日本の携帯電話の3G通信について

论文库
论文库
论文库
668
文章
0
评论
2021年10月24日19:45:11 评论

日本の携帯電話の3G通信について
はじめに
今、「3G通信」はもう人々の口癖になった。3Gとは何か。また、3G携帯電話はどんな携帯電話なのか。本稿ではこれらの問題について説明する。日本は世界に3Gサービスを開始する最初の国家である。それに、日本は3G通信を最も速く、しかもすばやく発展した国家でもある。日本は全面的に3G時代に入った。世界で日本の携帯電話の3G通信は発達していると言える。日本は現在3Gサービスを提供する会社は4つ持っている。それぞれはNTT DoCoMoとKDDIとSoftBank、EMOBILEなどである。しかし当初、日本の3G発展は困難なこともあった。本稿ではNTT DoCoMoとKDDIとSoftBankなどの三つの会社に重点を置く。彼らがどのように問題を解決するか、どのように3G技術を整えるか、どのように取引先の開拓を行うか、どのように絶えずサービスを改善するか、私はこれらの疑問をもって日本の3G発展の過程を探求する。同時に携帯会社の競争を研究する。これらの企業はどんな策略を取って取引先を引きつけるか、およびどんな優良なサービスを提供するかなどを見てみたい。
1.日本の携帯電話の3G通信
1.1携帯の3G通信とは
3Gとは、その正式名称は3rd Generationで、第3世代のデジタル通信を指す。3G通信の名称は第1世代模擬の携帯(1G)と第2世代のGSM、TDMAなどの数字の携帯電話(2G)より、非常に多い。国際電気通信連盟は3G通信を「IMT-2000」と呼び、ヨーロッパの電気通信業の巨頭達はそれを「UMTS」と呼んだ。
1995年発売される第1世代の数字の携帯電話は音声の通話を行うことしかできなかった。1996年から1997年までの間に現れる第2世代の数字の携帯電話はデータを接収する機能を増加した。例えば電子メールあるいはホームページを受け入れるといった機能である。第3世代と前の2世代との主な区別は音とデータのスピードである。それが画像、音楽、ビデオなどの多種のメディア形式を処理することができる。そして、電話会議、電子商務などの多種の情報サービスを提供する。
国際電気通信連盟(ITU)は3G通信の三大主流の無線インターフェイス標準がそれぞれW-CDMA、CDMA2000とTDS-CDMAだということを規定する。その中W-CDMA標準は主にヨーロッパと日本の初期の無線研究の活動に起源した。このシステムはGSMネットの上で使う。この標準の主な支持者はヨーロッパと日本と韓国である。昨年末、米国のAT&T支社もWCDMAを自分の第3世代の業務のプラットフォームにすることを宣言した。CDMA2000システムは主に米国の北米会社から出したので、その建設したコストが比較的に安い。主要な支持者は日本、韓国と北米などの地区と国家を含む。TD-SCDMA標準を出した第一人は中国である。中国は無線伝送の技術(RTT)の上に国際と協力して、TD-SCDMA標準を完成したのである。そこで、中国はCDMA TDD標準の一員となった。これは中国の移動通信界の初めての試みであって、中国が第3世代の移動通信の発展に対する貢献でもある。ヨーロッパと米国との3G標準の競争の中で、中国のTD-SCDMAはすでに正式に世界3G標準の1つとなった。
1.2日本の携帯の3G通信の現状
移動通信の市場が第1世代の模擬技術の業務を経験してから、第2世代の移動通信の市場が盛んに発展した中で3G通信は移動通信の市場に取り入れられたのである。今日、Internetデータ業務がブームになっているという背景に、3G移動通信システムも市場の曙光を見て、ますます電気通信の運営商家、通信設備のメーカーと普通のユーザーなどに関心を持たされてきた。
3G携帯電話は通信業とコンピュータ工業が互いに解け合う産物である。日本は世界に3Gサービスを開通する最初の国家である。それに、日本はその3G携帯電話の通信を発展するのが最も速く、最も良い国家である。
日本は2001年10月正式にWCDMA商用を提供し、全世界で3Gサービスを開通する初めての国家となった。日本で最初に3Gサービスを開通する運営商家はNTT DoCoMoである。NTT DoCoMoは2001年10月に、WCDMAサービスを出し、これも世界の初めての3Gサービスを開通する運営商家である。
日本電子情報技術産業協会(JEITA)は、2008年1月に日本国内の出荷報告では、2G携帯の売り上げが初めてゼロだそうだということを公表した。同時に、3G携帯の出荷量が2007年にすでに98%を上回った。これは、日本の携帯のメーカーが2008年からもう2G携帯を生産しないかもしれないと表している。2008年1月、日本国内の携帯の売り上げは408.4万部で、2007年の1月と比べて7.6%増加した。その中で、3G携帯は391.2万部を売った。
1.3日本の三大移動運営商家
日本は現在、3Gサービスを提供する運営商家はともに4つ持っている。ユーザーの規模によって、それぞれはNTT DoCoMoとKDDIとSoftBank、EMOBILEなどである。そのなかで最大3軒はNTT DoCoMoとKDDI、SoftBankである。
2009年4月、日本の3Gユーザーは1億に達し、日本の携帯ユーザー数の94.8%を占める。2009年8月末まで、大きな運営商家がもったユーザー数はそれぞれ:NTT DoCoMoは5097万で、KDDIは3084万で、SoftBankは2000万で、EMOBILEは180万である。
KDDIだけはCDMAEV-DO技術を使う。その他の3家の運営商家は皆WCDMA/HSDPA技術を採用する。日本の最大の移動運営商家― NTT DoCoMoは、すなわち全世界の最大の3G運営商家で、去年9月末にその3G FOMAユーザーが4000万を突破した。柔軟なマーケティングと良好なネットのおかげで、KDDIは全世界でCDMA運営商家の手本になった。日本は全面的に3G時代に入ってしまった。
以下は日本の最大の三つの3G運営商家を紹介してみたい。
1.3.1株式会社NTT ドコモ
株式会社NTTドコモは、NTT docomoのブランドで携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本最大手の企業である。日本電信電話株式会社(NTT)の特定子会社である。日本国政府がNTTを介して20%強を間接所有している。通称ドコモ、DOCOMOである。docomo”の名称は「do communications over the mobile network」(移動通信網で実現する、積極的で豊かなコミュニケーション)の頭文字を綴ったものである。2008年5月からのブランドスローガンは「手のひらに、明日をのせて。」ということである。
主力のFOMA(第三世代携帯電話サービス)による携帯電話事業を中心として各種事業を展開している。かつて手がけていたPHSサービスは2005年4月30日に新規加入を停止し、2008年1月7日にサービスを終了した。また、mova(第二世代通信サービス)およびDoPa(第二世代通信サービス)についても2008年11月30日で新規加入を停止し、2012年3月31日にサービスを終了する予定である。
2008年7月に各地域会社を合併し、全国1社体制となった。それまではNTTドコモグループを統括する中核会社であり、同時に関東地方および甲信越地方を管轄する事業会社でもあった。NTTドコモグループ全般と区別するために、この会社を指す際には便宜的に「(NTT) ドコモ中央」とも呼ばれていた。
全国1社体制に合わせて、コーポレートロゴマークも旧来のNTT DoCoMoから現在のNTT docomoに改められた。
1.3.2 株式会社KDDI
KDDIは日本市場で比較的に時間長く電気通信を経営する商家である。その前身はKDD会社で、1953年に創立した。数年来、何回も併合し、再編して、特にDDI、IDOと合併してから、KDDはだんだん強大になってきた。2001年4月に正式に現在のKDDIに改名した。
NTT DoCoMoの独立なサービス方式と異なって、KDDIは健全な業務体系を創立した。 「Au」、「TU-KA」、「Telephone」、「For Business」と「DION」の五大サービスブランドなどである。「Au」はCDMAネットに基づく移動業務のブランドで、2G/2.5G/の3Gネットの各種の移動通信のサービスを提供する。「TU-KA」はPDCネットにもとづく移動業務のブランドで、ただ2Gサービスだけを提供する。「Telephone」は固定電話の業務のブランドで、主に国際電話のサービスを提供する。「For Business」は法人ユーザーに対する業務ブランドで、主にVPNとData Centerなどの法人ユーザーに対応する解決案を提供する。「DION」はインターネットのサービスブランドで、主にADSL、FTTHのサービスを提供する。
現在、KDDIはVodafoneK. K.を越えて、日本の第二大の移動運営商家になった。そのうえ、3G市場の競争の中でリードしたDoCoMoに対して挑戦性が強くなってきた。その他に、全世界CDMA陣営の中で、KDDIもその業務と技術が先頭に立っている。KDDIは今年末までにCDMA2000体系の中で速度(率)の最高のCDMA20001X EV-DO Rev0を使う予定である。この措置はDoCoMoのHSDPA進級に応対するのである。実は移動のデータ業務は本当の推進力である。2001年、KDDI「Au」のデータ業務収入の比重は12.3%だけで、依然として大いにDoCoMoの18.1%より遅れた。しかし、2004年になって、KDDIのこの業務はすでに大幅に24.4%に上がって、ほぼDoCoMoと同一なレベルに達した。KDDIの実践はきっと日本国内の商家の発展と未来の3G市場に参考を提供しているのであろう。
1.3.3 株式会社SoftBank
SoftBank は3Gサービスを出す日本の2番目の商家である。NTT DoCoMoは3Gサービスを開通した1年後、つまり2002年10月、SoftBankもWCDMAサービスを出した。2006年10月、NTT DoCoMoがHSDPAサービスを出した2ヶ月後、SoftBankはその後に従って、同じく3.6Mbps速度の HSDPAサービスを出した。2008年7月、SoftBankはiPhone3Gサービスを出して、すぐ2008年10月に速度7.2MbpsのHSDPAサービスを出した。これはNTT DoCoMoより半年遅くなった。今年6月、SoftBankはまたiPhone3G Sのサービスを出した。
2007年、SoftBankの新しいユーザーの増加がNTT DoCoMoより多くなった。2008年、SoftBank新しいユーザーは200万ぐらい増加した。それに対して、NTT DoCoMoが増えたユーザー数は121万余りで、KDDIは73万余りである。SoftBankはNTT DoCoMoとKDDIを上回って、日本の新しいユーザー数が一番速く増える運営商家になった。
SoftBankのデータ業務のARPU値は総ARPU値の45%を占めて、四大運営商家の中で最高なのである。これはSoftBankが出したiPhone携帯電話の多彩な応用と関係があるからであろう。その中、SoftBankのデータ業務のARPU値は1880円で、音声業務のARPU値は2150円である。クアルコム会社の高級総監督の野崎孝幸の見通しでは、責任を負って、2011年、日本の四大3G運営商家のデータ業務のARPUは音声業務のARPU値を上回ることそうである。データ業務は3G時代の日本において腕をふるっている。

2.日本の携帯の3G通信の発展過程
2.1日本から携帯の3G通信の発展を見る
日本の3G市場は今、NTT DoCoMo、KDDI、Softbank とE-Mobile がある。その中、KDDIがCDMA技術EV-DOのネットに基づく。その他の三家は皆WCDMAネットに基づく。2009年4月まで、日本の3Gユーザー数はすでに1億を超えた。中では、NTT DoCoMoの3Gユーザー数は4993.6万で、市場の49.3%を占める。KDDIの3Gユーザー数は3064.8万で、市場の30%を占める。Softbankの3Gユーザー数は1921.3万で、市場の19%を占める。最小の運営商家のE-Mobileは2007年3月に3G市場に入って、その3Gユーザー数は158万だけあって、市場の1.7%だけ占める。そのため、現在、日本の3G市場は典型的な3つの勢力が並び立つ構造である。2001年10月からNTT DoCoMoは全世界で初めてWCDMA商用を広めて以来、日本の3G市場は3つの発展段階を経験した。第1段階(2002年~2004年)はKDDIが3Gの市場を率先して行動する段階である。第2段階(2005年~2006年)はKDDI、NTT DoCoMo同時に進める段階である。第3段階(2007年から今日へ)は3つの勢力が並び立つ段階である。
(1)一つ目の段階――KDDIが3Gの市場を率先して行動する段階である。
KDDIは2002年4月に3Gサービスを出した。この時はNTT DoCoMoの3G商用がすでに6ヶ月も広められた。しかもNTT DoCoMoは約60%の市場占有率によって2G市場で絶対に優位を占拠する。そしてNTT DoCoMoはi-modeモードに頼って大量の優良品質のパートナーの資源を集中して、強大なブランドの影響力と技術研究と開発の実力を持つ。従って、KDDIは3G発展の始め、いろいろな困難に面した。そこで、KDDIは一連のマーケティング戦略をとって、ついに3G市場でNTT DoCoMoと対抗する実力を勝ち取った。以下はKDDIが取ったいくつかの戦略をあげて説明する。
(一)若くてファッション的な群れを通じて市場を切って入れる
3G発展の初め頃、KDDIは市場を調査し、研究してから、若者とその他の年齢段のユーザーとはその消費について、明らかな違いがあるということと思う。若者はは新しい生活様式を試みたい。そして携帯電話とイン

  • 微信客服
  • 微信扫一扫
  • weinxin
  • QQ客服
  • QQ扫一扫
  • weinxin
论文库
  • 本文由 发表于 2021年10月24日19:45:11
  • 转载请务必保留本文链接:http://www.lunwenku.com/riyu/rylwfw/779/
日语本科论文/留学论文代写服务 日语论文

日语本科论文/留学论文代写服务

日语本科论文/留学论文由本站签约论文老师负责写作,与本站签约为客户进行代写的均为国内外重点大学老师或教授,均有留学经历及多年论文写作经验,可确保论文的质量,完全根据客户的题目和要求进行代写并根据需要提...
现成日语论文购买 日语论文

现成日语论文购买

论文购买说明 一,现成论文来源:每年11月—5月为毕业论文写作旺季,其余时间为需求淡季。我们的写手在写作淡季没有代写任务,这时公司会根据他们自己的喜好急专业特长写做一些论文。这是我们现成论文的来源,现...
日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 日语论文下载

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 摘 要 相扑历史悠久,被誉为日本国技,是日本文化重要的组成部分。相扑运动看似一项粗糙的角力运动,但却有着深刻的精神内涵,讲究谦虚端庄的礼仪和殊死拼搏的精神。它代表着...
匿名

发表评论

匿名网友 填写信息

:?: :razz: :sad: :evil: :!: :smile: :oops: :grin: :eek: :shock: :???: :cool: :lol: :mad: :twisted: :roll: :wink: :idea: :arrow: :neutral: :cry: :mrgreen: