動物に関する中日のことわざの対比

论文库
论文库
论文库
1058
文章
0
评论
2021年10月24日01:09:18 评论

動物に関する中日のことわざの対比

第1章 序論

1.1研究の目的と方法

諺は民族文化の伝承である。中日両国は一衣帯水の友好的な隣国であり、古くから文化交流を頻繁的に行っている。諺という言語文化現象について、中日両国は共通点もあれば、相違点もあると思われる。本稿は、動物に関する中日両国の諺をそれぞれ分析することで、同一動物に関する中日両国の異なったイメージを比較し、両国の文化と慣習の違いを研究しようと考えている。このような研究を通じて、中日両国の諺における文化背景の異同を把握したうえ、さらに両国文化の差異に対する理解を深め、中日両国の文化交流に役立つことができると思う。

本稿は主に文献分析法と比較研究法を用いて、動物に関する中日の諺の対照研究を行う。

数多くの既存資料を参考にして、代表的な動物に関する中日の諺をそれぞれ分析し、その文化背景を解析する。そして、比較研究法でその共通点と相違点をまとめる。最終的に、中日の文化と歴史背景が異なったため、動物に関する諺における両国の相違が生じるという結論を出す。

1.2先行研究

今まで、中日両国の諺の対比研究のうち、動物に関する諺を対象とした研究は数多くある。例えば、万紅梅の『日中成語における動物イメージの文化性』、呉梅妃の『中日両国における「十二支」の動物名に関する諺―牛、馬、犬についての表現分類―』、温国良の『中日両語における犬と猫に関することわざの比較研究』などがある。万紅梅は大量の例を挙げて、同じ動物の文化意味と異なった動物の文化意味を比較し、成語から動物へのイメージの中日比較研究を行った。呉梅妃は「牛、馬、犬」の動物名のことわざを中心として、それを詳しく分類し、細かい特徴をまとめた。温国良は犬と猫を例として、諺における中日両国の動物に対するイメージの異同とその原因を分析した。

それらの研究は様々な角度から、動物に関する諺を分析したが、差異の原因を深く探究していない。本稿は既存の研究を踏まえ、中日の動物に関する諺をそれぞれ分析することにより、その異同の原因を明らかにしようと思う。また、本稿では、分析対象の選定は主に、日本語の部分は主に『故事ことわざ辞典』、『国語慣用句大辞典』、『大辞泉』を参考にし、中国語の部分は主に『汉语成语谚语大辞典』、『辞海』などを参考にする。

2章 中日動物諺についての対照

2.1 中日同源の動物

2.1.1 語源から

諺は言語の有機体の一部分であり、その誕生と伝承が社会の歴史と文化に深く関わっている。そして、諺には人間の様々な感情だけでなく、植物、動物、人間と自然の関係なども含まれている。本稿では、まず、語源から動物に関する諺の中日の対照研究を展開する。

語源とは言葉の成立や起源である。諺の語源というと、生活経験から得た教訓、先人たちの知恵のまとめ、観察による規律など、いろいろなものがある。動物に関して、中日同源のことわざは当該動物について、両国で使われている諺の出発点や使用原因が同じである。多くの中日同源の動物諺は中国から生まれ、日本に伝えられたものだと思われる。例えば、「株を守りて兎を待つ」という日本語のことわざは中国語の「守株待兔」から来た。「衆盲象を摸す」という日本語のことわざは中国語の「盲人摸象」から来た。「百足の虫は死して倒れず」という日本語のことわざは中国語の「百足之虫死而不僵」から来た。これは両国文化交流において、中国の言語文化が日本に対して深い影響を与えたことを反映してくると思う。

 2.1.2 日本に伝えられた後の改造

多くの動物に関する中日同源の諺は日本へ伝えられた後、日本人によって改造された。ここでは、構文上からの改造、対象動物からの改造という2つの方面から分析する。

まず、構文上において、中国語と日本語は明らかな違いを持っている。動物に関して、中国語に4つの文字から構成された諺が数多くある。これらの諺は日本に伝えられたあと、4つの漢字の構造から日本語自身の表現方式へ改造された。例えば、中国語の「狐假虎威」という諺は日本語で「虎の威を借る狐」に変更された。中国語の「沐猴而冠」という諺は日本語で「猿に烏帽子」に変更された。中国語の「汗牛充栋」という諺は日本語で「牛に汗し棟に充つ」に変更された。

また、対象動物において、中国の諺は日本に伝えられ後、ほとんど同じ意味で使われているが、同じ意味の諺について異なった動物を用いて表現する場合もある。例えば、「山中无老虎,猴子称大王」という意味の諺は日本語で「鳥なき里の蝙蝠」になった。日本人は虎と猿ではなく、鳥と蝙蝠を用いて、優れた人のいないところでつまらぬ者がリーダーになるという意味を表す。「如虎添翼」という諺は日本語で「獅子に鰭」になった。「对牛弹琴」は日本語で「馬の耳に念仏」になった。「赶鸭子上架」は日本語で「魚の木に登るが如し」になった。「瞎猫碰上死耗子」は日本語で「盲亀の浮木」になった。

2.1.3          日本に伝えられた後の変化の原因

  • 微信客服
  • 微信扫一扫
  • weinxin
  • QQ客服
  • QQ扫一扫
  • weinxin
论文库
  • 本文由 发表于 2021年10月24日01:09:18
  • 转载请务必保留本文链接:http://www.lunwenku.com/riyu/rylwxz/743/
日语本科论文/留学论文代写服务 日语论文

日语本科论文/留学论文代写服务

日语本科论文/留学论文由本站签约论文老师负责写作,与本站签约为客户进行代写的均为国内外重点大学老师或教授,均有留学经历及多年论文写作经验,可确保论文的质量,完全根据客户的题目和要求进行代写并根据需要提...
现成日语论文购买 日语论文

现成日语论文购买

论文购买说明 一,现成论文来源:每年11月—5月为毕业论文写作旺季,其余时间为需求淡季。我们的写手在写作淡季没有代写任务,这时公司会根据他们自己的喜好急专业特长写做一些论文。这是我们现成论文的来源,现...
日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 日语论文下载

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 摘 要 相扑历史悠久,被誉为日本国技,是日本文化重要的组成部分。相扑运动看似一项粗糙的角力运动,但却有着深刻的精神内涵,讲究谦虚端庄的礼仪和殊死拼搏的精神。它代表着...
匿名

发表评论

匿名网友 填写信息

:?: :razz: :sad: :evil: :!: :smile: :oops: :grin: :eek: :shock: :???: :cool: :lol: :mad: :twisted: :roll: :wink: :idea: :arrow: :neutral: :cry: :mrgreen: