織田信長の多重の性格と政治意図の分析

论文库
论文库
论文库
488
文章
0
评论
2021年10月23日21:29:00 评论

織田信長の多重の性格と政治意図の分析

要旨:本文は織田信長の武力でそびえ立って統一する間の政治意図及び政策が当時の日本社会に対してもたらした影響を中心として討論する。一方で、それらの方針と彼の性格の間の緊密なつながりも検討している。それぞれの方針や繁雑な背景など、一つ一つ詳しく述べるようにしなくて、信長一生の主な事件だけについて議論を展開して研究した。彼の経済と政治の方で当時社会にの影響と作用を分析しているが、戦争の部分は本文の中心ではない。

キーワード:日本の戦国、革命者、六目の天魔王

 

 

概要:本文着重讨论在织田信长的武力崛起和统一过程中的政治意图以及各项政策对于当时的日本社会产生的影响,以及这些决策与他个人性格之间的紧密联系。
其每一个决策,每一场战争背后都有着极其复杂的背景,无法做一一详述,只是就织田信长的一生的主要事件展开讨论研究。重点在于抛析其在经济和政治方面对于当时社会的影响和起到的作用,战争部分不是本文的重点。

关键词:日本战国,革命者,第六天魔王

 

 

 

目  次
はじめに――――――――――――――――――――――――――――1
第一章 信長の家柄及び彼の性格に対する影響―――――――――2
第二章 少年期に初めて握った政権―――――――――――――――3
第三章 「天下布武」の道―――――――――― ――――――――― 4
3.1稲生の合戦―――――――――――――――――――――――――――4
3.2桶狭間の戦い――――――――――――――――――――――――――5
3.2天下布武―――――――――― ――――――――― ――――――――6
第四章 日本統一の道への重大な方策
4.1実権を握る―――――――――――――――――――――――――――6
4.2残忍な佛教政策―――――――――――――――――――――――――6
4.3室町幕府の滅――――――――――――――――――――――――――7
第五章 信長の様々な政策と政治の目的―――――――――――7
5.1 信長の成功の客観的原因――――――――――――――――――――9
5.2―主観的原因とさまざまな政策―――――――――――――――10
第六章  本能寺の変――信長の滅亡――――――――――― ―11
終わりに――――――――――――――――――――――――― ―――13
参考文献―――――――――――――――――――――――――― ――14
謝辞――――――――――――――――――― ――――― ――――――15

 

織田信長の多重の性格と政治意図の分析

 

 

はじめに
織田信長に関して、長い間にずっと興味を持っていて、彼のことを何か書きたいと思う。その人は日本戦国時代での歴史地位は更に大切であるし、織田信長がいないと、日本の近現代の活躍がないと思う。戦国では横暴な野心家が多かった、どうしてただ彼は人に改革者、革命家と呼ばれるのか。彼の乱世中でのそびえ立ったことも消えてなくなったこともロマンチシズムの気持ちを満たしているだけではなく、その開けていない封建的な日本社会にの貢献及びアイドルのような後人に対すしの影響でもあるからであると思っている。彼は研究と探求に値する人である。

 

第一章 信長の家柄及び彼の性格に対する影響

織田信長の幼名は吉法師で、信秀の正妻である土田夫人の子として、1534年に尾張の那古野城でが生まれた。信秀はこの嫡男のためにに家老の林新五郎秀貞・平手中務丞政秀・青山与三右衛門・内藤勝介の四人に師匠と補佐の任を命じた。
しかしこの子供は一般のものとは異なり、まだ襁褓の中いた時、すでに横暴な態度を表した。何度も乳母の乳首をかんで傷つけ、信秀はしかたなく頻繁に乳母を替えたそうだ。
信長は少し大きくなるにつれ、更に新しい物事が好きで、伝統を蔑視したそうだ。いつも奇抜な服装を着たり、同じ年ごろの子供と格闘したりして、領主の継承者としての自覚はどこにもなかったようだ。師匠の一人である政秀と父の信秀、そして何人かの幼時の友達を除いては、ほとんどすべての家の人が信長のことを嫌っていた。
吉法師は四方八方からの敵視、或いは軽視の目つきで注目されながら成長した。1546年、彼は古渡城で元服(男子が成人になったことを示し祝う儀式)になり、三郎信長という実名を与えられた。それからさらに天皇の朝廷に贈り物を捧げることによって、上総介の官職を得、織田上総介信長とも呼ばれていた。
第二章 少年期に初めて握った政権
「信秀殿は疫病に罹り、祈祷や療養を繰り返しても回復に向かわず、ついに天文21(1552)年3月3日、42歳の若さで亡くなられた」注①死ぬまでその他の継承者を指定していないため、信長はすぐ尾張の統治者になった。しかしこの若く新しい統治者は相変わらず乱暴な馬鹿の様子であった。父の葬式にも遅れた。
1553年、カレンダーは天文の22年であった。大変動乱の日本では、尾張は軽視されやすい小さい地方であった。尾張は本州の中南部にあった、京都よりまた数百キロメートルの直線の距離があった。この時織田信長の周りに、今川氏、武田家のような巨大な勢力がある団体があった、北陸の上杉家は間もなく彼らの最も輝く頂点へ発展していたところであった。

第三章 「天下布武」の道
3.1 稲生の合戦
信長の岳父斉藤道三がなくなった後で、信長は援助者を失った。1556年、柴田勝家、林秀貞、林通具などの家臣の扇動で、信行は公然に信長と対抗てしまった。稲生の合戦の後、信長は反逆軍を壊走させて、そして自分の手で自分の弟信行を殺して、それによってしっかりと織田家の指導権をもらった。しかしもっと大きな危機は今なお後にあった。

3.2 桶狭間の戦い
1560年、駿河で最も強大な大名今川義元は4万兵士を率いて、上洛するつもりであったが、本当の目的は途中でその服従しない大名に対して討伐して、強い軍勢で幕府を脅して、将軍をわきに挟んで天下に号令しすためであった、織田信長の尾張国がちょうど上洛の途中にあった。
人間五十年
下天のうちをくらぶれば
夢幻の如くなり
一度生を得て
滅せぬ者のあるべきか
……
これは信長が出征の前に歌った歌であり、自分と今川義元との勝負する決心を表明した、この織田家の運命を決定する桶狭間の戦いで信長は強大な義元が勝って、同時に彼の輝く人生を初めた。

3.3 天下布武
1567年8月、斉藤道三の息子齋藤竜興が勝って、物が豊富の美濃国を得た、美濃国の稲葉山に入った後で、信長はすぐ稲葉山がを「岐阜」と改めた、周文王の“鳳鳴岐山”の例を取って、そして自分のために印鑑を注文して作らせた、上で「天下布武」の四字を刻んだ。
「天下布武」は武力で乱世を平定するつもりで、天下を得ると言う。岐阜の名称を合わせて、この時、織田は天下の志を持って、自分の領土と周辺の領土だけではなく、広い日本列島まで関心を持ち出した。このような目と気迫、ほかの大名が備えなかった、信長もその時尾張の風雲児から全日本の革命家になり始まった。
1570年、日本の朝廷は元号を改めることを決めて、元亀元年にした。これは不安定な一年で、畿内で激しいかわった。元凶はもちろん新しい幕府将軍の足利義昭があった。彼は織田を倒すためにどんどん各地の大名に手紙を届けて、次第に一枚の巨大な「信長の巻き網」を放した。

第四章 日本統一の道への重大な方策

4.1 実権を握る

  • 微信客服
  • 微信扫一扫
  • weinxin
  • QQ客服
  • QQ扫一扫
  • weinxin
论文库
  • 本文由 发表于 2021年10月23日21:29:00
  • 转载请务必保留本文链接:http://www.lunwenku.com/riyu/rylwfw/606/
日语本科论文/留学论文代写服务 日语论文

日语本科论文/留学论文代写服务

日语本科论文/留学论文由本站签约论文老师负责写作,与本站签约为客户进行代写的均为国内外重点大学老师或教授,均有留学经历及多年论文写作经验,可确保论文的质量,完全根据客户的题目和要求进行代写并根据需要提...
现成日语论文购买 日语论文

现成日语论文购买

论文购买说明 一,现成论文来源:每年11月—5月为毕业论文写作旺季,其余时间为需求淡季。我们的写手在写作淡季没有代写任务,这时公司会根据他们自己的喜好急专业特长写做一些论文。这是我们现成论文的来源,现...
日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 日语论文下载

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 摘 要 相扑历史悠久,被誉为日本国技,是日本文化重要的组成部分。相扑运动看似一项粗糙的角力运动,但却有着深刻的精神内涵,讲究谦虚端庄的礼仪和殊死拼搏的精神。它代表着...
匿名

发表评论

匿名网友 填写信息

:?: :razz: :sad: :evil: :!: :smile: :oops: :grin: :eek: :shock: :???: :cool: :lol: :mad: :twisted: :roll: :wink: :idea: :arrow: :neutral: :cry: :mrgreen: