中日女子教育の比較—明治時代を中心に一

论文库
论文库
论文库
1058
文章
0
评论
2021年10月22日23:55:51 评论

摘 要
“摇摇篮的手推动世界”1
,母亲的素质影响着人类和民族的未来。高素质的
国民是一个国家的人力资源,女性则是人力资源之母。现代化进程之中,核心是经
济技术的发展,主体是人的现代化,而衡量一个国家现代化水平的重要标志则是占
人口一半的女性的知识水平与教养。女子教育对于促进人类社会生存和发展具有重
要的现实意义,女子教育思潮仍然是当今世界一大教育思潮。
阅读了新华侨报网发布的关于2012 年瑞士达沃斯论坛发表的《男女地位差异
报告》,让我产生了研究日本女子教育的兴趣。而且女子教育是女权运动的基础,
只有接受了教育才有能力争取自己的权利。在日本教育史上,明治时期的女子教育
可谓是现代女子教育的源头。日本明治时期是日本从封建社会走向资本主义社会的
时期,而中国清朝也是封建社会的最后一个时期。日本与中国是隔海相望的近邻,
对明治时期女子教育状况的探明,自然而然地就想进一步对同时期中国清朝的女子
教育状况加以了解。本文分别对日本明治时期的女子教育状况和中国清朝的女子教
育状况从女子的生活状态以及女子接受教育的内容和形式进行详细概述。进而对两
国的女子教育进行对比研究,得出自己粗浅的见解。希望通过历史性研究能够为我
国发展女子教育提供一些有价值的信息,也希望两国能够继续增进彼此的交流。
关键字:清朝 日本明治时期 女子 教育
1 李卓 张冬冬 《近代日本女子教育发展原因探析》南开学报(哲学社会科学版) 2012 年第2 期
青岛大学硕士毕业论文
II
要 旨
ゆりかごを揺り動かす手のように、母親の教養が人類と民族の将来に大きな影
響を与える。高い気質を持つ国民は国の一番の資源だとしたら、女性はこの資源
の母親である。社会の現代化の過程では、核心は経済の発展であって、主体は人
間の進化である。古今東西、国の現代化を計る一つの標準は、人口の半分を占め
る女性達の知識程度と教養である。だからこそ、女性向けの教育は、社会の生存
と発展に大きな役割を果たし、相変わらず世界の重要な教育思潮の一部分である。
新華橋新聞のホームページに掲載された、2012 年スイスダボス経済会議で発
表した男女地位不平等報告書を読んで、日本女子教育を研究する欲望を起こした。
女性教育は女権運動の基礎なので、教育を受けない限り、権利を求める能力がな
いのである。日本教育歴史上では、明治時代の女性教育は現代女性教育の始祖で
ある。日本の明治時代は日本が封建社会から資本主義社会に入る画期的な時代で
もあるし、同じ時期の中国の清朝も中国の封建社会の最後の時期なのである。日
本と中国は一衣帯水の関係の近隣であり、明治時代の女性教育状況を研究すると
ともに、同時期の中国清時代の女性教育の状況も、より自然に調べてみる事にす
る。本論文は日本の明治時代の女性教育状況と、中国清朝の女性教育状況を、女
性の生活状態及び女性達が教育を受ける具体的な内容と形式から、詳しく分析し
述べていく事にした。そのうえで、両国の女性教育を対照して研究し、自分なり
の見解を得る事により、歴史に対しての研究を通して、我が国の女性教育に取り
いれかいのあるものを見い出して、中日のお互いの交流を進めることが出来る事
を願っている。
キーワード:清の時代 日本の明治時代 女子 教育
青岛大学硕士毕业论文
III
目 次
摘 要……………………………………………………………………………………………….. I
要 旨………………………………………………………………………………………………. II
一 序論……………………………………………………………………………………………1
1.1 研究の背景と意義……………………………………………………………………..1
1.2 先行研究………………………………………………………………………………2
1.3 研究方法…………………………………………………………………………………5
二 日本明治時代の女子教育…………………………………………………………………7
2.1 明治時代の女子生活状況………………………………………………………….7
2.2 明治以前の女子教育………………………………………………………………..9
2.3 明治時代の女子教育………………………………………………………………11
2.4 良妻賢母という教育………………………………………………………………14
三 中国の清王朝の女子教育……………………………………………………………….17
3.1 中国の伝統的な女子教育思想………………………………………………….17
3.2 清王朝前期の女子教育…………………………………………………………..19
3.3 アヘン戦争から戊戌変法までの女子教育……………………………………20
3.4 清の末期における女子教育……………………………………………………..23
四 中日女子教育の共通点と相違点………………………………………………………26
4.1 中日女子教育の共通点…………………………………………………………..26
4.1.1 思想根源……………………………………………………………………..26
4.1.2 社会背景…………………………………………………………………..28
4.2 中日女子教育の相違点…………………………………………………………..30
4.2.1 教育の基礎施設………………………………………………………….30
4.2.2 教育への態度……………………………………………………………..32
五 結論………………………………………………………………………………………….35
参考資料………………………………………………………………………………………….37
謝辞 ……………………………………………………………………………………………….39
攻读学位期间的研究成果…………………………………………………………………….40
学位论文独创性声明…………………………………………………………………………..41
学位论文知识产权权属声明………………………………………………………………….41
青岛大学硕士毕业论文
1
一 序論
1.1 研究の背景と意義
女子教育は女性自身の解放と関係があり、また社会の和睦の発展にも影響があ
る。授業で明治時代の女性作者の文章をたくさん勉強した。彼女たちの書いた文
章で、その時期の女性の苦しい生活状態が描かれている。同時に、そんな生活状
態をされていても、女性は現実に屈服せず、抵抗していた。作品中の女性達は圧
迫に反抗した意識を持ち始めた。女性の作者も女権解放思想を持ち、女性の自己
解放を唱えた。例えば、中島湘煙はエリットの女性として、「同胞姉妹に告ぐ」
と言う文章を書いて男女同等論を提唱した。「従来我が国の習慣では、この夫婦
喧嘩をすべて女の罪とし、女の嫉妬や口がはしたないことから起こった物ばかり
のように言いなしてきたのは、たいそう不公平な裁定で、いたく不服なことであ
る。男がもし男女同権の道理を知り、身を慎み、礼を正しくして、女に対する道
を尽くしたら、心やさしく、かよわい女の身で、どうして猛々しく言いののしっ
て争いを求めようか」。ここで、中島湘煙は女性への不公平を批判し、男女同権
を提唱していた。啓蒙思想家福沢諭吉は『新女大学』で、婦人独立の条件と家庭
生活における夫婦の「自ら屈すべからず、また他を屈伏せしむべからざる」と言
う、人性の天然に従った両性関係の確立、再婚の自由、娘の結婚に当たって、財
産贈与などによる婦人の経済的自立性の保護などについて説いた。その時代の日
本は、思想と理論から女性を見れば、その先進の度合いに驚くのである。同時期
の中国の清における女性を見たら、彼女たちはとたんの苦しみに生活していた。
人間としての権利を一切持っていなかった。個人として自分自身の権力を闘い取
る意識もなかった。付属品として暮らしていた。その原因を考えてみれば、教育
が根本原因だと言う事が良く解るのである。女性が教育を受けると、先進的な思
想を受け入れ、意識的に人間としての権利があるべきことがわかるようになる。
だから、中国の清の時代の女性と日本の明治時代の女子教育を研究しようと思う。
もちろん、日本の女子教育は非の打ちところがないとは言えない。新華僑新聞に
よって、スイスのダボス論壇に発表された2012 年の「男女地位の差異報告」に
は、日本の男尊女卑の程度がまだ深くて、聞かれた135 個の国家で101 位に日本
が101 位の順番に置いてあって、そして、世界の重要な国家のランキングでどん
尻になったと指摘された。このニュースを見て、女子教育におけるまた不足なと
ころがあるとわかった。中国と日本明治時代の女子教育を研究して、女子教育は
それぞれの時代、社会における女性観や、女性の社会的地位と深くかかわりがあ
青岛大学硕士毕业论文
2
ることが分かるようになった。根本的に女子教育のレベルをあげようと、教育の
観念から手を入れるはずである。
1.2 先行研究
中国の清の時代の女子教育を研究したが、より全面的な資料は熊賢君の『中国
女子教育史』である。この本は系統的に太古から20 世紀半ばまでの、女子教育
の発生、発展、変化の歴史過程を述べている。清の時代の女子教育に関して、
『中国女子教育史』では、女子教育観念の変化、女子教育の実践などを表した。
女子に対する従来の観念を紹介し、女性に向ける説教本も紹介した。説教本の内
容から見れば、清の時代の支配者は統治のために、女性に対しての思想コントロ
ールの方法を取った。女性の教育形式も紹介した。その時期の女子教育の場所が
家庭に置かれ、内容は三従四徳などの封建社会の伝統的な思想であった。教育内
容が変化しても、ただ二番煎じのものであった。のち、西洋諸国の侵略によって、
西洋の先進的な思想も中国に入った。有識者は西洋のものを勉強して、西洋諸国
の強さの原因が教育にあることを認識した。宣教師の到来も中国に新しい思想を
もらした。宣教師は教会の女子学校を建て、女子教育のことに努めていた。キリ
スト教主義の女学校の発展とともに、中国の民間に女子教育を提唱する呼び声が
高くなった。梁啓超などの有識者は女子教育を重視する主張をした。まして、梁
啓超は国家を強くすることが女学から始まるとも主張した。中国人に初めて建て
られた女学校――経正女学校のことは、女子教育に熱心だった人を一層励ました。
民間で女子教育を発展させる勢いが盛んに起きたが、政府の方が女子教育を支持
しなかった。民間と政府との間の戦いで、女子教育は困難に満ちて前に進んだ。
熊賢君の論文「中国女子教育の伝承と変化」では、果てしない封建社会の女子
教育に対する不平等や、不公平な現象を表していた。女子教育価値観の進展とい
う部分で、三従四徳、三綱五常は男性が女性を圧迫する根拠であった。その価値
観の影響の下で、女子の地位が明と清の時代に一番谷の底に落ちた。女子教育に
対する新しい価値観は、列強の銃声と一連の不平等な条約のサインの発生に伴っ
て始まったのである。内憂外患の状況で、やっと女子教育の重要性に注意した人
が現れた。彼らは思想において女子教育の価値を提唱し、実践において西洋諸国
に学んで女学校を積極的に建てた。女子教育内容の開拓という部分で、女子に対
する教育内容は、婦徳礼儀を強調し、「女子に才能がないこそ徳になる」形式の
教育内容であった。アヘン戦争の爆弾に伴って、女子教育の内容が近代化してき
た。宣教師たちは中国で女学校を設立して、聖書、算術などを教えた。これも中
国人が女学校を建てることにモデルを提供した。内憂外患の苦境で、中国人は伝
青岛大学硕士毕业论文
3
統的な教育内容が諸悪の源だと認識した。女子教育内容の近代化は不可逆の勢い
になった。女子教育形式の変更という部分で、キリスト教主義の女学校が建てら
れる前に、中国女子教育の形式はただ家庭に拘った。女子学校の設立は単一の女
子教育形式を破って、質的な飛躍を遂げた。
近代中国社会の変遷が女子学校教育の発生と発展に条件を創造し、キリスト教
主義の女学校の創立は近代中国女子教育に先鞭をつけた。維新思想の影響とキリ
スト教主義の女学校の刺激の下で、民間で女子教育を行うブームが起きた。国内
の女子教育のブームに伴って、女子留学の教育も発展してきた。中国の留学生が
選んだ国は日本であった。日本へ留学した事により、かえって中国女子教育を更
に発展させたのである。そういうことは程利という副教授が書いた「近代中国社
会の変遷と女子教育の発展」に記載された。この論文の論述から見て、近代中国
女子教育の発生と発展は、近代中国社会変遷の産物であった。
任向陽の論文「戊戌時期の女子教育理論とその実践」では、戊戌変法の時期に、
女子教育理論が形成した背景や、戊戌時期の女子教育理論の基本的な内容と、戊
戌時期の女子教育の実践などを論述している。古代女子教育が発達していなかっ
たのは、「三従四徳」「女子には才能がないこそ徳になる」という観念のせいで
あった。アヘン戦争から戊戌時期までの半世紀の間に、女子教育はだんだんと重
視された。その原因は、民族危機の深まりが女子教育理論の動因となり、女学校
の生まれが中国女学校の創立を起こしたことと、中国の早期の維新派の教育主張
が、女子教育に理論を提供したことである。女子教育理論の基本的な内容という
部分で、封建理論を批判し、男女平等を提唱したことと、国民質素を高め、新型
の良妻賢母を作ろうとも主張したこと、民族危機を救うために女子教育を重視す
ること等を述べた事である。戊戌時期の女子教育実践という部分では、維新派は
教育理論を実践に運用して、女子学校を積極的に設立し、そして、女子教育を推
し進めるために、新聞とか女子教育組織とかも利用した。戊戌変法の時期、維新
派のおかげで、中国近代女子教育理論はだんだんと体系を形成した。戊戌変法に
は教育についての変革が足りないところがあったけれど、女子教育事業の発展に
貢献し、後世の教育事業に基礎を打ち立てた。維新派教育変革の特徴と影響を論
述する論文がある。また、戊戌変法の教育者梁啓超の女子教育思想及びその日本
的要素を研究する論文もある。これらの論文は戊戌変法の時期、女子教育をめぐ
って取った政策と理論を研究している。
日本の方については、我が国の学者は近代日本の女子教育を多く研究した。杜
学元の『外国女子教育史』(四川人民出版社、2003 年1 月第一版)は日本の女
子教育を世界女子教育の一部分として、上古から現代までの女子教育を紹介した。
青岛大学硕士毕业论文
4
梁忠義の『日本教育』(吉林教育出版社)と朱永新、王智新の『当代日本教育シ
リーズ』(山西教育出版社)などの著作も日本女子教育に注目した。これらの著
作は大まかに日本女子教育の筋道を整えた。
論文の方から言うと、日本女子教育の高等教育と職業女子教育に焦点を当てた。
日本の歴史段階から言うと、明治維新の歴史段階に絞っていた。張淑英の『日本
明治初期の女子教育』(貴州民族学院学報、2004 年第三版)は日本明治初期啓
蒙女子教育の具体的な政策や、女子教育思想をめぐって論述した。初めに歴史背
景の江戸時代の女子教育を概論として基礎にし、明治初期女子教育にどんな政策
を取ったのか、その政策がどのような女子教育思想によって作られたのかなどを
論述した。周萍萍の「日本女子教育理念の変遷(1868 年―1945 年)」は、明治
維新の時期から日本女子教育に影響を及ぼした理念を説明した。明治時期の女子
教育理念は西洋諸国の理念をまねて、男女平等の教育を提唱した。のち、女子教
育を発展させるために、良妻賢母主義理念を提唱した。女子教育理念の変遷から
見て、教育の発展には理念の指導が欠かせないことが解った。周萍萍の「日本女
性教育家と近代女子教育」は、日本の女性教育家の教育理念と、女子教育に貢献
したことを記載した。
日本のある女性教育家は、独り立ちして女子学校を創立、あるいは、女子学校
の創立に参与した。自分の教育思想と理念をはっきりと出した。近代日本の女子
教育の発展に力を傾けた。下田歌子は日本良妻賢母主義教育の代表的な人物であ
った。彼女は良妻賢母主義教育に儒教婦道教育、国家主義教育及び女性に必要な
知識を融合させて、その時期の良妻賢母教育の集大成者になった。三輪田真佐子
は女子本分教育論を提出し、女徳が女子の本分で、徳育教育が女子教育の根本だ
と思って、また、女性の知育教育に気を配るとも提出した。
名古屋大学大学院の博士韓韡の論文「中国近代女子教育における日本受容」
(名古屋大学大学院国際言語 文科研究科 平成26 年3 月)は、中国の女子教
育の近代化過程における明治日本の女子教育の影響を検討するものである。未発
掘資料を調査、収集し、それらを分析、検討することによって、清末の女子教育
制度の制定において日本の教育法令から影響をうけたかどうか、うけたとすれば
それはどのような影響であったのかを分析し、また中国の女子教育の近代化のた

  • 微信客服
  • 微信扫一扫
  • weinxin
  • QQ客服
  • QQ扫一扫
  • weinxin
论文库
  • 本文由 发表于 2021年10月22日23:55:51
  • 转载请务必保留本文链接:http://www.lunwenku.com/riyu/xslwxz/559/
日语硕士论文/修士论文代写服务 日语论文

日语硕士论文/修士论文代写服务

日语硕士论文/修士论文由本站签约论文老师负责写作,与本站签约为客户进行代写的均为国内外重点大学老师或教授,均有留学经历及多年论文写作经验,可确保论文的质量,完全根据客户的题目和要求进行代写并根据需要提...
匿名

发表评论

匿名网友 填写信息

:?: :razz: :sad: :evil: :!: :smile: :oops: :grin: :eek: :shock: :???: :cool: :lol: :mad: :twisted: :roll: :wink: :idea: :arrow: :neutral: :cry: :mrgreen: