日本の相撲で活躍するモンゴル人力士

论文库
论文库
论文库
488
文章
0
评论
2021年10月25日02:28:26 评论

日本の相撲で活躍するモンゴル人力士

摘 要

相扑历史悠久,被誉为日本国技,是日本文化重要的组成部分。相扑运动看似一项粗糙的角力运动,但却有着深刻的精神内涵,讲究谦虚端庄的礼仪和殊死拼搏的精神。它代表着日本民族好胜求强、又刚又忍的心理和性格。本论文通过对相扑的历史、比赛、相扑力士的生活等的介绍和来自蒙古国朝青龙和白鹏的介绍使读者更全面地了解相扑的过去与现在,从而解析相扑的将来。

关键词; 相扑  力士  朝青龙 白鹏

要旨

相撲の歴史が長くて、“国技”と言われる。日本の文化の重要の構成部分である。相撲運動が粗末運動ように見えても深く精神の中身がある。謙虚で勇敢にたたかう精神がある。日本相撲が日本民族の負けん気が強いと頑として屈しない気質と成功を代表している。小論は日本相撲の歴史、試合と力士の生活などとモンゴルからきた朝青龍と白鵬の紹介から読者が日本相撲の過去と現在を了解して、それに日本相撲の将来を分析した。

目次

はじめに……………………………………………………………………………

  • 日本の相撲

1.1相撲とは何か…………………………………………………………….

1.1力士の生活………………………………………………………………

1.2日本での相撲の人気……………………………………………………

1.3モンゴル相撲と日本の相撲の比較………………………………………

  • モンゴル出身の力士たち…………………………………………………

2.1 モンゴル人が日本の相撲を目指す背景…………………………………

2.2 朝青龍………………………………………………………………………

2.3 白鵬………………………………………………………………………

2.4 モンゴル人力士が強い理由……………………………………………

第三章 モンゴル人力士と相撲の未来………………………………………

3.1 大相撲の現状と未来……………………………………………………

3.2 モンゴル力士の現状と直面する問題………………………………

3.3 モンゴル人力士たちの未来…………………………………………………

おわりに………………………………………………………………………………

参考文献…………………………………………………………………………….

 

 

はじめに

日本の相撲は歴史が長く、国では“国技”として、大衆に愛好されていると共に、その社会的な地位も非常に高い。相撲には日本神道の色彩が著しく残っている。相撲は、日本のいくつかの格闘競技の中で、最も歴史が長く、最も特色を持っているスポーツである。現在、相撲は人々らに深く愛好されている体育競技項目になっている。相撲は、その独特な形式と豊かな民族色をもって、今日に至るまで存続してきた。

私は中学一年生のときから、相撲に興味を持ち始め、新聞や雑誌等で相撲に関する知識を得た。モンゴル出身の朝青龍が、2001年1月場所に新入幕し、~横綱に昇進しした。そのことがきっかけになって、さらに相撲への興味が深まった。

本論文は、モンゴル力士、特に朝青龍と白鵬に関して述べ、彼らの活躍が国際的に与えた影響について考察するものである。

第一章 相撲

1.1相撲とは何か

相撲は日本の国技であり、もう2000年の歴史を持っている。相撲の起源に関しては、さまざまなな説がある。起源に関する伝説的な説については確認することができないが、いずれにしても相撲が日本の神道と密接な関係があることは多くの人々に認識されている。奈良時代と平安時代には相撲は観賞用のスポーツであった。その後、鎌倉時代、戦国時代になって、戦闘訓練の一部になった。江戸時代、18世紀になって、プロの相撲が盛んになり、今日の大相撲の原形ができた。

相撲は「土俵」で行う。正方形の台の上に輪が作られ、その直径は4.55メートルである。土俵には細かい砂を敷く。二人が東と西に分かれ、体と体をぶつけ合って戦う。素手で何も持たず、腰に「まわし」と呼ばれる絹の帯を締めただけで、戦う。相手を「土俵」の外に出すか、相手の足の裏以外の体の一部、つまり、手足はもちろん髪の毛であっても、自分より先に「土俵の土」に着けた方が「勝ち」になる。

相撲の選手を「力士」と呼ぶ。力士の最高位は「横綱」であり、その数はごく少ない。その下は「大関」、「関脇」、「小結」、「前頭」であり、この四つを合わせて「幕内」と呼び、それは力士の中で上のクラスに属する。また、その下に、「十両」、「幕下」、さらに低いクラスの「三段目」、「序三段」がある。最低のクラスは「序口」である。力士は、クラスに分かれて競技を行う。相撲は以下の表にあるように年に6回行われ、それぞれを「場所」と呼ぶ。競技の成績により、次の場所の力士の地位が決められる。

日本相撲の場所

1月 初場所 東京・両国国技館
3月 春場所 大阪府立体育会館
5月 夏場所 東京・両国国技館
7月 名古屋場所 愛知県体育館
9月 秋場所 東京・両国国技館
11月 九州場所 福岡国際センター

普通の力士が「横綱」になるには、大いに努力が必要だ。勤勉な訓練と奮闘精神がなければ、そういう高い栄誉を得ることはできない。

 

1.2  力士の生活

(1)力士の条件

相撲といえば、多くの人々が、丸々と太って、虎のような背中と熊のような腰をした力士をイメージするだろう。力士になるのは簡単なことではなく、その条件としては、必ず、背は173cm以上で、体重は75kg以上でなければならないとのことである。そのほか、必ず、一般は(※最低年齢、又は中学卒業以上等の資格があるはず)23歳未満、日本相撲協会が指定している社会人や大学のアマチュア大会で、一定の成績を残した人については20歳から25歳未満であることである。

(2)力士の日課

最近、相撲学校等は日本相撲協会で管理している。この協会の下で十数か“部屋”が遅れている。部屋の最高指導者は「親方」と呼ばれる。指導者の主要任務は、力士に対する訓練と力士の飲食、就寝を管理することと、社会活動に参加することである。力士たちは毎朝5時に起床してから、まず1時間半のジョギングを行い、その後11時まで稽古を続ける。稽古が終わってから、1時間勉強をし、12時になると、昼食になる。かなり空腹になってから大量の食物を食べるため、その吸収は非常に良くなる。昼食と夕食しかないため、彼らが一度に飲食する量は相当多く、吸収も非常に良い。

力士の沢山寝ると沢山食べるのが最重要の訓練である。食事の以外寝るも相撲力士の体重を増えるの一部分である。決まりに従って相撲力士は毎日の昼ごはんの後二三時間寝る。それからちょっと運動して、夕飯を始まり、ご飯の後自由の運動がする。夜の十一時に寝ることである。

(3)力士の飲食

力士たちは毎日厳格な稽古をするだけでなく、大量の食物を食べなければならない。飲食量は大体一般人の十倍ぐらいになる。

相撲力士らが食べる食物を日本語では「チャンコ」料理という。ある人たちはこの「チャンコ」と言う言葉は「鍋」という意味の中国語「铲锅」から来たとも言う。『長崎市史』の「風俗編」に「長崎方言集覧」があり、その中に「铲锅」という唐代の音が出ている。相撲の「チャンコ」はこの「铲锅」という単語を採用したとのことである。このように、「チャンコ」という言葉は中国語との関係が大きいとのことである。いずれにしても、どのクラスの力士でもこのような料理を作ったことがあり、彼らが一番好きな食物は「チャンコ鍋」である。「チャンコ鍋」は沢山の肉や魚や野菜を入れて味付けした鍋であり、力士たちは毎日沢山食べる。食欲がなくても、無理に食べることもある。力士たちが摂取する食物には、大量の高カロリー食品とともに、酒も含まれる。また、彼らは毎日の睡眠も長いため、当然丸々と太ることになる。

1.3  日本での相撲の人気

外国人から見ると、相撲はただ二人の太った選手が一つの輪の中で、お互いにレスリングして、相手を倒す、あるいは輪の外に押し出すだけのスポーツに見える。しかし、実は相撲のルールは複雑である。普通の場合、選手らは短い時間内に勝負を決するため、中国の「散打」、タイの「泰拳」、アメリカのボクシングに比べてその観賞性が低い。しかし、相撲は確かに日本人にとっては非常に神聖なスポーツであり、その選手たちの社会的地位も比較的高い。なぜならば、相撲は古代日本においては朝廷内で行われる専門的なスポーツであり、御前試合であったためである。全ての相撲競技は、朝廷で定めた礼儀とルールにより行われ、天皇の御前で行われる試合に参加することは、選手たちにとって大きな栄誉であったとのことである。その後、相撲は天皇家から普通の平民にも鑑賞できるものとなったが、それでも、相撲の社会的地位は依然として高く、さらに日本人は「大相撲」とも呼んでいる。であるから、その最高位の横綱ともなれば、その社会的地位は非常に高くなる。

このように、相撲と力士の社会的地位が高いだけに、相撲界のトップである横綱ともなると、日本国民からの要求も高くなる。横綱の地位には「神様」に近いものがある。日本の国民は彼らに対して「神様」のような扱いをする。力士は、相撲だけではなく、日本の伝統文化を習得するとともに、さらに高い道徳心を持っていなければならない。もし、ある横綱に関して、道徳上、あるいは私生活上の悪いニュースが報道されると、日本人はその横綱を神殿から追い出す。

日本人の相撲に対する熱中ぶりは、決して西洋人の「ボクシング」を好むのに負けない。

では、大相撲は、どうして日本でそれほど人気があるのか、どういうところが魅力なのか考えてみよう。

理由は4つあると思う。

1 出場している人の装束がいかにも日本的である。力士の「回し」も伝統的なものであり、行司も日本の民族衣装を身に付けている。土俵入りなどの儀式も、エスニックな感じがして面白い。
2 無差別級である。体重の重い人も軽い人もハンデなしで戦う。
3 ルールがわかりやすい。ポイントとかがなく、要は土俵から出すか、倒すかすれば勝ちとなる。
4一瞬の技が勝負のすべてを決める、刹那の面白さだと思う。立合いの「ぶちかまし」、瞬間の「けたぐり」、「かたすかし」、一瞬、体が崩れて「寄り切ら」れたり、投げられたり。日本人は、一瞬の美しさ、刹那の美学というものを大切にする。

このような理由で相撲は日本で非常に人気があるのだろう。

1.4 モンゴル相撲と日本相撲の比較

モンゴル相撲はモンゴル民族が一番好きなスポーツであり、相撲選手は「草原上の英雄」とも呼ばれる。モンゴル相撲は中国式の相撲とも違うし、また、日本式の相撲とも違う。ルール、方法、服装、場所などで独特なところがある。モンゴル式の相撲は2人がお互いに相手と組んで、膝の上の部位のどこか(手以外)が着地すると負ける。相撲の試合を行うときは、選手の総人数は常に八、十六、三十二、六十四等の遇数であり、奇数はない。民族、出身地区、年齢、体重に制限はない。試合の選手の組み合わせは審判員により決められ、選手の意見は取り入れない。試合はトーナメント制で行われ、一回戦ごとに半分の選手が脱落し、最後の一回で優勝が決まる。選手の服装についても決まりがある。下着は白ズボン(班斯拉)で、その上に各種動物と花の図案が刺繍されている幅の広いズボンをはく。上着は牛の皮で造られ、その上には銀と銅の釘が多数打ち付けてあり(卓都格)、背中の真ん中には丸い銀製の鏡がついており、そこに「吉祥」ような文字が書かれている。腰には赤、藍、黄色の三色の絹製のエプロンをかけて、足にはモンゴル靴あるいはブーツを穿いている。普通の場合、優勝者は首に多種多様な絹造のクッション「姜嘎」をかけており、威風があって、まるで古代の騎士のようである。相撲の場所は簡単で、草地あるいは柔らかい空き地でもいい。観衆達は座り、選手は真ん中で試合を行う。試合の前に、両者は、大声で挑戦の歌を歌い、それにより闘志を表す。その歌を2回歌った後、双方の選手が跳躍して飛び出す。観衆に向かって礼をしてから、試合が始まり、最終的には一人が倒れて勝負が決まる。その後、勝った一方は負けた一方を引き起こして、握手してから離れる。モンゴル相撲と日本相撲の相違:奇抜な衣装に目を奪われるが、あの上着は柔道の胴着のようにつかんで投げることを前提としたものである。土俵と制限時間がない。日本相撲との最も大きな違いは土俵が存在しないことである。力士同士の力が拮抗している場合、試合時間が一時間に及ぶこともある。手を着いてもよいが、肘、膝、肩、背中のいずれかが地面に着くと負ける。「ザソール」と呼ばれる介添え人が日本相撲で言えば行司の役目をし、時には自分の力士を励ましたり、攻略法を指示したりする

第二章 モンゴル出身の力士たち

 

2.1モンゴル人が日本の相撲を目指す背景

日本で1年に6回行われている大相撲は、モンゴルでもかなり人気がある。モンゴルでは、国の建国記念日に当たる「那達慕」の行事よりも人気が高い。モンゴルのテレビでは日本の大相撲の試合が生中継され、いくつかの国家級雑誌や新聞にも記事が掲載される。モンゴル人の大相撲に対する熱心さは、まさに熱狂的と言える。相撲に対する理解を深めるために、「子供の時からしっかりと」教育するということをモンゴルでは実行している。小学校の教科書『モンゴル語文』を開くと、学年ごとに日本の相撲に対して十分細かく紹介してあり、自国のハイレベルの力士、特に朝青龍、白鵬、日馬富士等に関して十分誇りを持って描いている。最近、モンゴル相撲協会は常に学校を回り、児童の相撲の試合を組んで、それによって相撲に対する熱心さを育てるようにしている。モンゴルの関連部門では、2008年から全国的な小学生相撲選抜試合を開くことを計画している。モンゴル人力士の日本の大相撲における抜群の成績に対して、普通の民衆から政府部門、首相、大統領に至るまで、高い評価と栄誉を与えている。

モンゴル人力士といえば、まず二人の名前が挙げられる。一人はすでに引退している朝青龍であり、もう一人は白鵬である。2003年3月に横網になった朝青龍と2007年7月に横網になったに白鵬は、前後して大統領から「モンゴル国功勲選手」の称号を授与された。日本相撲協会から重罰を受け帰国して謹慎していた期間、朝青龍が国会の議長や首相等の国のトップと一緒に相撲中継をテレビで見ていることが報道され、国民はこの事実に大いに慰められた。

朝青龍、白鵬の二人のモンゴル人が前後して大相撲の横網になった後、日本の相撲はモンゴルでも急激に人気が高まった。その原因の一つは、朝青龍と白鵬の成績が無数のモンゴル人少年たちの相撲への夢を膨らませたことであり、次に、相撲がモンゴルの伝統的な相撲に似ているため、簡単にモンゴル人に受け入れられたことである。そのほか、相撲の能力があれば、日本で高給が得られるため、多くのモンゴル人が日本に行って相撲で金儲けしようという夢を持つようになった。

ちょうどこのように相撲が日々モンゴルで人気が高まり、モンゴル人たちが二人の横網の活躍で気分を高揚させていた2010年に、朝青龍が周囲からの圧力で自主的に引退したとのニュースが伝わった。それは、モンゴル人にとっては冷水を浴びせ掛けれたような感じだった。

  • 微信客服
  • 微信扫一扫
  • weinxin
  • QQ客服
  • QQ扫一扫
  • weinxin
论文库
  • 本文由 发表于 2021年10月25日02:28:26
  • 转载请务必保留本文链接:http://www.lunwenku.com/riyu/rylwxz/965/
日语本科论文/留学论文代写服务 日语论文

日语本科论文/留学论文代写服务

日语本科论文/留学论文由本站签约论文老师负责写作,与本站签约为客户进行代写的均为国内外重点大学老师或教授,均有留学经历及多年论文写作经验,可确保论文的质量,完全根据客户的题目和要求进行代写并根据需要提...
现成日语论文购买 日语论文

现成日语论文购买

论文购买说明 一,现成论文来源:每年11月—5月为毕业论文写作旺季,其余时间为需求淡季。我们的写手在写作淡季没有代写任务,这时公司会根据他们自己的喜好急专业特长写做一些论文。这是我们现成论文的来源,现...
日本の自動車産業の発展への考察 日语论文下载

日本の自動車産業の発展への考察

日本の自動車産業の発展への考察 要旨 自動車産業は労働の集密、技術の集密と資本の集密という三種を一体に集める。工業化の国の経済の発展史を見ると、ほとんどの自動車の制造業はその主導産業なのである。日本の...
匿名

发表评论

匿名网友 填写信息

:?: :razz: :sad: :evil: :!: :smile: :oops: :grin: :eek: :shock: :???: :cool: :lol: :mad: :twisted: :roll: :wink: :idea: :arrow: :neutral: :cry: :mrgreen: