために利用できる。最後にその木材を伐採できる。その後に、再び切株からひこばえが生え、新しい循環が始まる。こうして、1本の木をみれば、20年程度に1回しか木材を伐採できない。ところが、林をみれば、林をいくつかの区画に分けて少しずつやれば、薪や、木材がきれめなく供給できる。その上に、里やまのなかに暮している多様の動物にとっても生活の環境に大きな変化がなく、動植物の共生をうまく維持することもできる。

本文来自网络,不代表论文库立场。转载请注明出处: http://www.lunwenku.com/riyu/997/
上一篇
下一篇

作者: 论文库

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部