美に溢れた「伊豆の踊子

论文库
论文库
论文库
1058
文章
0
评论
2021年10月25日01:37:05 评论

要旨:『伊豆の踊り子』は川端康成の代表作品の一つである。 『伊豆の踊り子』は日本でも世界でもとても有名な作品である。孤独に悩む青年の淡い恋と旅情を描いた。作者の創作背景と作品の内容によってその中から存在していた純粋な感情と日本人の美意識を分析することは本論の目的である。

中日は一衣帯水の隣国のため、中日関係は複雑だが、経済と民間交流は順調に行なっている。中日文化もお互いに影響を受けていた。しかし、地域や風俗などによっては、日本文化は中国文化とは違ってくる。これらは日本の多くの文学作品の中で表れた。本論は日本の有名の作家の川端康成の「伊豆の踊り子」に基づいて、中国の大学生の視点から中国と違った日本文化、中国と違った日本の美を掘りたい。この論文を通じて、日本の環境美や日本人の審美観、日本人の性格などがわかる。順調に中日文化の交流をすることに役立つと思う。

キーワード: 川端康成、美意識、伊豆の踊り子、物のあはれ、仏教

 

摘要:《伊豆的舞女》是川端康成的代表作之一。在日本甚至在全世界都很有名。它描写了一个孤独的烦恼的青年淡淡地恋情和旅途之情。本论文的目的是通过作者的创作背景和作品的内容从中分析里面存在的纯粹的感情和日本人的美意识。

虽然中日关系复杂,但是因为中日是一衣带水的邻国,经济和民间交流频繁顺利进行。中日文化也互相影响。但是,由于地域和风俗等差异,日本文化和中国文化也是不同的。这些不同在日本的很多的文学作品中也有体现。本论以日本著名作家川端康成的《伊豆的舞女》为基础,从中国大学生的视点来发掘和中国不一样的日本文化、日本之美。通过这篇论文,来了解日本的环境之美,日本人的审美观、日本人的性格等。希望能够对中日文化的无障碍交流起到一点作用。

关键字:川端康成  美意识  伊豆的舞女  物哀之美  佛教
はじめに

1. 「伊豆の踊子」について

1.1 「伊豆の踊子」のあらすじ

1.2「伊豆の踊子」の価値

2.川端康成と「伊豆の踊子」

2.1川端康成の作品の中の美意識

2.2「伊豆の踊子」の形成

3.「伊豆の踊子」に溢れた美――中国の大学生の視点から

3.1中国と違った日本の自然の美しさ

3.2踊り子の無邪気の美

3.3主人公の青春の恋の美しさ

3.4家族同士の愛の美しさ

終わりに

参考文献

 

 

 

はじめに

川端康成は日本の著名な小説家である。彼は1986年、日本の文学者として初めてのノーベル賞受賞した。

川端康成には『伊豆の踊り子』、『雪国』、『古都』、『眠れる美女』などの代表作がある。 川端康成の作品から日本の伝統美と自然美、精神上の余情美、女性美が感じられる。私の論文はそれらの美の表現とその根源を探る試みである。

わたしは川端康成の作品『伊豆の踊り子』を代表として、感じられた美の例を出した。それに、それらの例について、作者はどのように彼の美意識を表現したのかを自分の考えで表した。

川端康成は中学時代から『源氏物語』を読み始めたという。それに、日本伝統文化の中の「物のあはれ」の精神が表に出されるのが『源氏物語』の最大的な特徴だという。だから、「物のあはれ」の精神が川端康成の美意識の一つの根源であると思う。

また、川端康成は仏典を世界中で一番内容の豊富で奥の深い文学であると考える。仏教の禅の影響で、川端康成の審美情趣も仏教の意識につながっていたようだ。彼の多くの作品に仏教の虚無の思想が表してきた。だから、仏教の禅の影響も川端康成の美意識の一つの根源だと思う。

川端康成は日本の近代文学において重要な位置を占めし、たくさんの学者に研究されている。例えば、『伊豆の踊り子』中の川端康成の仏典文学や美しさと悲しみの統合などである。『伊豆の踊り子』に対する研究はまだ行なれつつあり、最近の研究における問題点が川端康成の仏典文学特徴や孤独感 などがある。しかし、文中の純粋な感情と日本人の美意識が大きな価値が持っていると思う。本論の目的は文章中の純粋な感情と日本人の美意識を分析してこの小説の魅力が見つかる。それを分析して、日本人を一層に了解させることができる。本論は作者の創作背景と目的や文 章中の平等な感情や小説の美しい要素など三方面で純粋な感情と日本人の美意識を分析 してみよう。

 

1. 「伊豆の踊子」について

1.1 「伊豆の踊子」のあらすじ

「伊豆の踊子」はある夏に一高生の「私」が伊豆半島を旅行した。彼は偶然出会った旅芸人の一家とのことである。旅芸人の一家は五人で、40代の女が1人、20代の男1人、10代の娘が3人である。男と一番上の10代の娘が夫婦で、40代の女がその娘の親で、一番年下の娘が踊子で、男の妹である。もう1人の娘は雇いといった感じである。

旅芸人は酒の席で芸を売る人たちで、芸者みたいな真似をする。14歳の踊子は座り、太鼓をたたく。踊子は単純で、無邪気なイメージを与えてくれて、「私」は踊子が気になった。踊子も「私」を意識するらしかった。踊子の義理の母親は踊子が「私」に気があることをからかった。踊子は男として「私」が気になったのか。踊子は14歳で、まだ男を意識する年齢ではなかった。愛情はどんなものか分かるか。男より本、活動のほうに興味があった。一家の男と露天風呂にはいっているとき、遠くの風呂にはいっていた踊子が2人を見つけ、真っ裸のまま近づき2人に向かって手を振ったのは深いイメージを与えた。

旅芸人たちは立ち寄る村々で嫌われた。村の人々はその職業を認められない。露骨に村で「旅芸人村に入るべからず」という立て札を立てている。所詮彼らは川原乞食であったのだ。一般人とは別の人種と思われていた。

「私」の平等な態度で、踊子は心の扉を開いた。そのような差別がない生活はちょうど踊子が憧れるのである。したがって、柿を食べるときも、「私」が東京へ帰るときも、「私」は世話になった。すると、「私」と踊子はお互いの世界に入ってきた。それは旅芸人の孤独と自分の孤独が引き付けあい、恋というより、家族の間の愛情だと言っても過言ではかなろう。

1.2「伊豆の踊子」の文学価値

川端康成は日本の文学大家であり、 一生に優秀な作品を沢山創作し、 日本文学に大 きな影響に与える。 『伊豆の踊り子』と言う小説は川端康成の文学地位を確保した。作 品中から伝達した純粋な感情と日本人の美意識は読者の共鳴を引き起こした。 この小説 は永久にそのなりの魅力がある。 この小説は巧みな表現形式と無限な意味で世界各国の 読者を感度させた。

『伊豆の踊り子』は『雪國』という小説によってノベル賞を得た川端康成の代表作品 の一つである。『伊豆の踊り子』は日本でも世界中でもとても有名な作品である。全文は18000字に足らないが、 湯ヶ島、天城峠を越えて下田に向かう旅芸人一座と道連れに なった、孤独に悩む青年の淡い恋と旅情を描いた。世界各国の学者がこの小説に関わる研 究が沢山ある。例えば、『伊豆の踊り子』中の川端康成の仏典文学や美しさと悲しみの統合などである。論文の目的は文章中の純粋な感情と日本人の美意識を分析してこの小説の魅力が見つかる。この小説は巧みな表現形式と無限な意味で世界各国の読者を感度させた。

2.川端康成と「伊豆の踊子」

2.1川端康成の美意識

川端康成といえば日本で最初にノーベル文学賞を受賞した作家である。受賞理由の一つが日本の美を常に追求してきたというものである。川端康成と日本の美は切っても切れない関係にあるといえる。「伊豆の踊り子」はまさに日本の美を描く代表的な作品なのである。悩み、恋愛、出会い、別れ、青春のすべてがこの短編には凝縮されている。小説の中に描かれた踊り子の無邪気さ、純粋さ、栄吉の素直さ、優しさ、そして、家庭の暖かさ、どれも日本の美しさの表れなのである。また、伊豆の風景も、とても美しく、巧みに描かれていた。目を閉じれば伊豆の綺麗な景色が浮かんでくるようで癒されたと感じた。伊豆に行ったことのない読者にも主人公の感じた「旅情」というものがわかる。

孤独に悩み、伊豆へひとり旅に出た二十歳の旧制高校生である「私」は、途中、旅芸人の一行と出会い、旅芸人の一人の踊子に密かに心惹かれていく。「人生の汚濁から逃 れようとする青春の潔癖な感傷は、純粋無垢な踊子への想いをつのらせ、孤児根性で歪んだ主人公の心をあたたかくときほぐしてゆく。雪溶けのような清冽な抒情が漂う美しい青春の譜である」。

その小説はまだ読み終わっていないけど、その中の哀感は感じられる。踊り子は当時卑しい職業だったので、人々に見下げられていた。あの若い学生も人生の不幸を体験していた。二人の主人公とも孤独と言えると思う。だからこそ、二つの孤独的な心がぶつかったらなんとなく故人のように親しくなれた。でも、現実は現実だから、結局離れてしまったところから見れば、悲劇だと言えると思う。川端康成の小説は哀感的小説だと言われるが、今度しみじみ感じた。 

2.2「伊豆の踊子」の形成

『伊豆の踊り子』と言う小説は 19 歳作者の伊豆旅を素材として、自叙伝小説を書 いた。 作品中の私は高校時代の川端康成。 作品を分析するように、 作者の身の上を探す。 幼くて近親者を亡くした。1901 年に父が死去し、翌年に母も死亡し、1909 年に別離し ていた姉が死亡した。1914 年祖父が死去した。これで、川端康成は孤児であり、他人 の同情や好意が本能的に受けなく、社会に融合することができない。 作者は子供の時から養成した性格を孤児性と言た。 伊豆の旅で、 作者は芸人と一緒 に付き合うことを通して、 愛と言うことを認知し、 自分自身と他人の間における人間信 頼を成立し、孤児根性に対する憂鬱感から内面的、心理的に解放できた。この孤児根性 の消失することは『伊豆の踊り子』の基礎であると言える。

  • 微信客服
  • 微信扫一扫
  • weinxin
  • QQ客服
  • QQ扫一扫
  • weinxin
论文库
  • 本文由 发表于 2021年10月25日01:37:05
  • 转载请务必保留本文链接:http://www.lunwenku.com/riyu/rylwxz/927/
日语本科论文/留学论文代写服务 日语论文

日语本科论文/留学论文代写服务

日语本科论文/留学论文由本站签约论文老师负责写作,与本站签约为客户进行代写的均为国内外重点大学老师或教授,均有留学经历及多年论文写作经验,可确保论文的质量,完全根据客户的题目和要求进行代写并根据需要提...
现成日语论文购买 日语论文

现成日语论文购买

论文购买说明 一,现成论文来源:每年11月—5月为毕业论文写作旺季,其余时间为需求淡季。我们的写手在写作淡季没有代写任务,这时公司会根据他们自己的喜好急专业特长写做一些论文。这是我们现成论文的来源,现...
日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 日语论文下载

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士 摘 要 相扑历史悠久,被誉为日本国技,是日本文化重要的组成部分。相扑运动看似一项粗糙的角力运动,但却有着深刻的精神内涵,讲究谦虚端庄的礼仪和殊死拼搏的精神。它代表着...
匿名

发表评论

匿名网友 填写信息

:?: :razz: :sad: :evil: :!: :smile: :oops: :grin: :eek: :shock: :???: :cool: :lol: :mad: :twisted: :roll: :wink: :idea: :arrow: :neutral: :cry: :mrgreen: