日本の好色文学–井原西鶴の好色物をめぐって

论文库
论文库
论文库
488
文章
0
评论
2021年10月25日01:22:46 评论

    

日本の好色文化に話及んで、きっと世界で有名です。日本人が性に対応する態度、間の強烈なコントラストにねじ曲がることと自然の本能の審美眼からの病的な状態をあがめ尊んで、世界で他の民族より、一般的な人も思いもよらないで、文化で日本と同根同源の中国でも、完全に彼らの心理状態も理解することが難しいである。例えば「好色」2字、古代から一つ欠点と見なされて、あれらの英雄豪傑達は、よく男女の情のため「英雄気短」の悪名をもらって、いわゆる「好色はつまり放縦である」。しかし、日本で「好色」は恋愛中の男女の気持ちを形容したので、賞賛する意味にあこがれます。男歓女愛について、肉体的と精神的な楽しみを称賛する事に値するので、日本で古代文学の中に1種のもっぱら色情の愛情を描写する「好色文学」があります。

「色」に関して、かつて下のような考証を見たことがあります。「日本の奈良時代、「色」はただ色と表情、そんな2層の意味だけが含みます;平安時代まで、また華美なことと恋愛情趣の内容を増加します」って、指すのは、多い女性との恋愛する情趣で、思いきり喜んで、自分の最も理想的な女子を選出して、彼女と付き合うことである。それによって、日本で「好色」の伝統があって、そして「色」を芸術あるいは文学の高度に上がります。

どうして「好色文学」は日本の文壇で重要な地位を占有することができて、どうして中国の文壇でこの種類の文学を「甚だしい災禍」だにと見なす。日本民族の習慣と文学伝統に対する掘り起こすことを通して、井原西鶴文学の中の性で突入地点とすることがあります。この種類の文学中の性が別に単純でない性を描写して、深い寓意を持っていると説明する。作者は西鶴文学中の性を解読したいと思って、日本文壇の中にこのようなの現象存在するのは、合理性と必然性を釈明する。

 

キーワード:井原西鶴;好色文学;好色文化;伝統文化。

 

 

 

 

 

摘    要

说到日本的情色文化,想必是世界闻名的。日本人对待性的态度,崇尚自然本能审美观的病态和扭曲之间强烈的反差,让世界其它民族感到匪夷所思,即便是作为文化上同根同源的中国,也不能够完全理解他们的心态。譬如“好色“二字,自古就被视为一种缺点,那些英雄豪杰们,也往往因儿女情长而落个英雄气短的骂名,所谓“好色即淫”,而日本的“好色”一词是用来形容恋爱中的男女之情的,隐含着向往赞赏的意味。对于男欢女爱,肉体和精神的愉悦是值得赞颂的事情,日本古代文学中就有一类专门描写情色爱恋的“好色文学”。

关于“色”,曾看到过这样的考据:在日本奈良时代,“色”只含有色彩和表情两层意思;到了平安时代,又增加了华美和恋爱情趣的内容。指的是与众多的女性的恋爱情趣里,选出自己最理想的女子以尽情欢娱。这似乎说明,日本有“色”传统,并将“色”上升到了艺术或者文学的高度。

为什么“好色文学”能够在日本文坛历史中占据举足轻重的地位,为什么中国文坛中却把此类文学视为“洪水猛兽”。通过对日本民族习性以及文学传统的挖掘,以井原西鶴文学中的性作为切入点。说明此类文学中的性描写并不是单纯的性描写,而是有着深刻的寓意。作者欲通过对西鶴文学中的性的解读,来解释日本文坛中这种现象存在的合理性和必然性。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

摘要………………………………………………………………………( 2)

 

要旨………………………………………………………………………( 2)

 

はじめに…………………………………………………………………( 4)

 

本文………………………………………………………………………( 4)

 

第一章  井原西鶴の好色物…………………………………………( 4)

第1.1節 井原西鶴登場………………………………………………( 4)

第1.2節 「好色一代男」……………………………………………( 5)

第1.3節 「好色一代女」……………………………………………( 6)

 

第二章  西鶴の作品への評価………………………………………( 6)

第2.1節 西鶴の作品の定義…………………………………………( 6)

第2.2節 西鶴の作品の文学性質……………………………………( 7)

第2.3節 西鶴の作品の芸術価値……………………………………( 7)

 

第三章  日本好色文学の特性………………………………………( 7)

第3.1節 日本の好色文化の歴史的な特性…………………………( 7)

第3.2節 日本の好色文化の宗教的な特性…………………………( 8)

第3.3節 日本の好色文化の民族的な特性…………………………( 8)

 

結論………………………………………………………………………( 8)

 

参考文献…………………………………………………………………(10)

 

文献総述…………………………………………………………………(11)

 

謝辞………………………………………………………………………(12)

 

日本の好色文学井原西鶴の好色物をめぐって

 

はじめに

 

日本の最も穏やかな平安時代まで、さかのぼって男女の恋の描写などを主とする情愛文学が始まりました。その時、こんな作品は、女性作者がわりに多くて、彼女たちは敏感で非常に細い筆致を使って、気高くて、優雅な息で男女の情愛を作りました。主人公はいつも皇室の貴族である。その中、「伊勢物語」と紫式部の「源氏物語」は最も代表的な作品である。

「伊勢物語」が歌物語の代表で、在原業平の元服直後から辞世の歌にいたて、おぼしき人物との恋愛や友情を、簡潔な文体と叙情性が高い和歌によって、波瀾と起伏に富んだ人生(一代記)に沿って描き出した作品である。その上、作品名も好色な気持ちを表現して、「伊」は女性で、「勢」は男性で、書いたのは男女の事で、また、「みやび」の文学もいわれて、描かれた多彩な男と女の物語は、次代の「源氏物語」にとって開花させ、後代の文学にも多大な影響を与えた。

「源氏物語」は三部分に分けて、主人公光源氏の誕生から「准太上天皇」という栄華の絶頂にいたる三九歳までの時期、薫を中心とした巻ごとに登場する女性との恋物語を通して人間の生き方と愛のあり方を深く追求することを描く、後世の文学に多大な影響を与え、今日なお多くの人々に読みつがれています。

江戸時代まで、井原西鶴が現れて、同じく2冊画期的な意義を持ってる小説:「好色一代男」と「好色一代女」が出てきます。

 

 

 

 

第一章  井原西鶴の好色物

 

第1.1節 井原西鶴登場

井原西鶴、江戸時代に大阪の富裕な商人の息子として生まれ、近世独特な本格的な小説家である。彼の一生は多いの、平民生活の情趣を反映する小説を創作して、「浮世草子」に総称されます。西鶴の作品は大きく四つに分類できる。男女の愛欲の姿を描いた「好色物」、武家社会の義理を描いた「武家物」、諸国の珍談や奇談を集めた「雑話物」、町人の経済生活に取材した「町人物」である。しかし作品の中で最も評価が高いのは 「好色物」である。1675年西鶴の妻は病死して、エキサイティングを深く受けられて、経営する商店と子供を仲間に頼み、大阪で剃髪して修行して、後日本各地へ周遊しました。1682年41歳の時、散文の形式で第一部愛情小説「好色一代男」を書き出して、好評を博して、それからまた「好色二代男」(諸艶大鑑)、「好色五人女」、「好色一代女」などの「好色物」を書き出して、こんな業績に頼って、日本古典小説の最後の嵐を形成して、江戸時代の小説を熟に引きました。その時の文学、明治初期の文学と後の耽美主義文学などに、すべて影響を与えました。

 

第1.2節 「好色一代男」

1682年に発表した「好色一代男」は全部8巻54章で、主人公は、京都豪商の一人息子世之介。早くも七歳で愛欲に目ざめてから放蕩の限りを尽くし、六十歳で女護島に渡るために船出するまでの五十四年間を、一年を一章として社会風俗や生活を描いている。構造で「源氏物語」五十四帖になぞらえたり、「伊勢物語」をパロディ化したりして、入念で微妙な筆致で一人の風流野逸、勝手気ままな子を描写している。主人公世之介は、一生のすべて、尽きなく愉快な情愛を求めていました。彼は、ほしいままにふるまう少年時代でも、落ちぶれて困窮の青年時代でも、それとも湯水のごとく金支払う中老年時代でも、いずれも思案をめぐらして思いどおりになる人と恋愛しました。妓楼の花魁大夫でも、海岸での漁女でも、出家する比丘尼でも、男妓でも、彼にすべて見逃さないで、彼7歳から思春期に入ってから、54歳まで、全部で3742人の女と、752人の男妓との雲雨のことがありました。作品の終わりにはとてもおもしろくて、世之介はすでに日本のすべての妓楼をぶらぶらして回った、彼も60歳を越えて、自分で余る6000両黄金を東山に埋めて、同様な気持ちの友達を6人招いて、一つの「好色丸」というだけの小舟をつくって、情欲の食品、ツールと薬品がいっぱい載せて、いっしょに伝説の中での、ただ女だけの“女護島”に向って行きました。これから、更に彼らの行方を聞いたことがあるいかなる人もありませんでした。すこぶる“ナンセンス”の味がある。

「好色一代男」の書いたのは女色をあさる好色な事ですが、しかし本当の男女交配の文字が数百にも足りなく、残るのは、すべて様々な世人情、地方風物など、生き生きと詳しい事である。私の最も好きなのは、名妓の風格とアパレルにのいろいろな描写および派手な金支払う場面である。風雅も言えないですけど、だらしなく女色をあさって、贅沢の生活にも、とてもあこがれを抱かせます。

 

 

第1.3節 「好色一代女」

彼の別の1部重要な色情小説は「好色一代女」である。「好色一代女」は老女の自述という形をとって、一人の風流な美人の、十三歳から六十五歳までの身を持ち潰していく様を描く。彼女は少年時代から、宮に入って、武士と仲良くなるため、すぐ追放されました。その後、俗世間に転々として、諸侯の艶妾、歌の妓女になりました。だんだん中等妓女に、それから下等妓女になりました。つないで書いて、中間の髪の毛を剃っていって、男のたぶさを結って、、和尚の愛人として寺院の中で隠れられました。寺院を離れた後、自分で女子習字所を創設して、字を書くことと礼儀作法を教えました。一人の青年を誘惑し、彼を肉欲に狂って死なせました。そこでまた絹織物屋に行って使用人として手伝いさせました。また主人を誘惑して、女将さんを毒殺するつもり事が敗けた後に、せっぱ詰まり気が狂いました。はっきりしている後、もともと悔悟しました。しかしまた漂流して歌船で客を楽しませて、歌を歌って金を得る、甚だしきに至っては身を売る比丘尼になりました。更に金持ちに髪を結いあげる仕事をして、奥さんは斑禿の秘密を知り抜いたので、すぐ主人を誘いました。使用人の生活後、自分で裁縫屋をして、それによって自由に男を探していました。このような鈎までし続けることができないで、やっとまた別のところへ流浪して、茶屋ウエートレス、風呂屋垢を落とす女などになりました。一人の扇子屋が彼女に気に入って、女将さんになせました。しかしお客さんを誘って恋するため、結局どうしても流浪しなければなりませんでした。……各種の男、彼女で手元(体)に行き来しました。いつの間にか、年月は消えて、顔かたちの年寄りじみている彼女、仏祖に直面して、自分のでたらめな一生を振りかえって、心の上で救うことを得て買い戻すことを望みました。

「好色一代女」を読んで私がとても感動して、このような自叙伝形式で1人の妓女の一生を述べて、とても特別で、とても人に感染することができます。思春期に入るビャクズクのような少女、春の花に着いて錦のような青年女子で、あでやかな姿がいまだ残るうばざくらに着いて、人間は年を取れば、役に立たない世の変転の古い傴に着きます。1人の女の一生の涙と艱苦、その中で尽くしている。

 

第二章 西鶴の作品への評価

 

2.1節 西鶴の作品の定義

この両部の作品に対して、今なお人々はまた位置付けに対して、すこぶる論争があって、ある人は、それらが日本好色文化の山開きをする行うことだと思って、色情文学の中の経典をも。しかしも、ある人は、それらの別に純粋でない色情文学を思って、更に社会批判の意義を持っている小説である。私はそれらが純粋な社会小説ではないと感じて、同じく単純な好色文学でもない、二つ兼ね備える社会恋愛小説であると思う。

 

2.2節 西鶴の作品の文学性質

一方、井原西鶴は日本の「色欲小説」の鼻祖と言われる。彼は一生各地の花街柳巷での自らの経歴は、彼の色欲小説を創作のため、大量な、豊かな、生き生きな素材を蓄積しました。作品の主人公は明らかに彼自分の影も見える。ひたすら色欲に沈んで、官能享楽を求め、ヒロイン達は作者性体験の対象の化身で、彼女たちの性に対する体験と感じを入念に微妙な描写し、更に生き生きとしている感がある。

 

2.3節 西鶴の作品の芸術価値

一方、それらの反映したのは、300数年前の日本資本主義の芽生えが強大になる時期、町人生活の百態、世の中大勢の愛情に夢中に追求する男女ことである。作者が商人の生活を経験したことがあるためかも知れなくて、しかもかつて日本で各所に周遊して、そのため、その時代の商人の生活と各地の人情の姿について、すべてとても明らかで、男女情愛に対して描写を行う時、いつも1枚の江戸の風情に現れ出て描ことも忘れないで、この作品の芸術価値を「好色」の範囲に超えさせました。町人階層の1員として、彼は完全に、その「好色社会」に溶け込みました。彼がこの社会に対して、全景式で把握する時、外在の色欲興味から左右されません。彼はまた、その他の方面を注意して、季節の交替、景色の激しく変わり、立ち居振舞い、服装と着飾りなど、彼の言葉遣いにすべて現れることがあって、入念に非常に細かいである。井原西鶴は新興の町人階層の立場から、その時の世態人情を述べて、後世ために貴重な社会史の記録も残しました。

  • 微信客服
  • 微信扫一扫
  • weinxin
  • QQ客服
  • QQ扫一扫
  • weinxin
论文库
  • 本文由 发表于 2021年10月25日01:22:46
  • 转载请务必保留本文链接:http://www.lunwenku.com/riyu/rylwxz/919/
日语本科论文/留学论文代写服务 日语论文

日语本科论文/留学论文代写服务

日语本科论文/留学论文由本站签约论文老师负责写作,与本站签约为客户进行代写的均为国内外重点大学老师或教授,均有留学经历及多年论文写作经验,可确保论文的质量,完全根据客户的题目和要求进行代写并根据需要提...
现成日语论文购买 日语论文

现成日语论文购买

论文购买说明 一,现成论文来源:每年11月—5月为毕业论文写作旺季,其余时间为需求淡季。我们的写手在写作淡季没有代写任务,这时公司会根据他们自己的喜好急专业特长写做一些论文。这是我们现成论文的来源,现...
日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 日语论文下载

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 摘 要 相扑历史悠久,被誉为日本国技,是日本文化重要的组成部分。相扑运动看似一项粗糙的角力运动,但却有着深刻的精神内涵,讲究谦虚端庄的礼仪和殊死拼搏的精神。它代表着...
匿名

发表评论

匿名网友 填写信息

:?: :razz: :sad: :evil: :!: :smile: :oops: :grin: :eek: :shock: :???: :cool: :lol: :mad: :twisted: :roll: :wink: :idea: :arrow: :neutral: :cry: :mrgreen: