中日両国の端午節の違い

论文库
论文库
论文库
1058
文章
0
评论
2021年10月23日20:59:55 评论

 中日両国の端午節の違い
要旨: 旧暦の五月五日は中国民間の伝統の祝日—-端午の節句であり、それは中華民族の伝統的な祝日である。今でも、端午の節句は非常に盛大で厳かな祝日の1つである。太陽暦の五月五日は日本でも端午の節句であり、日本の伝統的な祝日のひとつである。
両国の端午の節句は起源は同じだが展開が異なり、変化発展する中でそれぞれの伝統文化を体現していったので;両国の祝日の活動に相違が生じた。

キーワード:端午の節句 起源、 記念活動の形式

はじめに:旧暦の五月五日は端午の節句であり、それは中華民族の古い伝統の祝日である。端午の節句は端五とも端陽とも呼ばれる。それ以外にも、端午の節句にはたくさんの別称がある。例えば:午日節、重五節、五月節、浴蘭節、娘の節、天中節、地蝋、詩人の節、竜の日など、名称は異なっているが、各地の人民は祝日を祝う習わしにはやはり相異が多い。中国人民に長く続けられてきた伝統の祝日なので、今では国家の法定の祝日と休日になっている。日本の伝統の祝日の中でも [端午]という祝日がある。ただ時期がちがい、太陽暦5月5日である。その上、呼び方も異なって、 「子供の日」といい、日本の「五節句」の一つである。

二.本論
1、端午の節句の由来
1.1中国の端午の節句の由来
中国の端午の節句の由来に関して、非常に多くの言い伝えがある。たとえば:屈原を記念した言伝え、伍子胥を記念したという言い伝え、 曹娥を記念したと言伝え、三代夏至節に起源し、悪月悪日を避け、呉越民族のトーテムを祭り、女娲を記念するなどがある。以上は、その起源をそれぞれ説明している。学者の聞一多先生は『端午考』と『端午の歴史教育』で百数条の古典籍の記録を列挙し専門家の考古の考証を書き、端午の起源は中国の古代南方の呉越の民族がトーテムの弔いをする祝日を行ったもので、屈原より更に古いとする。しかし千百年来、屈原の愛国精神と人を感動させる詩は、すでに深く人の心に染込み、故人を惜しんで悲しみ、何世代もその意味を議論し、伝えるようになった。そのため、屈原を記念するためというのが、最も広くて深い影響を及ぼした。
民俗文化の領域では、中国の民衆は端午の節句に竜船で競漕して、ちまきなどを食べることなどは、すべて屈原を記念することと関連がある。
1.2日本の端午の節句の由来
端午の節句の起原は、古代中国に遡る。古くから中国では、物忌みの月(5月)には厄払いの行事が盛んに行われていた。端午の「端」は文字通 り「はじめ/最初」の意味で、「午」は「うま」である。つまり端午とは、五月の最初の午の日に行われると言う意味である。最初は必ずしも五月五日ではなかったようである。午と五のゴロが同じであるから、その後、この行事は、やがて重五の日、つまり5月5日が大切な厄払いの日として定着する。日本でも奈良・平安時代には五節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)が取り入れられ、当時五節句は貴族の間では、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事として、よもぎ・菖蒲などの薬草を摘みに野に出たり、その薬草を臣下に配ったり、悪鬼を退治する為に午から弓矢を射たりしたそうである(流鏑馬の原型)。その中の一つ「端午の節句」が後に「子供の日」となった。
2、端午の節句の祝賀活動
2.1中国の端午の節句の祝賀活動
2.1.1竜船を競う
「端午の節句」は中国の名称ではある程度異なっているが、そのことは各地の人民の祝日を祝う習わしにもやはり相異があると全体的に言うことが出来る。
端午の節句には、中国人の二千数年来の伝統的習慣や、地域が広大なためや、民族が多いため、たくさんの伝説を加えられた。そのため民間に様々の異なる節句名を生んだだけではなく、それに应じ各地でもそれぞれそれに関連した習わしを生んでいる。その内容は主に:娘は実家に帰り、鍾馗の写真を壁に掛かけて、鬼船を迎えて、正午を避け、書き付けの正午の葉符、ショウブ、よもきを掲げて、香の袋を身につけ、いけにえに甘酒を用意し、竜船を競い、武芸の試合をし、ボールを打ち、ぶらんこをこぎ、子供に鶏冠石を塗ったり、雄黄を入れた酒を飲む、ショウブの酒を飲む、5つの毒の餅、塩漬け卵、ちまきと季節の新鮮な果物などを食べるなど、色色な活動を盲信して多くは次等に消滅していったが、今なお中国各地に広く伝わって海外諸国にも残っているものもある。一部の活動、例えば竜船レースは新しい発展をとげて、時間、地域の境界線を突破して、国際的なスポーツのレースが行われるようになった。
2.1.2端午は粽を食べる
端午の節句に粽を食べることは中国人民の伝統的習慣である。粽はまた「角のキビ」とか、「筒の粽」とかを昔から叫ばれ、種類は非常に多い。
記載によると、春秋の時期に、マコモの葉(マコモダケの葉)を使ってキビの粒をウシの角の形に包みこみ、これを「角のキビ」と言っている。1メートル位の竹筒に密封してあぶって火を通す。これを「筒の粽」と言っている。後漢の晩期、草木灰の水でキビの粒を液体に浸し、水の中で塩基をくわえ、マコモの葉を使ってキビの粒を四角形に包み、煮ると広東の塩基の水のちまきになる。

晋代になると、粽は正式に端午の節句の食品になる。その頃、もち米以外のちまきを包んで、また漢方薬の益智の仁を添加して、煮て火を通すちまきを「益智のちまき」と言っている。 時人の周処は『岳陽の風土記 』に次のように記載している。「俗にマコモの葉でキビを巻いて、……煮て、5月5日から夏至に食べる。」また、南北朝の時期、様々な粽が現れる。米に禽獣の肉、クリ、赤いナツメ、アズキなどを混ぜて、食材が増える。粽はまた友人への贈り物として用られるようになる。

唐代に至り発展した、粽は米を使って、「白瑩の玉」と称され、その形は円錐形、菱形が現れる。日本の文献では「大唐の粽」と記載されている。宋の時代、「砂糖漬けの粽」がすでにあって、つまり粽は菓子類に入れられる。詩人の蘇東坡は「时于粽里见杨梅」の詩句がある。宋代には粽を食べることがすでにファッション化したと説明する。元、明時期、粽の包みはすでにマコモの葉から小さな竹の葉になったと推測され、後にまたアシの葉を使って包む粽が現れて、原料をふんだんに使っていてすでにアズキあん、ブタ肉、マツノミ、ナツメ、クルミなどが使われたことに加えて、食材は更に多彩になった。今日に至るまで、中国人民が端午の節句にこれらの粽を食べる習慣は一貫して維持されている。

2.2日本の端午の節句の祝賀活動
2.2.1伝説
日本の端午の節句に関して次のような伝説がある。昔、平舒王と叫ぶ君主がいて、一人の不忠実な臣を誅殺した、この奸臣が死んた後、一匹の毒ヘビに変わって、絶えず人を害した。一人の知謀にたけた大臣がいて、頭に赤色のスネークヘッドをつけて、ショウブの酒を手にしての激戦の末、これをまいて、最後に毒ヘビを制圧した。それから、端午の節句に、ショウブを挿し、艾葉をいぶし、ショウブの酒を飲む風習が広く伝わり始め、伝統になって、日本人は“ヨモギの旗は百福を招き、ショウブの葉を千切るのはよくないという”。
2.2.2端午は粽を食べます
「端午の日には粽や柏餅を食べる風習もある。粽を食べるのは、中国戦国時代の楚の愛国詩人屈原の命日である5月5日に彼を慕う人々が彼が身を投げた汨羅江に粽を投げ入れて供養したこと、また、屈原の亡骸を魚が食らわないよう魚の餌としたものがちまきの由来とされる。柏餅を食べる風習は日本独自のもので、柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」縁起物として広まっていった。また、中国語圏では現在も屈原を助ける為に船を出した故事にちなみ、龍船節として手漕舟(龍船あるいはドラゴンボート)の競漕が行われる。
なお、男の赤ん坊をもつ家庭にとっては「初節句」となるため、親族総出で祝われることも多い。5月5日が祝日であり、さらに前後に祝日を伴うゴールデンウィーク期間中にあるため、雛祭り以上に親族総出で祝われる。
3、 中日両国の端午節の関係
3.1時間の関係
日本の端午の節句は平安時代以後中国のから入って来たのである。端午の節句はもともと中国では陰暦の五月初五で、日本で独自の発展と変化を通じて太陽暦の5月5日に落着いた。したがって、日本の端午の節句と中国の端午の節句は時期の設定の上で一定の類似性と関連性がある。
3.2祝賀活動の関係
中国では、端午の節句に、屈原を記念するためにちまきを食べて竜船を競い、同時に、この日にヨモギを魔よけとして挿す風習がある。日本ては、端午の節句は主に魔よけのためにちまきとコノテガシワのかしわ餅を食べるのである。しかもショウブに挿して魔よけとする(ショウブの葉の形が剣に似ている、これを用いて魔よけとする)。日本はまさに万物の生長するこの時期は同時に万病の発生するかもしれない季節である。よって、端午の節句によって万病を避けるのである。ショウブはまた「尚武」と「勝負」の意味もあり、武士道精神と関係つけられている。ショウブは漢方薬で、また悪魔を取り除くことができるを信じられていた。両国が祝賀の方式の上である程度の連関を見出すことができる。この日にちまきを食べることはすべて魔よけと祝福の意味がある。
4、中日両国の端午節の違い
4.1時間の上の違い
端午の節句中国では旧暦の5月初五である、日本では後に太陽暦の5月5日の「子供の日」になった。相違の原因は端午の節句が日本に入った後のその自身の発展と変化の結果である。
4.2祝賀活動の違い
中国の祝賀活動の中で、竜船を競うのはおそらく最も代表的行事で、広範な民間活動であり、最も刺激に富み、壮観な活動である。中華民族の団結と協力を徹底することにも注意する必要がある。日本の祝日では竜船の活動をともなっていないが、その代わりに武士のアイドル、甲冑を飾り、子供の健康な成長を期待祝福する。このように、日本の武士道精神を代代伝えている。それぞれの祝賀活動は両国の文化の相異性を表している。
4.3意義の違い

  • 微信客服
  • 微信扫一扫
  • weinxin
  • QQ客服
  • QQ扫一扫
  • weinxin
论文库
  • 本文由 发表于 2021年10月23日20:59:55
  • 转载请务必保留本文链接:http://www.lunwenku.com/riyu/rylwfw/583/
日语本科论文/留学论文代写服务 日语论文

日语本科论文/留学论文代写服务

日语本科论文/留学论文由本站签约论文老师负责写作,与本站签约为客户进行代写的均为国内外重点大学老师或教授,均有留学经历及多年论文写作经验,可确保论文的质量,完全根据客户的题目和要求进行代写并根据需要提...
现成日语论文购买 日语论文

现成日语论文购买

论文购买说明 一,现成论文来源:每年11月—5月为毕业论文写作旺季,其余时间为需求淡季。我们的写手在写作淡季没有代写任务,这时公司会根据他们自己的喜好急专业特长写做一些论文。这是我们现成论文的来源,现...
日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 日语论文下载

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 摘 要 相扑历史悠久,被誉为日本国技,是日本文化重要的组成部分。相扑运动看似一项粗糙的角力运动,但却有着深刻的精神内涵,讲究谦虚端庄的礼仪和殊死拼搏的精神。它代表着...
匿名

发表评论

匿名网友 填写信息

:?: :razz: :sad: :evil: :!: :smile: :oops: :grin: :eek: :shock: :???: :cool: :lol: :mad: :twisted: :roll: :wink: :idea: :arrow: :neutral: :cry: :mrgreen: