日本人の曖昧語について

论文库
论文库
论文库
1058
文章
0
评论
2021年10月23日20:57:39 评论

   日本人の曖昧語について

 要旨 :
日本人は曖昧な言語を喜ぶから、食い違いを隠すには、問題の実質を回避して、衝突に矛盾の激化を避ける。曖昧語は日本文化中の最も重要な特点の一つで、日本社会のいろいろな特徴を発見すべきである。本文は日本語を持って背景として、言語のこの鏡によって、日常生活中のあいまいな表現を描写し、さらにあいまい語を生じる原因を分析する。従って、日本の伝統文化を尊重し、日本人は含蓄で、「和を以って尊重する」の性格の理解する。
キーワード :曖昧語  日常の表現  原因 文化の尊重

 1 はじめに
芳贺は「日常言語では、語て他の語の意味の境界,けじめがはっきりしなかったり、一つの語の意味内容が確定しにくかったり、あいまいである。」という。(1996.1)これは曖昧語の定義であろう。日本人はよく曖昧語を使っている。曖昧性は日本言語の重要な特徴だけでなく、日本人の伝統生活の態度を反映する。同時に日本民族の文化個性および生活倫理も反映する。
曖昧語の特色は、婉曲であり、含蓄があり、人々に愉快的、優しい人間関係を持つので、日本人は大好きだ。しかし、多くの外国人は理解できない。実は、世界的範囲から見えば、中国語でも、英語でも、曖昧な表現のない言語はどこにも存在しないように思うが、ただ日本人は特に曖昧語を喜ぶ。
どうして日本人はそんなに曖昧語が好きなのか、ここでは日本人が普段何気なく使っている言葉を例に日本人の曖昧さを捉えていく。

2 日常会話の曖昧の表現 

2.1挨拶の類
日本人が町で知人と出会いの時は、常に公式化したあいまいのあいさつの語を使用する。たとえば、
A:こんにちは。おでかけですか。
B:こんにちは、ちょっとそこまで。
A:そうですか、気をつけて。
B:どうも。
その会話での表した「ちょっとそこまで」中の「そこまで」はいったいどこかわからない。答え者のBははっきりと言わない。それと同じように尋ねるAの人は実際にBの人がどこへ行くことか質問せずに、同様に相手もどこかが行くことがさっぱりわからない。答え者のBも一体どこへ行くかと返答しない。しかも日本人は相手「どちらへお出かけですか」と質問しているのは、決して相手の行き先が知りたいわけではない。ただ知人の間の挨拶する。答え者のBは直ちに心で悟る「ちょっとそこまで」に回答する。こちらの「ちょっとそこまで」、実は「ご心配なく」の同義語であろう。相手に自分で行くの具体的場所を告げることがない。したがって、問い者は相手が具体的にどこへ行くかが質問しなく、ただ関心することを示して、こちらが当然で根掘り葉掘り聞いたのではなくて、直ちに「そうですか、お気をつけて」と答える。そのあいさつの仕方は欧米の人にふさわしくない。互に知らない人に使用すれば、相手を怒らせることがかもしれない。欧米の人は個人が「どこへ行くか」というのは完全に私的自由で、問い詰めることは相手を干渉して道理がない行為であろう。各国の歴史と文化背景が違うからそれぞれの民族の間、形成された心理黙契の程度あるいは思惟の方式も違う。

2.2多義語の類
日本人はよく「どうも」を使っている。たとえば、「どうもだめな」、「先日はどうも」、「先ほどはどうも」、「どうもありがとう」、「どうもすみません」、「これはどうも」、「どうも、どうも面倒をおかけしました」などあげればきりない。「どうも」について調べていると、「どうしても」、「いかにすれでも」、「まったく」の三つの意味がある。つまり、仕方がない、どうしてよいかわからない、なすすべがないといったの意味がある。
多義語であるがゆえに、日本人特有な語感、つまり、さまざまな意味をひとつの語句で表現したがために、外国人には曖昧だという印象を与えてしまったのであろう。こんな言葉や表現が日本語に数多く存在している。たとえば、「くやしい」という言葉には、「試合に負けて悔しい」、「彼はやりたい事はやった。悔しい死ではない」などの例がある。あるいは、「しかたがない」という日本語には、「女だから仕方がないんじゃないのといってあきらめてしまう場合もある」「選挙に負けたのだから、文句をいってもしかたがない」「娘がかわいくてしかたがない」などである。
日本語には類似の表現は多いので、あげればきりがない。日本人特有な語感は外国人たちにとって、非常に難しく理解と考えている。
なぜ日本人はそんなに曖昧な言語を好むのだろうか。これから具体的な原因を述べたいと思う。

3.日本人の曖昧さの原因を分析

3.1「以心伝心」の交流方式
「以心伝心」の意味は「思うことが言葉によらず、互いの心から心に伝わること」(広辞苑による)あるいは、言葉や文字を使わないで心から悟った内容を伝えることであろう。日本人は日常生活で、一般的に言うことは曖昧だという印象を与えている。はっきりしなく、含み、婉曲で、これは事実であろう。日本人と話し合うする時に、言葉の中にあらわしていない一部分を理解し、既に、心写真宣「以心伝心」のあの一部分の意味であろう。ときどきに、確かに人に推測し判断し難くする。多義語を広範な使用を見つけることができる。
日本人は明確に態度を表明せずに、あいまいであることを喜び、常々に、食い違いを隠すには、問題の実質を回避して、衝突に矛盾の激化を避ける。だが、言語文字そのものはあいまいで、含み、絶対的に日本の固有のものではない。少しの日本と外国の学者が特に日本を強調するこのあいまいさとロジックに合わない性と、実は、この現象は中国人と他の外国人の言語生活中にも少なくない。ただ日本語はもっと目立つことであろう。
私の考えでは、日本人のあいまいな特徴は日本人が単一の民族から構成した農耕型島国であると関係がある.実は、あいまいであることは、ただ外国人の立場から見るとあいまいさがある。日本人はたくさんのものは前もってすでに文化圏内の常識になるから、何にも話しなくで、すぐわかることができる.しかし、外国人と付き合う時に、彼らは外国人と「以心伝心」を完成しにくいと見つける。それで、多くの人が外国人と付き合いたがらない。どんな事でも全部はっきり話して、白と黒を分けるということは日本人にとって、苦しくと感じている.しかし、現在は経済上で外国と離れられない。だから彼らは外国人と付き合うためにいろいろな努力をしているそうである.
3.2直接的に「いいえ」を話さない民族
日本の公衆のところでは常に耳にするのは「遠慮」という言葉である。たとえば、 「電車中に携帯電話の使用を、ご遠慮ください」の布告。この語の第一の意味は中国語と同じように、「じっくりと考える」の意味もあるが、ただこちらにかえって「電車のなかで携帯電話を使用しない」と理解することが当然だ。日本人は「遠慮」こんな婉曲勧告の型の話しぶりを用いることを喜ぶのに対して、他の言語中に強烈であり直接的話しぶりを用いる表した文型である。こんなにはっきりしない文型はただ恐らく日本人にしか適合しないであろう。
たとえば、中国の公衆場所ではこういう布告がはっきりと書いてある:「空港内に禁煙する」、「痰を吐くことを厳禁する」、「博物館内に撮影することを禁止する」。しかし、日本人が「空港内に喫煙をご遠慮ください」」という言い方に換えて、「痰を吐くのをご遠慮ください」、「博物館内に撮影をご遠慮ください」。しかし、中国人はこれを「喫煙できるが、避けたほうがいい」などと誤解しまう。
「いいえ」を話さなくて、人に直接に拒絶しないで、それで相手に対する傷害を避けられる。だが、直接に拒絶しないとは絶対に拒絶しないというわけではない。それは巧みで丁寧な言い方だから、相手に困らせないと思うわけである。これはいわゆる日本人の特有の特技と物事を処理する技巧で、同様に彼らの集団意識の一種の屈折した表現である.
3.3「和を以って尊重する」の性格
日本人の価値観といえば、もっとも顕著なものは「和を以って尊重する」というものだと思う。この日本人の座右の銘が、日本人社会に同質性と集団性を特徴つけたと思われる。集団の中では、日本人は何よりも「和」を重んじているので、周囲の人や、話の相手に傷つけたり、困らせたり、恥をかかせたりなどといった言語行動を極力避けているのである。この行為を美徳としている日本人の中で、「争わない」、「遠慮する」ことが多い。この「和」は帰納して二点がある:第一は、大和民族の重んじるのは団結することである;第二は、外国文化を十分に吸収し、調和する.日本人は二個の方面で他人の羨望を集めるほど成就を取得する。日本史上の第一部の憲法-「十七条の憲法」中の第一条は、中国論語の中から「和をもって尊重する」を取ったという.これを見たら、日本人は非常に「和」を重視するのがわかった。これは日本人の神通力を持つ宝器であろう。

4 曖昧語の態度について

4.1外国人の態度

よく「日本語はとても曖昧である」という批判を耳にする。これは、日本人社会のみならず、世界にも、もはや定着した見方のように思われる。日本人の行為と態度のあいまいさは誰でも知っている。この言語、行為と態度上のあいまいさは時々外国人の不理解を受け取る。日本人の態度をつかみにくいと感じている.例えば:日本人ははっきり自分の想念を主張しないで、同様に「イエス、ノ」も明確に切り出すことができなく、それで国際時代のものと呼ばれている今日、国と国の間で、人と人が交流が発展しつつあり、多くの外国留学生は日本へ行って日本語を勉強し、直接的に日本人と触れる機会に多くなっている。しかし、仮に非常に日本語を身につけても外国人にとっては日本語の言語の習慣が深く理解できないが、まっすぐに言い表すことをとって、双方が良く交流不能なことの情況が常に引き起す。特に日本語中のあいまい語は私たちにとって理解することが難しい。[あいまい]の意味は「はっきりしなく、曖昧な」、言い表したいと考える事情を直接に言わないで婉曲で言い表し、相手に推測させ、意味を推察させる。これはよく日本語の表す習慣と日本文化を深く理解できない外国人を戸惑わせることになって、誤解することを引き起こすことに至る。

4.2日本文化を尊重する

  • 微信客服
  • 微信扫一扫
  • weinxin
  • QQ客服
  • QQ扫一扫
  • weinxin
论文库
  • 本文由 发表于 2021年10月23日20:57:39
  • 转载请务必保留本文链接:http://www.lunwenku.com/riyu/rylwfw/581/
日语本科论文/留学论文代写服务 日语论文

日语本科论文/留学论文代写服务

日语本科论文/留学论文由本站签约论文老师负责写作,与本站签约为客户进行代写的均为国内外重点大学老师或教授,均有留学经历及多年论文写作经验,可确保论文的质量,完全根据客户的题目和要求进行代写并根据需要提...
现成日语论文购买 日语论文

现成日语论文购买

论文购买说明 一,现成论文来源:每年11月—5月为毕业论文写作旺季,其余时间为需求淡季。我们的写手在写作淡季没有代写任务,这时公司会根据他们自己的喜好急专业特长写做一些论文。这是我们现成论文的来源,现...
日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 日语论文下载

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 摘 要 相扑历史悠久,被誉为日本国技,是日本文化重要的组成部分。相扑运动看似一项粗糙的角力运动,但却有着深刻的精神内涵,讲究谦虚端庄的礼仪和殊死拼搏的精神。它代表着...
匿名

发表评论

匿名网友 填写信息

:?: :razz: :sad: :evil: :!: :smile: :oops: :grin: :eek: :shock: :???: :cool: :lol: :mad: :twisted: :roll: :wink: :idea: :arrow: :neutral: :cry: :mrgreen: